2021/8/30

誇大化したナルシスト的行為はみんなも望んでいるはずだと思い込む試み  1日まとめ記事



少し前あるアーティストが「業界では常識中の常識」を「新発見しました!」と嬉々としたツイートをし、それがバズってしまい業界人が困惑、という出来事がありました。


そのアーティスのことを「何言ってるんだこいつ」と苦言を呈する人もいれば「宣伝能力が凄すぎる」と皮肉めいているけど実際厚顔無恥ながら堂々言い張ると称賛を浴びることについて褒めていたり。


僕はこの一連の流れすごく勉強になるなと思っていて、メンタリストだいごもこんな感じなんだろうな、と。

つまり本物の心理学者からしたら端にも棒にもかからない知識を妄想的拡張や新発見等の刺激的な枕詞を添えて100倍に誇張しているように見えるんだな、と。




大事なのは「だから悪い」というだけではなくて、類似の出来事は世界中で起こっているから注意を払うということはもちろんだけど、人生わくわくさせるために応用できるのできるかもしれない。



漫画ワンピースも同じような類だと僕からすると思うんですが、「勃起した下半身を誇らしげに大勢に見せつける行為」というのが適当な感覚なんですが、あまりにも下品なので使うことができず。


「誇大化したナルシスト行為がみんな望んでいるものだと信じ込む行為」ですね。

自分がやることはみんな喜ぶはずだというサイコパス的発想なんですが、これくらい思い込まないとやってられないな人生と思えてきて。


何か作るとき、映画とかも恐らくこの感情がないと不安で完成までたどり着けなさそう。

「みんな喜んでくれるかな?」という不安「ナルシスト成分高いから修正しないと」と他人の気持ちを勝手に先取りして修正を繰り返すのはかなり精神をすり減らす。


ならいっそう「はい俺が最高なものはみんなも最高だろ!」くらいじゃないとやってられない。

0

2021/8/26

自分の頭の良さを侮ってはいけない  1日まとめ記事


挫けたり失敗すると「頭悪い」という自己評価。

人間「頭の良さ」から逃れることはできない。


頭を使って行動せざるをえない。「なんでこんな失敗するの?」とありえないと類される失敗も「頭の良さ」が故にシンプルな作業ができなかった。

これを「脳の暴走」と呼ぶのか「思考の無駄遣い」と呼ぶのか。

頭、脳は「頭が良い」ので活用をする選択肢しか取れない。

天才教授が小学生に授業をした際、言葉遣いや授業内容を「ただの小学生の平均的な授業」にどうしてもできないのと同じ。

プロ野球選手が草野球で「ちょっと早い球を投げてみる」ことさえ我慢が難しいのと同じ。



頭がいいので「頭を使わなくていい作業」をそのレベルまで落として行動することが難しい。

頭が悪いから・・を理由にするだけではなく「頭が良いから、制御しなくてはならない」という見方。





同じ抑圧的な教え方でも

「あいつはバカだから俺が徹底的に細かく教えないといけないんだ!」
より
「あいつは頭が賢いから俺が制御しないといけないんだ!」

の方がしっくりきます。しっくりとは前者の言い草でも真意は後者なんだろうな、と。

どっちのうほうが納得性が高いかはその人次第。自分にあった生きやすくなる捉え方を探す旅。
0

2021/8/24

(無題)  1日まとめ記事



何か選択を迫られた時「自分で判断しなさない」と言われてきて。

幼かった当時「自分が選びたいように選ぶ」と親が悲しい表情を見せるので「自分が嫌でも親が喜ぶ選択をすればいい」ということにした。

我慢できず自分の選びたい方を選んだこともあったけど、十中八九悲しい顔をされたので今度はそうならないようにと反省を繰り返し。




今思うと「賢いこどもだった」と思う。

言葉そのまま受け取らず裏をちゃんと読み取れたこと、間違った選択をした時に責任を取れるのは自分ではなく親であると認識していたこと、親の表情に対しての敏感さを持っていたこと。

いわば「空気を読むスキル」を幼いながら習得、自分より相手を慮ることもできた、賢い子。



でも、この「賢い」は「支配層からの視点」。

「賢い」は色々な意味合いで使われていて「理解できないからとりあえず舐められないために言っておこう」とか「調子づかせ利用するため」とか。

当時の自分「賢い子」は「自分のため」よりも「他人のため」に重きがある。

金持ちが言うことを聞くメイドに「賢いねえ」と舐め回すよう目線を動かしながら褒めるみたいなニュアンスです。



当時僕が選択すべきだったことはただひたすら自分がいいと思ったことを選択し続けること。

これは「賢い」とは言えず「自分勝手」「バカ」と判を押される行為だけど。


0

2021/8/24

寂しい、という感情はいとも容易く人間を留ませるので注意すべき  1日まとめ記事



僕は寂しいという感情にコントロールされていることに気づきました。

感覚的には脳に寄生虫がいて、次の行動に移ろうとする際に活性化する電気信号を遮断させている感じ。


ゲームをやった後、誰かと会話した後すぐさまに次の行動に移しづらい。

寂しい感情がぶわっと溢れ出し「この感情に浸ろうよ?」と優しく抱いてくれる。




あまりにも優しいので指示通りにしてしまうんですが、次の行動の障害になるという事実に目を瞑るわけにはいかない。



寂しいという感情が起こっても抑え込む。。。いや感じざるをえないのでその感情に支配されながらも次の行動に移す。

寂しいが原因でその場に留まることをやめる。ライフハック
0

2021/8/22

めちゃくちゃ役に立たない本、実は人生の役に立つ  1日まとめ記事



「役に立たない」と自分で判断できた時点で「役に立っている」んですよね。

・自分で評価を下せた

・何が役に立たないかを明確できた

・役に立つ本への信頼を置くことができる


あと

・役に立たないかどうかわからないが一応買って読んだ本が「役に立つかどうか」判断できるようになる

役に立たない本を買った人はみんな経験していると言っても過言じゃないと思います。

「あ、この本役に立つ本だったんだ」と気付けるんですよね。


なので色々な本を買った方がいいです。役に立たない本でも役に立つ。

「損したー」なんて思わなくていいです。

自戒。
0

2021/8/21

「逃げたらいけない」という最悪の感情  1日まとめ記事

北海道のいじめという名の集団リンチ事件の情報を見て、学校の「学校=世界」という感覚を思い出して、思ったこと。



学校=世界という感覚はもう2度と経験したくないけど、貴重な体験なのは間違いないな、と。


「逃げたらいけない」感覚が元凶で教師含めた人間関係、宿題や試験とか。

「逃げたらいけない」よりもまず「なぜ逃げたいのか」を解く必要があるし、さらには「何から逃げたいのか」の本質的な該当部分を追求しないといけない。


「逃げたらいけない」=「なら逃げないようにただ前を進むだけ」は最終手段というか、視野を狭める悪手なんですが学校に依存させるためと考えると良い手なんですよね。


子供に対して「逃げたいけど逃げられない」感覚は社会への期待を削いでしまう。

社会システムの維持と発展は人類にとって欠かすことができないことだが、そのシステム構築に関与したいという動機は単純に「生活している社会が素晴らしいので貢献したい」というもの。


その動機を潰してしまうんですよね。

「こんな社会なんて壊れたら良い、俺が再生してやる」という動機を期待しているのかもしれませんがそれはあまりにも意地悪。


社会に感謝というか、社会システムに対する安心を子供たちには実感して貰わないと、というかできるんだからやらないと後に構築側の人間になった時にシステムが劣化する原因になりかねない。



つまりはなんにせよ、こども時代に希望をすり潰す社会システムは即座にアップデートしないといけない。




「逃げたらいけない」マインドに陥っている子どもは、多くの行動の動機が「逃げたらいけないから」になってる可能性がある。

そんな消極的だけど強力なマインドに支配されていると人生楽しいはずがなく常に服従感に締め付けられている。

「何がやりたいのかわからない」かわいそうな人間、世間では「なんも考えられない人間」みたいに責められますが僕は「被害者」と思っている、を生み出す。


なので100万円わたして「好きなことをやれ。学校いかなくてもいいぞ。」くらいの援助を国がしていいと思うんですよね。

親がしてもいいし。

この100万は生涯年収+3000万円くらいになる良質な経験だと思うんですけどね。

服を買いまくろうが旅行しようが、まだ想像力が少ないこどもが思い付くやりたくて好きなことは限られてますし。

大人なら100万なんて一瞬ですが、子どもだと無限兆円ですし。

0

2021/8/18

シンエヴァ 庵野秀明のドキュメンタリー(プロフェッショナル)を見て思ったこと  1日まとめ記事



2回目の視聴。amazonで初回放送+αの内容が見れたので。


2回目を見て思ったのは「庵野の神格化が過ぎる」ということ。

みんながみんな庵野のこと好きすぎるといか「そういうものだから」で許容しすぎている。

それだけカリスマ力があるからなのか「庵野」というブランドを傷つけたらいけない義務感なのか。

また自分の一言で庵野が傷ついて「もう作らない!」となったら責任が取れないからなのか。



周りのスタッフの全ての語尾に「よいしょー!」って付けたくなる。

「庵野と一緒に仕事できている私」に存在価値を見いだしていて、アニメが好きだからというよりステータスが欲しいからの方が強い人が大半なんじゃないかと訝しんだり。



1回目は「ほえー」とだけしか思わなかったけど、2回目は巨大なカリスマ性の醜さが目立ってしまった。


見ててエンタメとしては面白いけど、自分がもし関わっていたらを考えるとめちゃくちゃ嫌だなって。



庵野がしきりに言っていた「普通のものを作りたくない」という言葉。

これも1回目は「さすが庵野」くらいに思ってたけど、2回目だと「何自分に呪いかけてんねん」「特別なものを作れると自分に酔ってるだけじゃん」と否定的に見えてしまった。

「庵野秀明自信が普通じゃないと思って作ったもの」に価値を見いださる人はいいけど。

僕はそこまで庵野信者じゃないので「いや普通に作れよ」って思ってしまう。





シンエヴァ見返したけど、改めて新劇場版は破で終わっていたって感じですね自分の中で。

破とQの空白の14年間は埋めないで欲しいですね。はい別次元の話ー!で完了して欲しい。
0

2021/8/15

「イラッ」とするのは自分が過去に怒られた言動を堂々としているから  1日まとめ記事


「〇〇みがある」という文言にいらっとするんですが、その理由は「崩れた言葉遣いをして厳しく怒られた経験がある」からなんですよね。

つまり「自分がいけないことだと過去に怒られたことを堂々する人間に怒りの矛先を向ける」ということ。




これは自分の特性を知るきっかけでもあり「いらっとしたのは自分の意思というより当時注意した他人の肩代わりをしてしまっている」ということになる。

当時「自分自身で判断する能力」があれば怒られても「こんなことで怒る必要ねえだろ」とか「いや言葉を崩してもいいじゃん」と自分の意思を守ることができた。

その場合は「〇〇み」にいらっとすることは当然ない。





大人に対しての子供、大人にっても目下に対して「怒り」を添えて正しさを植え付けようとする。

自分の判断より注意した他人の判断を支持、しかも「怒られたから」が理由だと他人が同じ行動をした時に怒りがこみ上げる。



僕が他人にイラッとするときは大体同じ理由です。

幼い時に怒られたことを堂々とする人間、店員にタメ口、目を見て話す、上から目線。


イラッとした時、由来はどこからか突き止め「イラッとしなくてもいいように」する人生を繰り返す。

0

2021/8/14

「照れながら〇〇〜」という表現をノンフィクションで使われるのがめちゃくちゃ苦手  1日まとめ記事



「助けてあげたその少女は照れながら会釈をした」

「やっとできるようになった、と照れながら僕に報告した」



とかとか。「照れながら」というのがめちゃくちゃ苦手なんですよね、直感的に。

フィクション作品なら筆者は神様なので「実際照れているかどうか」を結論づけられるので何も思わないんですが。

ノンフィクション、リアルで「照れながら〇〇してた」という表現を使われると「本人に確認しましたか?」と聞きたくなる。

こんなつっかかるのは覚えていないけど恐らく「照れてないのにそう断言された」苦い経験があるから。



まず「照れる」って何?ってそっからです。

「発言者にかわいさを添えるため」じゃないですか。

「照れながら」を付けると可愛げが生まれる。

緩い主従関係的な。ここまでいくと「考えすぎ!」って突っ込まれそうですが。


「社長が照れながら昇格を命じた」なんて使わないでしょ。

ペット、こども、みたいな「はいお手!」をさせてもいい関係。

対等とみていない。自分よりクラスが下。


他人の言動をわざわざ言語化して文章にするならせめて対等以上にしてあげないと。

「照れながら〇〇してましたよ」ってばかにしてるじゃないですか。


かといって自分もこの表現何の気なしに使うと思いますけどね。
0

2021/8/14

人類の悪は金になる、悪の判断は自分でするしかない  1日まとめ記事


優生思想発言で儲ける人、コロナ禍で儲ける人、反ワクチン運動で儲ける人。


逞しいな、と思いました。人間すごいな、と。

あとお金もすごいなと。

逆境と思われる状況が逆にマーケットとなり一部の衰退を利用して儲ける。


「戦争は金になる」と繋がってますよね。




「人類にとってどうみても悪」は金儲けになる、資産家になるチャンスを与えてくれる。


「人類にとってどうみても悪」は「それでも得してる人がいる」「そんな人達より儲けられないあなた方が悪なのでは?」と疑問を叩きつける。

エリーとなるためにと子供にひたすら勉強をやらせる親に対して否定をすると「でもそのおかげで成功した人いますよ?」と同類の問いかけ。


悪かどうか、自分で判断するしかないんですよ。

自分で判断して間違ってたとしても反省できますし。

悪かどうかの判断はやり直せます。失敗しても。

りゅうおうと対峙して戦うか地球半分もらうかの2択級の選択肢をつきつけられない限り。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ