2020/5/16

嫌われても良い、は行動な責任利用技術だなと思った話  1日まとめ記事



基本相手の感情の責任を自分が持つわけにはいかないんですよね。

「嫌われたくない」は相手の感情を操作、嫌いにならないでという支配が入り込む。



「嫌われても良い」は「嫌いになってほしい」ではなくて「あなたの責任で私を評価しろ」ということ。

責任放棄、とツッコミ入りそうだが相手の感情に責任を持つこと自体おかしいんですよ。

好かれたいから、嫌われたくないから、はたまた嫌われたいからという目的のもとの行動は無駄。




相手からしても絶対その方が楽なんですよ。

恩義せがましいこと、いじわるなことをしてくるとかがないわけですし。

「こいつは嫌われても良いタイプだな」と気づかれ責任転嫁するやつもいますが。



責任転嫁って嫌なことが多いんですが、そうしてくれることでスムーズにコミュニケーション捗る。

電話してどっちが先に切るか、先に切るのが怖い、みたいな面倒な状況。

「仕事があるから」「寝るから」という外部に責任を押し付けるのが楽ですが、そんなことよりもさっさと自分から切り上げると相手は自分のタイミングに合わせる、責任を押し付け楽なので言うことを聞いてくれるようになる。


嫌われても良いムーブは「嫌われたくないムーブより人道的」に収束すると思うんですよね。

「嫌われたくない」って相手の感情を操作したい、監視したいって欲望ですし。

どう思ったていいですよ、と気楽に生きていきましょう。
0

2020/5/16

川崎宗則氏が精神安定のためマインドフルネスを活用していることについて思ったこと  1日まとめ記事




僕は川崎宗則氏本人に興味があり雑誌のインタビューや書籍を購入しよく読んでいました。

精神的理由で引退した後はちょうど僕も野球自体に興味をなくしインタビュー記事を漁る習慣がなくなっていました。

最近ちょっと気になり調べたところ「精神安定のためにマインドフルネスを活用している」という発言をみて。





最近僕は自分のことを弱い人間だ、と自責することが多い。

すぐに過去の嫌な記憶がぶり返しその都度集中力をなくし不安に覆われ何もかもやる気がでないうつ状態にすぐさま移行するからです。




それと比較し目の前のことに集中できなおかつ楽しみながら安定した精神状態を保てることも時々あります。

その時はやはり「嫌な記憶」を全く思い出さずただただ目の前の作業をしているだけ、だからです。




つまり僕は「昔の記憶」を乗り越えることがまだできていないということ。

このことに自己嫌悪を発症していましたが、川崎宗則氏のマインドフルネスをして精神安定のインタビューを見て救われました。




よし自分もマインドフルネスをしよ!!!というわけじゃなです。

僕は人間精神安定できるのは様々な嫌なことを乗り越えた結果、嫌な記憶を掘り起こしてもはっはっはと笑って済ませられるほど濾過できたから、なのだと。

でもそうじゃなくて、意識して精神安定を図る取り組みをする必要性が人間にはあるんだな、という曖昧だった僕の見解に自信を与えてくれました。




過去を乗り越えられないすぐさま当時の傷ついた感情が押し寄せてくる=弱い人間だという価値観、を僕は持っていました。

今現在を生き続けている自分に失礼だな、と思い始めました。

弱い人間だとかどうでもよくて、今に集中できないことがまずだめ。

ならばいちいち思い出さなくていい。




というか思い出さない努力をしなければならない。

それが川崎宗則氏にとってはマインドフルネスなのかな、と。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ