2019/8/2

小中学校の自由研究は大人がかなり手伝うべきだな、という話  1日まとめ記事



僕は夏休みの自由研究が大嫌いでした。

まず研究するほどの金がなかったですし、そんな金があるならゲームがしたかった。

家族からの助言も全くなく、ゲームの攻略記事を提出したら先生にクラスで吊るし上げ怒られました。



自由研究は周囲の大人、環境、両親の関わり方がものをいう課題だと今の視点から断言できます。

つまり働けず金もない当事者である子供だけの力ではどうしようもない。


金があればゲームの背景絵の元ネタ巡りとかしたかったですよ。



そんな金がない僕は図書館にいって図鑑を借りてただ書き写すだけでした。

実際に観にいく、なんてことはできず博物館さえ行けなかったですし。



自由研究は廃止でいいと思います。好きな人がやれば、の世界。

わざわざできない人を吊るし上げて、クラスカーストを下げなくてもいい。

したい人がやって、それをみんなで共有すればいい。



廃止がダメなら、ゲーム攻略記事だったり晩御飯日記だったりめちゃ緩い奴を許可して欲しいですね。

中学の時何か「理科」「社会」で二つありましたよ。

地獄でした。

結局は金持ち&親にどれだけ愛されているかグランプリみたいな感じでした。


中学生レベルの理科の自由研究は何も思いつかないです。教養がないということです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ