2020/8/27

 やっていい苦労は無理した方がいいじゃないかと思い始めた  1日まとめ記事


やってはいけない苦労は「毎日炊飯器いっぱいのお米の数を数える」とかそういう広がりをみせない苦労。

やっていいのは「1年間Google本社で働く」みたいなその後にパワーアップが見込めるもの。

この見込みの可能性が高いほど「無理した方がいい」んじゃないかと思えてきた。




僕は苦労反対論者でそれは成績の良し悪しよりも苦労してる度合いで評価されてきたから。

苦労はしない方がいいは一生変わらないと思いますが苦労からは避けられないなというのも同時に。



で、自分の成長とか労働価値が上がる見込みが高確率なら苦労を覚悟しないとチャンスを逃してしまうなという私見。


僕は苦労から避けたい願望が強くて「苦労する」未来が見えると成長とか関係なく選択肢から外れる。

だけど絵の趣味練習を始めて「モチベーションが上がる苦労」をはっきりと認識しました。




質の良い苦労とは。

レベルが高い絵の模写をすると時間がめっちゃかかりますししかも元絵よりもどう見ても下手くそな絵になる。

でも模写後はそれまで恐縮していたレベル高い絵に対して「俺でも描けるし」みたいな根拠がない自信が湧くんですよね。

傲慢と変換せずに意欲向上で行動力増加につながります。


それまで躊躇していた課題に挑戦する踏み台になってくれる。


怖気つく挑戦のハードルを下げる効果を目的にする苦労が「質が良い」に分類するのかな、という仮定。



プロゲーマーになりたいな、でもハードルが高いしな。。。という場合は海外の大会へ自費で参加することでプロゲーマーへの挑戦の心意気、「もしかしたらなれるかもしれない」という感覚を手にするかもしれない。

結婚したいけど俺にはまだ・・の場合は婚活パーティーへ行って異性にコテンパンに貶されても「次は頑張ろう」と結婚への具体的な道筋を計画するかもしれない。



余裕を得る、ですね。

苦労することで「ふーん、ところで俺はこんな苦労したんですけどこれはどうなんですか?」みたいな。



精神的タフ、幼い頃に暴力を受けて育つとあらゆる暴力に疎くなり被害者を責める、というのもありますが。

まぁ使いどころですね。考えるの面倒になってしまったのでこの言葉で無理矢理閉めます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ