2019/8/17

ドラクエ5映画について  1日まとめ記事



見ていません。

見ていない奴が意見述べるんじゃねえという常識がありますが、よくよく考えるとほんの少しの既得権益を保持するためのマウントなのでスルーします。

大まかな流れと話のオチをネットで知りました。

最初はネタかと思っていましたがどうやら本当らしく。

「大人になれよ」というのが肯定派の意見だそうですが、僕は結構深刻に考えています。


ドラクエの映画、というよりかは光のお父さんやレディープレイヤー1の部類に属しますが、ドラクエ5ファンの客にとっては悪質なオチです。

ただドラクエ5の綺麗なCGを見たかっただけなのに、奇をてらったオチはしらけさせるのは間違いなく。


何が深刻かというと、長年培ったIPのこれまでの設定、世界観をぶち壊すことで「個性」「奇抜さ」「これまでにない新しいもの」を表現しているということ。

ちょうど今がその時期なのか、ガンダムだったりスターウォーズだったり、ウルトラマンもですが基本の設定をいじくりまわしリスペクトに欠ける、従来のファンたちを失望させる展開を広げる。

そんなファンたちに「大人になれよ」「懐古主義者」「新しいものを受け入れない老害」と非難し「新しいものを築き上げた」と制作サイドは誇示している。



僕はこの商売を「悪質」だという見方をしています。

ただそれまでの作品に対する「信頼」を利用した商売。

「変わらない味だから」いつも食べているチョコレートが急に違う味になり、抗議すると「あなたの味覚が子供舌のままなだけ。大人になれよ」と言われる感覚。



「懐古」と非難されますが、受け入れられない新作、つまりファンたちが次の時代へのステップを踏ませない作品を作り以前の作品をに止まらせ「懐古」に導いているのは制作サイドです。



僕はSEEDや00、鉄血のオルフェンズ等のアナザーガンダムには肯定的なのは「宇宙世紀とは別世界」だからです。

ガンダム作品で該当するのは「ユニコーン」です。

これまでの貯金を使うだけで全く新しくないのに「受け付けないのは懐古」とかいう評価を与えてしまった。

原作者は「逆シャアまでのファンをターゲット」と明言、つまり懐古狙いのはずなのに「受け付けない=懐古」というねじれが発生している。



IPを壊して「新しい扉をひらけた」とかどこのテロ組織ですか。

全く新しいIPを勝手に作ればいいのにそれだと利益がでないからですよね。

Gガンダムを見習ってください。ダイの大冒険を見習ってください。

IPに頼るなら、全く別の世界という設定を引くだけで受け入れ度合いが大きく変化します。


サーガと全く関係ないスターウォーズの学園ものとか作ってください。みたいです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ