2021/7/31

「行動のハードルを下げる」能力はかなり重要だなと気づいた話  1日まとめ記事


今までは運というか、たまたまそうなった、いつの間にかそうなった、っていう感じでした。

あと気のせいとか。

「やってみなきゃわからないだろ!」精神は大事なんですが、そればっかりは個人的に無理。しんどいし。




行動のハードルを下げる、を意図的にしていかないとダメだなという気づき。

つまり「ハードルを下げる目的」で行動をする。

遠回り、効率が悪いと思われるだろうけど。



ハードルを下げることで見える景色、あれやこれやする発想が自ら湧いてくるんですよね。

「やらされている」感がなくなって「自らやってる」ようになる。




学校の勉強が苦手な子どもに対してはまず「勉強のハードル」を下げる。

参考書を買いまくるとか、部屋に机を複数置いてすぐ勉強できる用の机用意するとか。

一つの部屋に机は複数置くべきなんですよね。「用意する」って結構高いハードルなんですよね。

0

2021/7/31

「本当に好きなことは欲望抑えきれずすぐやる」というのは嘘だと思う  1日まとめ記事


本当に好きなこと、に分類される決め手としてよく使われていますが。

僕は嘘だと思います。

小さい頃に「欲望を抑えるように教育」された人は絶対に抵抗してしまうから。

己の欲望を抑えて、まず目の前の必要なことをさせる。

食事中はまずご飯を食べる、歯磨きをさせる、トイレをさせる。

これを繰り返されることで「己の欲望=まずは踏みとどまる」という思考、というかもはや感覚レベルにまで落とし込まれてしまう。

そんな状態で「本当に好きなことは欲望を抑えられない」わけがない。



抑えられない時はただ眠かったり酒飲んでたりで判断能力が低下していたとか、日頃仕事に追われて考える余裕がないとか。

僕が実際言われたことがあるのは「お腹減ってるって言ってるけど、今すぐご飯を食べようとしてないから本当はお腹減ってないんだよ」と言われたこと。

正直、今でもこの言葉の影響を受けています。自分の空腹に対してのセンサーの精度がめちゃくちゃ低くなった。


「なんかしんどいなぁ」と思って、軽食を取って初めて「あ、空腹だったんだ!」と気づいたり。


「本当に〇〇ならすぐ行動に移すはず」はそんな弊害を生むんですよ。

本当にガンダムが好きなのに、ガンプラ買うよりご飯を優先したからガンダムのこと本当に好きじゃないんだ、とか思ったりますよ。おかしいでしょ絶対。

生命活動に必須なご飯とガンプラを比べる時点で相当狂ってるほど好きでしょ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ