2019/7/19

京アニ放火事件に関して思うこと  1日まとめ記事


昨日ニュースを知ってから1日中ぐったりしていました。

大げさではなく、アニメ好きなら京都アニメーションが作成したアニメの動画・作画を見て「明るい未来」を感じ取れるはずです。

「明るい未来」とは「まだアニメーションのレベルが上がり続けているんだ」と素人目にもわかることです。

まだまだ新しいアニメを見せてくれる、つまり僕のこの先の人生も楽しませてくれるんだ、と。




それがもう見れない、とはなって欲しくありませんが、「京都アニメーション制作」のテロップの意味合いが事件発生前と後では意味合いが大きく変わってしまった。

自分勝手な願いと、被害に遭われた人、その知人や親族達の今を考えると「複雑な心境」がそのまま分離せずに心に留まっている。


自分の中で「喪失感」と言いますか、心が重くなる感覚はいかにアニメーション作品が自分の一部となってくれ僕を生かしてくれてたのか、というのを実感。

今度からアニメグッズを買う際の購入が変わりますね。応援のために購入、が購買理由となります。

0

2019/7/19

【その1】罪悪感を軽減・消滅させるための行動は積極的に取らないと、心がダメになる。  1日まとめ記事




僕は長文になりがちで、短くしようとまとめていると時間がかかり書く気をなくします。

それで「下書き」で終わり公開されなかった記事は100以上あることに気づきました。

なので無理矢理にもで区切り各記事を短くしようという思惑です。


以下本文。



僕は罪悪感の扱い方が人生のクオリティを左右させると最近気づきました。

人間は罪悪感が生じるかどうかに選択の責任を預けますよね。

こどもを殴らないのは「教育のため」よりも「罪悪感を感じたくないから」の人って結構多いんじゃないでしょうか。



僕はこれまで「我慢して生じた罪悪感を背負い続ける」という選択をしてきました。

非常に苦しいが「仕方ない、罪を犯してしまったのだから(法に抵触していません)」と自分に言い聞かせてきました。

なぜこんなことするのかというと「自分を守るため」です。

罪悪感を当時のまま持ち続けることで迷惑をかけた人たちへの贖罪、生きててごめんなさいと謝り続けることで相手から僕が存在してもいい許可を得たいと考えている。

「あの時あんなことしやがって!」と怒られても罪悪感を持ち続けることで相手は満足してくれるだろう、と。



でもこれは絶対にやったらダメです。

そうじゃなくて罪悪感を軽減させる努力が必要です。

軽減させる方法は人生のクオリティを上げることに繋がる可能性が高いです。


続きは「その2」で。






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ