2021/7/19

藤本タツキ「ルックバック」を読んで感想  1日まとめ記事



ツイッターの反応を見てて嬉しかったです。

別に作者でもなんでもないんですが、こういう漫画が受け入れられていることに。

ステレオタイプというかベタな展開であるものの、僕にとっては応援系作品だという感想です。


周りに馬鹿にされて貶されてもやめられない何かの精神病とさえ診断されかねない熱中している人に対しての応援。

絵が上手いのは異常に努力しているだけだとか、「キモい」と馬鹿にしてる友人風同級生が以降の人生に関わってこなかったり。

「キモい」と当人のアイデンティティを破壊しているのに「ただ異質な人間を正しているだけ」と「良いことをしてあげてる」という無邪気さという凶器。

その後「アイスクリームを食べに行こう」と誘われて喜んでる描写が非常にいいですよね。作者の悪意を感じる。

いたよね、こんなやつ。殺したいよね!って。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ