2019/7/12

【読書感想】私は何も悪くない 小林エリコ  その2  1日まとめ記事



続き。

■マイケルムーアと比べて

なぜ比較するのか。

マイケルムーアは狂気の行動力を持っている。

僕から見るとマイケルムーアの方が「問題」に見える。

例えば嫌いな教頭をクビにするために教育委員会の会員に立候補し当選、権力を行使し「個人的な理由」で教頭を解雇した。

「嫌いな教頭」と言えど一人の人間、自尊心もあれば生活もあり、家族もいる。

「嫌いだから」という理由だけで一人の人生を壊す。



一方で本書の著者は嫌いな人がいると「我慢」し「自分が悪い」と自責、結果自殺遂行寸前までいく。


「自分を守るために相手の人生を破壊する」

「攻撃を仕掛ける相手の主張を尊重し自らの人生を破壊する」


今の世の中、前者は成功者側となり後者は敗北者、と言わなくても社会的弱者へ簡単に落ちる。


人を傷つけない、傷つけられない。傷つけるくらいなら自分を責める。

こういう人たちが社会的弱者になるの今の世の中、僕の目にはそう映ります。



後者を社会的弱者にならない社会を望んでいます。

被害者となった時にしっかりとその権利、慰謝料や加害者を罰し「被害にあった、自分に悪い点はない」ことを実感する体験。

近しい第三者の介入。


カスになるのを恐れているんですよね。カスになったらダメだ、と。

人間みんなカスですよ。だからカスな行動をしたな、という自覚があってもやっていいんですよ。

ダメなら法が罰してくれますから。「自己を尊重した行動」は他人からすると「勝手な行動」としか見えないんですよ。




そして感想・・・・は「その3」で。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ