2017/9/2

9/2 雑記  日々雑記

◆貧困層は塾に行けないから教育レベルが低い


貧困層の特徴として取り上げる事が多い「塾にいけない」というパラメータ。

学校と親、そして兄弟や親戚が代わりに勉強を教えてくれば済む話。

ただ単純に「塾にいけるか」ではなく「教育にお金をかけられるか」という話。

教育を軽んじている家庭ということ。

教育に重きを置いている富裕層が子供にあえて塾にいかせないこともある。


小説みかづきは塾業界の取材に時間をかけたらしく、参考にすると塾でも企業によって「色」が違う。

色とは思想や方針のこと。

「子供の自立を促す」だったり「とりあえず徹底的に叩き込む」だったり真反対に見える程の差。

そんな大きな人間の集合体ですら「色」があるのに、ひとりひとりの勉強スタイルに「色」がないわけがない。

合う・合わない塾があるのは当然であり、「自分が悪いんだ」と思った瞬間やめるべき。



◆地位を得たい欲に騙されるな?

「地位に惑わされるな!本当にしたいことをしろ」なんてよく見かけます。

ああ確かに、と思う一方で地位に憧れをもち自分もそこに属したいという欲は確かにあります。

こういう「確かにある欲」を「だまされるな!」と注意するその内実は、「その代わり俺がその地位をいただく!」「俺がその地位になれなかったから、お前らもいかせない!」という足の引っぱりに思えてきました。

「平凡で暮らし」とかも何足引っ張ってんだよっていう。

アドラーに疑問視。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ