2017/8/28

ザ・コンサルタント 感想  映画(見たもの、見たいもの)

「もし面白くなかったら・・」

とびびって上映当時映画館へ足を運ばなかった映画。

面白かったです。

ネタバレあり。



自閉症に対する「劣等」という偏見を薄らぐ効果があると感じました。

主人公が「自閉症の戦闘能力が高い大男」で所謂キャラが濃い。

この主人公を世に溢れている「お約束の流れ」に当てはめるだけでも楽しめる映画になるんじゃないかと。

本編は「その流れ」が時々顔を見せますが主人公が裏切っていく。

敵としての兄弟との再会は「泣きながら拳銃を突きつけ合う」とか「弟が感動するふりをして兄に攻撃をしかける」等がよくあるパターンですが、本作はあえて消化不良にするくせ者です。

笑ってしまい、次作は映画館で必ず見ようと思える印象的なシーンでした。

バットマンよりこっちの主人公のフィギュアが欲しいです、ベンアフレック。

戦闘はスナイパーライフルが対戦車ライフルの様な形状で大男に似合う非常にかっこよく映りました。

ただ、一発ヘッドショットで敵を倒すという触れ込みのはずがどこか打って弱らせてからヘッドショットだったのでそこがまだ納得できないところ。

次回作は必ずあります!と宣言しているような映画でしたので今から楽しみです。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ