2018/8/24

ゴッド・オブ・ウォー 感想その2  ふと思いついた事。

プレイ時間は5時間ほど。


今回は愚痴モード。


相変わらず映像が綺麗で、ただアクションの爽快さの喪失がだんだん表面化してきました。

敵が硬いんですよね。

進むにつれてスキル、技が増えるんですが、それを駆使するより弱攻撃連打が結局強かったり。

あとエフェクトが見づらいのも難点に思えてきました。

今回視野が狭いので「敵攻撃を察知するアラームエフェクト」の確認がかなり重要。

それが遠距離攻撃の場合タイムラグがあり、避けた後に攻撃される、なんてことが頻出。

助けるはずのアラームが逆に罠として機能している・・という。




あともう時代の宿命なんですが、発売日ゲームを買うのはもうハンデですよね。

「致命的なバグ」「バランスの悪さ」を発売後日のアップデートで改善。

発売して4ヶ月経ちますが、未だに改善アップデートが続けられています。

FF15を僕が楽しめたのは「発売して一年経っていたから=アップデートでかなり改善されていたから」であったのと同じです。

「無限経験値獲得バグ」等のプレイヤーが嬉しいのであればいいですが、「渋すぎる経験値」とかは本当に勘弁です。

オンライン対戦系も「マッチングバグ」が少なくないので、発売後3ヶ月くらいは待たないといけないかな、と。




0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ