2019/12/25

言葉はの始まりは「比較」から  1日まとめ記事



勝手な説ですが。

僕は映画とかゲームとかで感想を書く時に「比較対象がないと書けない」というのがネックでした。

つまり「すごい」と書くと絶対に「何々と比べ」という枕詞を要してしまう。

比べないように感想を書こうとしても「経験上」とか「技術的に」とか、結局は対象物がないと不可能に陥る。



ですが、考えてみると言葉そのものが「比較」から始まったのでは?という仮説。

例えば「白」という言葉だってそれ以外の色があるからこそある言葉。

人間だってそう。

火、水、空、だって分けないと意味が定まらない。



なので、質の高い感想を書くコツは「比較対象の量を増やす」ことなのかな、と。

まぁ正直いって、自分の感覚の狭さに妥当性を付加させるためのこの理屈なんですが。


だってかっこいい、かわいいなんて特に比較対象がなくても判別できませんか?

女性全員が石原さとみの顔だったとしても「石原さとみ=かわいい」は滅びないんじゃないですか?



ただ、なんでかわいいかと聞かれると比較対象がないので「ハートにズキュンときたからよー」とかしか言えなくなりますが。


0

2019/12/25

改めて考えるクリスマスの価値  1日まとめ記事


■ハイテンションおじさん店員さん


今日がクリスマスってことをスーパーに行くまで全く気付きませんでした。

スーパーで店員さんがめちゃくちゃ浮かれて接客をしていて不快でした。

不快すぎてもうこのスーパー行きたくねえなと思いながらレジ並んでる時に店のBGMがクリスマスソングで気付きました。


つまりクリスマスというのは「浮かれても良い」免罪符発行してくれる効果があるということ。

しかも店員が、店員といってもおじさんが客に対して浮かれる、具体的には大声で「買わないと損!買わないとかありえないでしょー!!」と挑発的なことを言えてしまう程の強さがあるということ。



■クリスマスは最強の部類の共通認識日

日本だけに限っても、国民が認識している共通の日ってそんなないです。

12/31と1/1が最強で、その次がクリスマスなんじゃないでしょうか。

GWもかなり強いですが大人になると結構みんなバラバラでクリスマスよりは弱い。




■クリスマスを1人で過ごすって変だよねwww

「1人でクリスマスを過ごす人へ」
とか
「クリスマスなのに予定がない人」
とかとか。

ぐさぐさ刺さりませんか。

広告の強さというか、危うさと人間の特質が学べます。


「あなたはおかしい人ですよ」「そんなおかしい人に救いの言葉をあげます」ってのはなんか耳を傾けないとダメなのかなって思いますよね。


■共通認識は利用価値がめっちゃある

クリスマスは危ないっていう話だけじゃなりません。

人間の思考が単純化されます。

カリスマ社長が率いる企業みたく、何か大きな目標を絶対的存在が提示してくれるとそれにひたすら走っているだけでいい。

クリスマスもそれに当たり、しかも実際に多くが許容する概念なのでwinwinになる。

クリスマス仕様の〇〇を作ればそれを買ってくれる。



クリスマスがあるからこそ売るための特別なアイデアを出す労力が削減されます。


まぁ長いものには巻かれろってことです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ