2020/5/3

自分が嫌いだが好き、という矛盾の内実がやっとわかった  1日まとめ記事



僕は自分が大嫌いです。

リストカットとかそういうのはしませんが、自分の不幸ですぐ近くの人が幸福になるなら許諾します。



で、自分が嫌いだが自分が好き、という謎の感覚がいつもあったんですがその内実がやっとわかりました。

自分は自分のことを嫌い、ということを知った他人が自分のことを好きだと言って欲しい


言い換えると

自分のことを好きになれないので、代わりに他人に好きなってもらいそこから自分を好きになる。

もっと簡素にすると

自分を好きになるために他人に自分を好きなってもらいたい。






「自分だけで自分のことを好きなる」というのができない。

僕は逆で「自分を嫌いになる行為」に生きがいを感じ、自分を傷つける。

自分が好きになれないので他人に自分を好きになるように任せる、責任転嫁です。





まぁくそです。最大のくそです。

無理矢理でも、自分自身だけで完結しなければならない。

「他人の目が気になって生きづらい方向へ向かう」のもこれが原因ですね。

髪をピンクに染めてピアス開けてあげあげホイホイ言って。

冷ややかな目で見ていましたが「自己完結型自己肯定」だと考えると大変立派ですよね。


周りに痛いやつと思われても突き通す。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ