2019/6/7

スタディアから考える僕の今後のゲーム生活  1日まとめ記事



スタディアは低画質なら無料で高画質は月額1000円。

ソフトは買い切りなので一般的な新品ゲームと同価格でsteamみたいに時々90パーオフしたりするんでしょうかね。


ロード時間ですね、ロード時間をどこまで短くできるんでしょうか。

PS5のロードの話を聞くとソフトではなくハードがロード時間の長短を決めるんだな、とわかりました。

遅延は逃れられないのでかなり遊べるソフトを選ぶと限定されますが、それでも単純アクションならばロード時間次第では。


リッチは際限なくそれが目的になると耐えられるだけの時間と経済力がないとドツボにハマると学習しているので、将来的にはメインのメディアになりそう。


PS5ですね、PS5がとりあえず待ち遠しい。

PS4はもうですストランディングしかしないかも。

0

2019/6/7

高校数学の理解度は当時0と断言していい、虚数の話  ふと思いついた事。


高校数学は点数だけは並以上でしたが、今思い返すと理解度は0と極端ですがそういっても過言じゃないな、と。

というのも当時明示されたルールに則った計算だけしかしておらず、本筋、一体何をやっているのかを理解できていなかった。

センターは解けるが国公立の問題は大苦戦、みたいな。


一例を挙げると虚数。

虚数はただiの平方は-1という知識のみでなぜ生まれたのかとかそういうのは一切考えなかった。

大学でフーリエ変換から始まりどうやら実生活に虚数の世界があり無理矢理にでも実数の世界へ引っ張りたいらしいということがわかりました。

素粒子ともなると虚数以上の難解な概念がでてきてまた存在が薄くなりましたが。




で、最近実社会でも虚数だと言える概念があちこちにあるな、と気づきました。

つまり「虚構」を「現実」に落とし込む概念がたくさんある、ということ。

どんだけ影響受けとんねんと自分でも思う「サピエンス全史」には「人間は虚構によって天下をとった」と仮説立てていましたが自分も同意で、つまり社会を築き上げる、進歩するにためには虚構の存在が不可欠だということ。

しかし虚構のままだと「1人の人間が考えた妄想」の檻から出ることはないんですが、そこで実社会とつなぎ合わせる虚数を作り出した。

「お金」「責任」「高級ブランド」「結婚」「ガンダム」とかですね。

お金なんて浸透しすぎて虚数ということすら認識されませんが、物品と人間の良識とを掛け合わせることで実数へと転化する。




僕は常々「精神年齢とも言えるが急に上がったり下がったりする内面の年齢」の存在を気にしています。

知能の差、と言われればそれまでですが、現在の僕と比較しても明らかに当時中学生だったある女子の方が年齢が高い。

我があるというか、自己理解を裏切る行為は絶対にしないというか。


どうやったら年齢が上がるかとういうと、自分の失敗を受け止められる知識を得た時や、何か成功をしてそれをそのまま受け止めた時とか。

女子生徒と接触が少なすぎたので勝手に理想を上げているだけかもしれませんが、男子生徒よりも年齢がたかかった。

この謎は一生溶けそうになく、おそらく虚数の話も多くの女子生徒は中学生の頃にもう身につけているのではないでしょうか。

やっと中学女子生徒の年齢に一歩近づいたレベル。次は人の顔を平気で見ながら話す訓練ですね。激ムズ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ