2021/6/6

組織に入るのが苦手な人と得意な人の違いがわかった気がする  1日まとめ記事


組織に入る、集団に所属する。

僕はめっちゃ苦手なんですがその理由がなんとなくわかりました。

集団行動が苦手なのは自閉症だからなのかな?とか、こんな考え方本当無駄でした。



得意な人は根拠がある自信を持ち自分に能力があることを確信している人。

苦手な人は自分に自信がなくて能力もないと思っている人。


逆だと思ってたんですよね。能力がある人は組織に所属せずフリーランスと働いているのかなって。



もちろんそういう場合もあると思うんですが、今回気づいたのは「人は主体性を投げ出したくない」という習性。

能力がない人が組織に入ると主体性を失わざるを得ないんですよね。

簡単に呑みこまれますし、力関係は不利な立場なのでいつまで経っても平、上から顎で使われるだけの未来が想像できてしまう。

だけど能力があると主体性を維持しつつ組織を利用対象とできる。

「他人を顎で使う側」になるので集団に入る方が得だという感覚。



主体性を失うと生きている感じが薄れ精神病んでしまうんですよね。

それを潜在的に恐れ集団行動が苦手、というマインドに陥るのかなと。



集団が苦手、という子供がいたら障害を疑うのはやめて何か能力を身につけさせるべきなんですよね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ