2020/2/4

決断を避ける分だけ無駄に歳を取る  1日まとめ記事

感覚的な話なんですが、実際当てはまるな、と考えています。


決断を避ける分だけ無駄に歳を取る。







その瞬間歳を取る、というのもそうなんですが、長い目で見ると「自分の感覚的な年齢と実年齢に食い違い」が大きくなる。

責任が少しでも他者にあると「あーいうこと聞かなかったらよかった!」に攻撃目標が収束されてしまう。

だから「反省」はできても質が下がるし、自分の説明書の理解度も落ちてしまう。

改善が「言うことを聞かない」はかなり質が低い目標です。



だから「後悔したくない」は良い心構えなんですが「後悔をしない」を目的にするのは悪手なんですよね。

究極的には「何もしない」ことが後悔をしないための方法。

「自分ではなくて他人の言うことを聞いてやる」のは「自分のやり方で後悔したくない」から選ぶ方法。

「自分の後悔」なのに「他人の後悔」に少しでも割合を多くしたいがための選択。



もし結果「相手が100%後悔でこっちは0%」だとしても行動したのは自分で相手の意見を聞いたのも自分。

僕の場合はもしそうだとしても「気持ち悪さ」が残ります。

気持ち悪さの発生理由は自分の脳で指令を出して行動したことが「自分の決断によってではない」という不均衡から来ています。



ショックの度合いは「自分の決断したことで後悔」の方が大きいですが、相対的にここから得られる情報と自分自身のみで完結する気持ち良さがある。

「決断を奪われる」、「決断を奪う」というのは金になります。

組織に属しそこから賃金を与えらえるならば、その賃金内には「決断を奪う権利」も含んでいます。



自分で決断せず他者にやらせるとそれだけ歳を取ると言うのは、決断力即ち思考力が養われずに自分自身を信用できない人間のまま外見だけ歳を食ってしまうと言うこと。


決断をする度に若返るわけではないです。

「相応の歳を取る」だけです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ