2014/4/22

新リボルテック  

クリックすると元のサイズで表示します

新リボルテックが判明しました。

従来品より一回り下のサイズにしコスト削減した模様です。

それでも販売当初の「2000円」より1000円近く高いですよね、フィギュア界の台所事情が垣間見えます。

サイズ縮小はうれしいところでもあります。

フィギュアを購入し弄ぶことがライフラインの一部の自分にとって、サイズは購入基準の大事な指標です。

特にアクションフィギュアはポーズによっては空間込みになり飾る体積が広くなりがちです。

ただ危惧している事は造詣です。

造詣師である山口勝久はどうも人間の顔が苦手らしく、先日発売したスネークは自らパテ盛りで整形したいほどでした。

キン肉マンの単純な顔でさせ、何か違和感がありましたし。

写真を見る限りではキン肉マンは相変わらずだが強要範囲、スネークはPSのポリゴン画質顔なのでまぁ良し。

正直両方欲しいです。







0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ