2022/1/5

実務時間の定義を変える取り組み  1日まとめ記事

「さぼり」も実務時間内に入れた方が自分には向いている、かも。

受験の時もいわゆるさぼり時間を省いた「純粋に勉強してる時間」を勉強時間に換算していた。



ずっとそんな感じで時間を測っていたけど、サボり、小休止を入れた時間を測った方が向いてる、かも。

小休止状態でも緊張状態が抜けず。

予定した時間を過ぎた後、成果が少なかったらサボり過ぎた、お思えますし。

今まではサボっていても「まぁこの時間は除外だから」と危機意識が薄い。

時間は24時間。サボり時間分だけ長くなるわけあらず。、
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ