2020/2/16

【自戒】自分から見える世界は自分からしか見えない  1日まとめ記事

この系統の自戒は何度も書いていますが、理解・実践・無意識に落とし込みたいので。

1、
自分から見える世界は自分からしか見えない。

2、
このことを自覚している人は少ない。

3、
自覚していてる人であっても自分の世界を押し付けられる

4、
基本、押し付けられることを念頭に置かないと人生損を見ることになる。

5、
自覚の有無で言葉が持つ意味が変わる。






補足。

相手の思考や感情を読み取って寄り添う、というのはどこまで言っても自己満足になります。

相手は何を望んでいるのか、相手はどれくらい自分のことを大事にしてくれているのか、とか。

他人の意識・無意識化の欲望を引き出す職業のマーケティングさえ百発百中は当然ありませんし逆に逆撫ですることもあります。


いくら相手のことを慮ったって自己満足から逃れることはできません。

優しい人、他人の思いを汲み取ることが上手い人というのは他人を同レベルの優しさと同情心を持つ人間だと思い込む悪癖があります。

他人にとってその解釈は札束をバラ撒いてくれているかの如くありがたく、保身にもなるので利用し己の悪徳さを覆い隠します。


なので「温厚なあの人が嫌う人」であっても悪人とは限りませんし、逆に温厚な人が好む人が悪人の可能性だってあります。





自分がこうだからって相手もそうに違いないと見なすのは愚かですし、相手から考えを押し付けられても自分は違うと全否定して問題ない。



自分の世界は自分からしか見れず、その世界から相手の思考を判断してはいけない。


他人の世界と自分の世界がぶつかり合うことはありますが悪いことじゃないですしお互い納得できる妥協案を見つけ出すには必ず通らなければならない。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ