2020/2/14

完成させることが成長の近道、という言葉をやっと理解できた  1日まとめ記事


いままでは言葉その通り、煮詰まっても途中で投げ出さずに打開策を講じて完成させるように、という心得なのかな、と。

でもこれは

精神的に追い詰めることなくむしろ楽しめて自分の成長につながるよう完成の道のりを策定する。

という意味なんだな、と。


つまり「完成」を自分で決めて、その道のりを作り上げる。







「完成」は他者、暗黙の了解、制度が策定するもので自分ではしていけない、じゃないです。

自分以外が示す完成は「ハードルが高い」「低い」とバラバラで「ちょうど良い」は稀です。

つまり自分で「ちょうど良い」を探り当てる技量が存在し人生においてかなり重要。




ゲームだと完成をクリアに言い換えられる。

ゲームのクリアとは裏面を除く「ラスボス」を倒すこと。


でも「初めのボスを倒す」でクリアでいいし「回復アイテム10回使ったらクリア」でもいいわけです。


ここなんですよね。

幼い時からゲームをやり続けて「とりあえずラスボスを倒す!倒さなければプライドが許さん!」とう選択を僕は続けてしまった。

「ラスボスを倒す」と自分で決めているが「ちょうど良い」という条件からは外れてしまうんですよね。



当初策定した「完成」が想像以上に時間がかかり、また苦しかったら「何があれば楽になるか」を考える。

そのまま「この苦労こそが成長・・・」と邁進するのは危険です。時間を浪費させます。

「何があれば楽か」を見つけ出して、それの導入コストを鑑みて「今導入するか」「次の完成目標とするか」を選択する。

コスト、時間や金が必要以上にかかるのならば見送る勇気です。

「自分には技術がない」「根性がない」と責めないこと。




自戒です。僕はこれまで「投げ出す」と言っていましたし、周りもそう評価していました。

でも時間もお金も有限なんですよ。

「なぜ投げ出すのか」「何があれば投げ出さなかった」をちゃんと言語化して理解することは大事です。

投げ出す=当初のハードルが高すぎた、ってことですし。



0

2020/2/14

自己否定が強く人生がこじれる人の特徴  1日まとめ記事




雑に。

雑に人間思考力の3パターン。


・全く自分で考えることができない

・自分の頭で考えられ意見を主張できるが、個性的で常識から外れたり多数派の意見と異なる

・自分の頭で考えられ意見を主張できそれが常識を伴い多数派に属する



自己否定が強くなり人生がこじれるのは2つ目です。

1つ目は何も考えられないのでただ常識、多数派の意見に流されるだけでいいので真っ当な人生を送りやすい。



2つ目は「それは違う」と否定され続けるんですよね。

自分を信じて一人勝ちしても「ずるい」とか言われたり。


成功し続ければ良いんですが、失敗が続くと「自己否定の証明」になってしまう。

実際言われてなくてもそれまで言われて続けてきた常識多数派からの「忠告に従わなかったお前がバカだ」がさらに傷をえぐる。

そうして屈してしまい、自己否定に覆われ「自分の意見=悪」とみなし自分がやりたくないことばかり選択する人生になってしまう。




対策としては。。現時点で思いついたのは

・自分は常識や多数派の意見を考慮せずに主著する人間なんだと割り切る。

・少数派と思いきや、必ずある分野では多数派に属すのでそれを見つける。

・生きやすい人生を探すことを人生の目標とする。



否定され続けると、みんなそうだと思い込んでしまうんですよね。

否定されても即座に帰ることができる安全圏、自分が多数派になる所属先や対応できてない相手に「何言ってるんですか?」とさらに被せられる自信。




独自の考えを持つ人々を「宇宙人」とか言ったりしますが。

自分たちが「常識の中」という安全圏にいると錯覚しているだけです。

どっちが生きやすいか、生きづらいかなんて。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ