2019/8/26

頑固で他人の意見を聞かなくなった老人たちを老害という文化について  1日まとめ記事



■他人から手のひら返しを食らう経験を何度も繰り返す


僕も老害になるな、というかならないと生きて行けないと今日確信しました。

それまで否定的だった人が、あることをきっかけに「応援してたよ」「おめでとう」とか言われた経験ありませんか。

また逆に「君は今のままでいいよ」と言ってきた人が「変わらないと行けない時期にきたね」とか言われたり。


僕はめっちゃあります。


この経験を重ねるごとで少しずつ「他人への信頼感」が削り落ち、いつしか自分以外は信頼できないことに気づく。





いつしか考えが極端に落ち着きはじめるんですよね。

もしとんでも科学に行き着いたとしても、もし洗脳搾取型新興宗教にたどり着いたとしても、自分自身で自分を信じて選んだ道を選ぶべきだな、って。

つまりところこれが「頑固な老害とされる老人」となるわけです。



■相反する「他人を信じてよかった」はどうなの?

信頼できる仲間。「お前最高だよ!」とかいう系です。

これも結局は自分次第なんだと思います。

自分が圧倒的魅力があると何も言わなくても誰かが支援してくれる。

支援したくなるんですよね。魅力ある人と関われるだけで嬉しいと思わせる。



で、さらに相手が「あなたに支援したことが喜び」以外の見返りを求めないことです。

というか、魅力であり続けることがその人への見返りですね。

「結婚したい」「次俺が困った時に助けてくれ」とかいうのがあれば「不信」につながります。



■「誰に、どこに助けを求めればいいのか」を適切に知っているという超重要能力


困っていることを適切に手助けしてくれる人、サービス、組織に頼らないと不信は募ります。

僕はこのパターンも当てはまります。

助けを求めてるところが間違っている、と。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ