2020/2/23

賞罰教育による責任の行方  1日まとめ記事



賞罰教育の目的の一つとして「責任感を覚えさせる」というのがあります。

悪いことをすれば叱られるし、良いことをすれば褒められる。

このシステムに組み込まれるためには「責任」というのが必要なんだよ、と。



僕が問題だな、と思ったのは「責任=他人から罰されられるあるもの」という認識を持つ可能性があること。

つまり「自分を見ている他人」がいない限り責任は発生しない、という認識。

なので人にみられていなかったら壁に落書きをしたり、ガムをアスファルトに吐き捨てたり。


他人から責任を問われる可能性がなければ何をしたって良い、それが責任なんだ、と。



自分が介在していないんですよね。

壁に落書きをすればその記憶が残る責任、壁に落書きが残る責任を認識できていない。

自分発信だけでは責任が発生しないという誤認。



自分の価値観ではなくて他人の目、社会からみた自分がそのまま自分の価値観に置き換えられてしまう。

今の世の中では責任は2種類に分類できます。

自分の行動がそのまま跳ね返ってくるコントロール可能範囲に収まる責任。

自分ではなく他人や社会にルールの一部として取り組まれそのルールを守ることに価値をおいた責任。


本来責任は1つめだけで十分で、2つ目は個人の同意なき責任だとみなしています。

それは常識と呼ばれたりずるいと責められたり。

2つ目が尊重されると「嘘」がかなり強力な武器になる。

責任を負わないための嘘、責任を他人に押し付けるための嘘、


1つ目は嘘をつくことができない。嘘をつけばすぐさまその責任を負わなければならない。

なわとびの二重跳びができないのに「できた」ということにすると改善案がでずただ「できない」事実が残るだけ。



まだまだ責任については考え中ですが。責任は虚構。だが人類発展のための集団生活では欠かせない概念。

だが定義が曖昧なのでバグが頻繁に起こる。






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ