2022/3/29

「線引き」という不条理に立ち向かわなければならない  1日まとめ記事


優しい人の線引き、怒らず温和に接してくれる人が優しいならば、家族を殺されても怒らないんだな?みたいな。

その定義の究極系を持ち出し「あなたは間違ってます」という指摘。


これは危険だなっと思っていて、同じ定義でも「線引き」が個々人で異なる。

「子供好き」だったとしても猫をいじめてる子供もですか?とか。


線引きをした瞬間「嘘つき」「心が狭い」「あなたはその類には属さない」は通じない。

そんか深い話したいの?と思ってしまう。


属性は簡単に表明するけど線引きはできない。

線引き自体が個人の評価を下げる言動だから。


「なんでも」の中に線引きがあるのは大体しっていて、それ故に警戒して近寄れない。

線引きは簡単に批判される「心狭い!」と言うだけで批判になる。

だけど「なんでも」よりも近づいてくる人達の質が上がる、というかちゃんと線引きを理解したという自負がある人が近づいてくる。

己の聖域を守れるんですよね。「なんでも」の隅を突いて遊ぼうとする人がいなくなる。

視聴者数は減るけどスパチャは増えるみたいな。
0

2022/3/26

阪神ファンをやめなければいけないと思った話  1日まとめ記事

 
陰謀論。

今回の話は陰謀論を含む、のかもしれません。

ただ個人的な考えて、いくら陰謀論の枠組みに入ったとしても「辻褄が合う」と個人が勝手に思ったとしても判断材料としていいな、と思っています。

何かに照らし合わせ事実を知るまで保留にするのは前提。

なんですが、そんな前提覆しても「己の価値基準のみで判断」しなければならない時もやってくる。

その傲慢さをもつ覚悟には「間違ってた場合は固執せずすぐ訂正」が必要だとも思います。




さてさて、阪神ファンを辞めなければいけない理由。

僕と相性が悪いからです、阪神が。

今日から開幕、なんてことついさっきまで知らなかったですが阪神の選手起用をみて「また今年もか」と思ったり。

陰謀論、勝手な憶測を発表します。

阪神は社内で「外国人選手スカウト成功」という出世コースがあり、監督が拒否しても毎年必ず「開幕に起用しなければいけない外国人選手枠」があります。

社内のスカウト陣の評価枠として存在する、ファンや実際試合を行うチームよりも「スカウトの出世争い」を優先させている球団。

しかも結構チームの敗因になってるし、あと若手起用枠もその分減ってしまう。

純日本人こそ最高、じゃないです。

が、野球の楽しみ方として「育成」が僕の中にあるので、外国人助っ人枠は長年在籍する確率が低く利便性と長いスパンを考慮すると外国人枠に頼らない方がいい。

阪神は外国人枠必要なアホだ「有望な若手」が出揃った時期が数年前あったんですが、それを外国人枠で消滅させたんですよね。

短期的な目標達成率の向上なら目に見える範囲で少しでも良いと思えるものを起用した方がいいのは当然ですが。

長期的な他球団も憧れる生え抜き選手がスタメン全てを張り「育成能力の高さ」を感じざるを得ない「黄金時代の芽」を潰してるんですよね。


そんな僕の理想と相反する球団指針をもつチームのファンになるのは「ストレスを溜めたい」日常ノンストレスの超金持ち健康野郎くらいです。


なので阪神贔屓、阪神にお熱になるのはやめましたし、プロ野球自体「選手起用から裏の会社内部の覇権争い」を妄想して楽しむコンテンツに今はなっています。

アメリカメジャーリーグはそこんとこいいんですよね。

ばっさり系、捨て駒系、契約上渋々使ってるとか企業から個人までの報道の深掘り具合がすごいのでオープンにしてるので。

日本は持ちつ持たれつ、汚いと思われるのはプロ野球そのもののブランドに傷をつけるので報道機関に「わかってるよね?」と接待してるんですかね。


話逸れますが、世界のニュースを知ることで日本のおかしさというか匙投げポイントを炙り出せますよね。

英語が読める、苦手意識がないというのは人生をクオリティーめちゃくちゃ上げるので、嫌いになるくらいなら学校の英語勉強全無視してもいいレベルだとおもいますね。

0

2022/3/25

人から褒められることで元気がでることをやめないといけない話  1日まとめ記事





「これってすごい!?」て聞く仕草。

「他人に褒めでもらえる」とわかった前提できく。

自分自身で自己完結しないと、褒めてくれる人を優先的に選んでしまう。

0

2022/3/19

可哀想と思われると快感を得る、特性について考える  1日まとめ記事



僕は他人に「可哀想」と思われると快感を得ます。

「すごい!」よりも。


一人であれこれ考える時、今度会う人にこの話すると可哀想と思われるかな、それって気持ちいいな、と予想したり。

この快感は「なりたくない自分だけと気持ち良いからやめられない」類のものです。


なぜ快感なのか。

正当な責任転嫁ができるから。

攻撃に対して防衛すると「生意気だ」とか責められる可能性があるから、そのまま被害を受けて後に「可哀想」と思われた方が得だから。

人生の経過を切り離さず連続のものとしてみているから。



歳をとるにつれて「かわいそう」の効力が下がっていく。

「いや、お前良い歳こいて自分で消化しな?」と更なる圧に迫られる。


関係ない。あっそ。反抗みっともないを恐れない。
0

2022/3/18

量産型人間、は素晴らしい  1日まとめ記事


オンリーワン、替えの効かない人間になれ、とか。

なめんな、人間なめんな、て今は思います。

そんな簡単じゃないと言うか。そんな責任負えるほど人間すごくない。


量産型ってネガティブワードとして使われてますが。

実際は「量産性が高い」ことで人類繁栄してる。

あらゆる商品、生活。量産性、類似点が多いから成立してる。


「お前の代わりはいくらでもいる」というパワハラ常套句はもう古事。

言葉は表面ではなく中身に意味がある例。

「代わりがいる」ということはそれだけ汎用性高い証ですし「どこでもやっていける」量産性の高さもある。

そんな意味なくて「お前は無価値」という意味合いなのはわかってますが、それをアイロニー含んで表現してるんだろうけど。


多数派と同じリアクションすると「みんなと一緒面白くない」「個性がない」「周りに合わしてるだけ」と批判されてきましたが。

「個性的」て単純に生き辛い。かなり。

コミニュケーションを多く取らないといけない。相手は理解できないから。

それに個性的が社会貢献、経済発展に寄与する確率もかなり低く。

「個性的」「希少性が高い」から経済発展、成長するわけではないです。

その個性を「量産」できた上でのそれ。


プロゲーマーウメハラの希少性。

本を出すことで思想を量産。

配信することで日常風景の量産。

大会にでることでゲームプレイの量産。


量産性があるからこそオンリーワン、という反発する概念と思いきや同居。


例えば僕が1000人中唯一のリアクションするじゃないですか。

その他1人でも「そのリアクションを真似たい!」「共感する」と思う、量産化されると価値あるものに。

誰もそう思わなかったら省かれて終わり。

オンリーワンは量産性があるから意味を成す。

量産の意味合いは多岐に渡る。
0

2022/3/7

ここ10数年で小学生の発達障害が10倍に増えたと知って思ったこと。  1日まとめ記事



家族下で勉強を完結させるシステムを作らないといけないな、と。

さらにどこかコミニュティ、運動だったりの年齢が近い子どもたちが集まるところを探す。

自分だけ低年齢の中で育っても何の問題ない、というかこっちの方が幸せになる可能性が高かったり。



「もう学校に頼るな」というメッセージ。

思い返すと小学生当時のルールの締め付け度合いに異常さを感じてたけど、大人になった今でもその異常さは変わらず。

まるで「ここでの振る舞いが人生全て決まる」みたいな世界を小学校という狭すぎる空間で作ってる。


高校まで「まっとうな健常者」として振る舞っていた人間も大学生になると「発達障害」と思わせる振る舞いをするなんてよくみかけたこと。

授業中の私語をやめない、授業に参加しない、先生の言うことを聞かない。

「本当の発達障害」がなんなのかわからない現状で「先生の評価が下がる行為」を当てはめる。


小学校に通うこと自体が発達障害の証、自主性に欠け教師の言うことをそのまま聞いて選択を自分で決められない人が通う場所。

こんな定義づけされてもおかしくないんですね。発達障害の曖昧さ。

評価を気にして本来の目的「子どもの発育、成績の向上」を蔑ろにするら教師は発達障害。


こどもを毎日殴ってた教師は発達障害じゃなくて殴られてる側の児童が発達障害。

めちゃくちゃですよ。

自信がない権力者が「自分は健常者だ」と自覚したいために、対義の存在「発達障害」を作っただけでしょ。

ゲーム業界でも、50歳からゲーム作り始めてそれで飯食ってる人なんて絶対いるだようし、というかTwitterでちらほら見かけるしいつのまにか蔓延る「ルール」を知ってるからこそ、それが障害になって何もできなくなるなんて当たり前にある。


発達障害に怯えるか、「社会の暗黙の了解依存障害」またの名を「自主性機能不全障害」になるか。


いやーでも、発達障害って本当にいい言葉ですね。

「人として欠けてる」って瞬時にわかりますもんねこの言葉。



0

2022/3/7

老害バリアー、の弊害について思ったこと。  1日まとめ記事


僕は何かを説明したり反証する時「これ老害かも?」と立ち止まる癖があります。

説明する相手が「こいつ老害かよ」と思わないか?という不安。



最近弊害になるかも、と思ったのは「老害」が便利すぎること。

便利というのは「行動選択の決定打」になりやすい。

単なる説明でも「老害かよ」とぶった斬って聞く耳を持たない、とか。

そう思われるのが怖くてコミュニケーションを取れない、とか。


範囲が広すぎるのに的確さがある言葉。

この言葉によって制限がかけられてる、目の前で失敗が明らかな選択をしてる人をそのまま見放したり。


「真面目系クズ」も同系統かと思ってます。こちらはもう使われてませんが。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ