2021/1/22

自制と我慢の違い  1日まとめ記事




自制大事だね、これ新しい惑星を見つけたくらいの発見。

テイラースイフトに倣って「世間一般の常識を過度に評価する」スタイル。



本当に自制が苦手で自制する方が損じゃん?自由がなくなるじゃん?って。

でも社会の仕組みはよくできていて、自制ができないと組織等の集団に制限されるだけなんですよね。

本当の自由というのは人間である限り存在せず、「制御」の総量は変わらないのかな、と。

つまり「自制がMAX」なら他者からの制御は受けず、「0」ならば完全なる支配を受ける、というような。



他者から守るためという目的にもなる「自制」。



ただ、我慢とは違います。

僕は我慢という言葉大嫌いで、誤用というか「偉いこと」とされているのが気に食わない。

僕にとっての我慢は「満員電車でお腹を壊しトイレに行きたいがいけない」そんな時に「漏らさないようにする」ことが我慢です。

他に代替できない最終手段というか、自己犠牲の最終形というか。

「きっといいことがあるはずだ!だから我慢」とこの例から抽出でき、これを悪用する人が大勢いるんですよね。




我慢できる=それにより利益が持たされれることを約束された立場であり、それが満たさないとできない行為。

また我慢と自制は次元が違い、自制の中のたった一つの手段に我慢があるだけ。

我慢できないと「当人にが悪い!」と責任を押しつけられますが、我慢できない環境に責任を向けるべきなんですよね。

我慢で得するのは「我慢している側」じゃなくて「我慢を強要している側」です。

支配するため、コントロールするため。




我慢を多用する人、まるで優秀な人間に必要な要素として使う人からは逃げること。

相手にしないこと。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ