2020_1_まとめ  1日まとめ記事

他人と仲良く、円滑なコミュニケーション、なんて社会性じゃなくて本当の意味がやっとわかっった
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3172.html

言葉はどこまでいっても自分のため 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3171.html

どうせ死ぬだから、の意味合いが年をとるにつれて変化する話 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3170.html

ケンガンアシュラ シーズン2までの感想 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3169.html

ぼーっと日本史を読んで見て思ったこと  
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3168.html

自由の危険性について改て。
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3167.html

品質管理、在庫管理の質を下げ生産性を上げる 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3166.html

自分がどんな状態であれ世界は進む、という実感 
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3163.html

アトロク放課後クラウド、スターウォーズ9談義を聞いて。
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3162.html

今年の抱負「比較と目立ち」を考える
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3160.html
0

 

2020_フィギュアとかゲームとか映画とか  1日まとめ記事


購入予定ゲーム

・ストリートファイター5 スペシャルエディション
・グラブル格ゲー
・ラストオブアス2
・テイルズ新作
・13国機なんちゃら
・PS5


購入予定玩具
・HG リーオー
・MG FAZZ
・RGニューガンダム
・メタルビルド 2号機


・映画感想

・アニメ感想
ケンガンアシュラ シーズン2まで
https://green.ap.teacup.com/paputimus/3169.html

・ドラマ感想
・本感想




2019年版
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2858.html
2018年版
https://green.ap.teacup.com/paputimus/2332.html
2017年版
https://green.ap.teacup.com/paputimus/1930.html
0

2020/1/18

センター試験恐怖症  1日まとめ記事




未だセンター試験当日になると、受験生だったあの1年の凝縮された不安が蘇る。

感覚って一度体験すると、思い返すだけで再生されますよね。



受験生頑張れ!ってホッカイロくれたりキットカットくれたり。

僕はそれが凄く虚しかった。受験生って、まだ18になったばかりになのに今後の人生を決めるこの行事なに?と。

さらに今まで生きてきた人生を評価されるってことですよね!?と。

受験生だからって何かプレゼントされるのってそれに拍車がかかるんですよね。




ただ、改めて思い返すと「楽しかった」という要素も探せばあるな、と。

「何よりも優先することがある状況」って、そんなことないのに他のことをやらなくていい免罪符になってくれる。

僕はあらゆることに「意味」を求めてそして付加してしまう。

だけど受験生時は「勉強優先だから」で終わり。最強の理由になってしまう。

で、周りも納得してくれる。それだけ強力。

もっと受験生アピールしとけばよかったな!と。もっと美味しい飯食いたかったな、と。




後悔は自分の勉強法の確立を怠ってしまったことですね。

他人の「おすすめ勉強法」を真似して真似して、無心にこれをすることで成績が伸びるはずだ!と。

確かに伸びましたがわずかでしたし、何より苦痛でした。

苦痛の我慢=成長という間違った等式が脳内で完成してしまったし。


効率が良い=頭がいい、成長できる、に信仰してしまった。

効率が良いは多角的な見方があって「表面だけ」もあれば「本当は必要な物をこぼしている」ことだって多々ある。


楽しく集中できる、こそ大切なのは大学4回生のころやっと少し気づいた程度。

量子力学と素粒子が意味わからなすぎて「文系でもわかる!科学の歴史!」をなんとなく読んでそれでやっと理解できるようになって。

ただ詰め込むんじゃなくて勉学だって誕生した理由と歴史があり、そこを知ることで何をしているのか、何に必要なのかを自分なりの咀嚼ができて。


文系と理系を分ける無意味さも理解できて。効率よく勉学できるように、一つの分野に集中できるようにさせる日本らしい住み分けだなって。


文系から理系、理系から文系の転移は大きな決断じゃなくて多くの人が隔たりなく行き来している様を見て。






0

2020/1/16

他人と仲良く、円滑なコミュニケーション、なんて社会性じゃなくて本当の意味がやっとわかっった  1日まとめ記事


■家族が死にました

最近のポエム調の記事は、3日前に家族が1人亡くなってしまい生命の尊さが身にしみてそれを言語化しているからです。

なんかポエム調になります。ポエム調も悪くありません。




社会性ってなんだと思いますか?

ちゃんと身なりを綺麗にして、目を見ながら他人と話して、周囲から良いように思われる行動をして、みんなから好かれるようにして。

自分よりも他人を尊重することができて、時には自分を押し殺して周囲に賛同して、大勢の前で話せて、提案できて、結婚できて。

家族を大切にして、異性と付き合って、誰とでもワイワイと話せる。


とか色々。



■基本は不変じゃない、常に更新され続けている

でもこれは根本が違います。基本が違います。

基本と応用の二つがありますが、基本は不変じゃないです。

基本は掘れば掘るほど、新たな基本が発掘されます。



■社会性は断ち切れない

今回僕が発掘した基本、社会性とは

「自分は自分だけじゃない」

「己だけ、は存在しない」

ということ。これは「人類は社会性に優れているから頂点をとった」という仮説と一致する。

言葉を端折りすぎてわからないと思うので解説。



■解説


人類は動物の中で最も脳が発達している。

自分が今過ごしている自分のためだけの時間だって、他の誰かに関与し続けている。

自分のためだけにしているゲームだって、他の誰かへの関与から避けられない。

何をしたって、誰かとの関連性からは避けられない。


このことを「理解する」ことがすなわち社会性。

こんなことまで、目の前に存在しない「実在する自分に関与している人」を想像できるのは人類だけ。




■教えられるのは「エセ」社会性



だから理解せずにただ「他人と仲良く」「己を犠牲にして他人の誘いに乗る」は表面だけの「エセ社会性」。

社会性の本質が理解できていないからこそ格好だけをとる。

少なくとも、小学校、中学校、高校で教えられた社会性は「エセ」です。

それは教師、学校は「エセ社会性」で社会に貢献できる人間を育てるところだから。



「エセ」をつけると「何か悪いこと」と断言できそうですがそうでもなく。

世の中には「エセ」が蔓延している、社会性以外にも。

「エセ結婚」もあれば「エセ家族」もあり、「エセ良い先輩」もいる。



「エセ」は表面上では「達成」しているので当人にプラスを与えて他人にも同等の効果を与える。

取得が楽で、効果もある、コスパいいんですよ。

手っ取り早く「社会性がある人間」を作るならば「エセ」が最も有効なんですよ。



深掘りなんてやったって、理解できる子供がいない。

また「エセ」は「言うことを聞かせる」という点で有能。

そう学校、教育委員会や文部省は考えた結果、下々の生徒に浸透させていく。




■社会性とは?改めて。

社会性とは「何をやっても自分だけは存在せず、必ず実在している誰かと関連性を持つ」ことを理解し、実感し、それを踏まえ選択・行動をすること。


「イヤイヤ飲み会に行く」は社会性がある行動だとされている。

だけで「イヤイヤ」は自分だけではなくて他の誰かに関連している。

イヤイヤを察する人もいれば、行きたくないのに行かなければならない慣習を強化する一員になる選択をしている。


「イヤイヤ飲み会に行く」はどこまでいっても「エセ」であり、社会性がわからない、ないが故にすがる。

社会性を理解していると、行かないことで築き上げられる社会性をガシッと掴む取れる感触を感じることができるので。




■自分だけ、はありえない


自分だけ、なんてありえない、絶対ない。

どんなことでも他人に波及、関連付けをする。

だからこそここまで栄えて来た。

関連、波及することが種族にとってプラスだからここまで多くの人類が誕生し未だ覇権をとっている。


■存在しているだけで社会性がある。


社会性の習得、社会性を高めようは総じて「エセ社会性」。

社会性は後から習得するものではない、生まれたその瞬間から社会性は内在している。

存在しているだけで実在する他人に紐づく、このことを想像できて理解しできるからこその人類。

ダムだって、道路だって。人類を発展に導いたのは誰かと必ず紐づいている社会性があるからこそ。




0

2020/1/15

言葉はどこまでいっても自分のため  1日まとめ記事



自分が連ねる言葉に「自分のため」以外は絶対ない。

もし「あなたのためを思って言ったこと」「あなたが私のために言ってくれたこと」と思ったとしても。

自分のためが最優先ですし、他人もまたそう。

悪意なき無意識の嘘をついてしまう。

だから「自分最優先」から絶対に逃れられないことを理解すること。

0

2020/1/14

どうせ死ぬだから、の意味合いが年をとるにつれて変化する話  1日まとめ記事



どうせ死ぬんだから、はすげえ責任放棄な言葉だな、というのが今まで。

久しぶりにこの言葉を考えた時、他人の変だと思える行動に口出しする必要ないしむしろだめだ、というような意味が加わった。


何度も離婚しようが、馬鹿なことして捕まろうが。

どうせ死ぬんだから、死ぬのはみんな一緒なんだから。


できる限り、僕と一緒にいる時間だけでもその人には惨めな気持ちにさせない、惨めにさせる選択肢がある限り惨めにはさせない。

0

2020/1/13

ケンガンアシュラ シーズン2までの感想  1日まとめ記事



普通に面白かったです。

「普通」とは最後まで何の壁も感じずに見れた、ということです。


刃牙のパクリ、刃牙の劣化版、とかツイッターで見てみる気がなかったんですが、実際見てみると僕は刃牙よりも面白く思えました。

刃牙の方がキャラが立っている・・のは恐らく世間と僕の感覚が一致するところですが、鑑賞者を飽きさせないように飛び抜けたキャラクター性を見せつけようという心意気はこっちの方が見ていて楽しかったです。


ただマンネリカン、飛び抜けたキャラクター性も連続で来ると慣れてしまうんですよね。

この対策としては初めに全キャラの特性を開示すること。

「残りのキャラはどんな特性をもっているんだろうか・・」というワクワク感よりも「おいおいこの特性同士がぶつかったらどうなるんだよ・・」の方が勝ります。

なぜなら「新たな特性の開示」自体がワンパターンに思え刺激が徐々に減りますし、勿体ぶっていると感じ脳がマイナスの方向にいくから。

それよりも「闘って見ないとわからない」とワクワクが待てる動機付けが勝ります。



アニメーションはCG特有の機械的で正確だから故の不自然を完全払拭できないまでも、各部筋肉の可動、柔らかさを細かく表現しているため飽きさせない。

ただのぶん殴りの衝撃の重さが伝わるレベルは非常に高いです。

何層、もしかしたら100を超える細かなフィルターを連ねて作られているのかもしれません。




刃牙のパクリって言われていますが、設定が似ているだけで「刃牙のパクリにならないように逆方向を意識しすぎている」よりも僕個人としてはマイナスに感じませんでした。

設定が似てたって面白かったら何でもいいんですよ。ガンダムと同じような宇宙大戦ロボットものなんてたくさんありますが面白かったらそれでいいんです。

0

2020/1/12

ぼーっと日本史を読んで見て思ったこと  1日まとめ記事



人間は無差別殺人、土地の破壊をしてまでも隣国を侵略するほどの強くなりたい気持ち(好奇心?向上心?とか色々組み合わせた強くなるぞ!という気持ち)があり、

教育で殺人はおろか怪我をさせることさえ躊躇するような人間になるほど理解力、吸収力がある。



そう考えると、今思う当たり前は他人かからすると不思議なこと、だなんて当たり前ですし。

生きづらさを軽減させるヒントがあるのかな、と。



「相手を不快にさせたくない」「迷惑をかけたくない」という僕の強い考えも、人間固有の理解力、吸収力でどこからか拾ってきたもの。

とりあえず「生きやすい」を探求して、他人からどう思われて気にしないことが必要なのかなって。


つまりは「生きやすくなるような探求する行動・方法」を教育されてこなかっただけで、さらには「自己否定をしてまでも相手を不快にさせないようにしろ」という教育、というよりもそれが社会の正義なんだという強い気持ちを持ってしまっている。


だから生きづらいのは「そのような人間になってしまっている」だけで、生きやすい人間にもなれる可能性がある。

人間振り幅デカすぎってことです。

さらには反射的な思考、拒否反応まで教育で身につけられる。

つまりそのレベルの「当たり前」、理論的じゃなくて動物的な直感まで変化できる、絶対ではない。

0

2020/1/12

自由の危険性について改て。  1日まとめ記事

コンビニで「自由だ〜」っていう曲を聴いて。

auのCMにも使われているのでyoutubeでプレミアム会員じゃない人は聞いたことあるかも。


この曲を聴いて嫌悪したのは、自由は前提がはっきりしていないとただのトップダウン責任転嫁になってしまう、ということ。

「選択の自由なのにこの職業を選んだのは君だろ?」「お金欲しいから働いてるんだろ?」「友達にならなくていい自由があるのになったお前の責任だろ?」とかとか。


上の例に反論すると、住居環境や己の知識、やりたいけどやれなかったなんて当たり前にありますし、お金が欲しいのはお金で社会を回す仕組みを作った国自体に責任がありますし、友達になりたくなくても円滑にコミュニケーション回すために上部で友達にならざるおえないなんてよくあることですし。


つまり自由は「責任の押し付け」をする言葉、という強い負の側面がある。

幻想、個々人が持つ自由のユートピア性に潜り込み首根っこを掴む感じ。



かといって、自由というは明確な前提が設けられると意欲とか生産性が上がる可能性を秘めいている。

矛盾しているようですが、前提を設定した上で「抜け穴」を作る、これでプレイヤーに自由を感じさせる。

自由は錯覚とも言えますが、リスク、責任を感じずに行動できる感覚の重要性。

自由感じさせるようなデザインは存在しますし、はたまた個々人によってそのポイントは変わるので己で開発発見する努力が必要です。

僕はこのブログでは「自由」を感じています。

ある程度読みやすいように行間は開ける、おかしな日本語に極力ならないように一応一度は読み返す・・とか色々ルールありますが、このルールを設けることで「自由」を感じる。

グーグルが充実した衣食住を提供して寝転びながらでも、社内ならどこでも仕事して良いというルール設定。

もし僕がそんな環境で働いていても般的な会社のように座って机に資料を積んで、、という働き方をしますしそれに「自由」を感じます。


この例えから考えると、自分が納得する他人が設定したルールから選択したものには自由を感じる、ということ。


他人からの「君は自由だ!」という主張はただの暴言です。マウントです。

北風と太陽みたいな話ですが、自由と感じさせる設定を築くことが唯一他人ができる自由への導きです。




0

2020/1/8

品質管理、在庫管理の質を下げ生産性を上げる  1日まとめ記事



時間の有限性に辟易するのは常。

ですが、何かと責任転嫁できて、どう責任を押し付けるかというのが一種の遊びになるな、と。


ただ無理矢理押し付けるとそれは自分でもわかるので「納得感」に乏しく楽しくない。

そして実際「時間の制約」が原因でできないことなんて当然毎日のように起こる。



もはや当ブログでの常套句「みんな小学生の頃には身につけている概念」なんですよね今回も。

僕はなんでも「自分の責任」に集約させる癖があり、それこそ男だ!みたいなところがあります。


企業でも部門別に分かれていますが「生産性」を上げるには「在庫管理」と「品質管理」の質を下げる必要性がまずあるな、と。


具体的には服選びとか、髪型とか、食事のクオリティとか。

あと「少しでも安く買うため」とネットで調べまくることもですね。

「損をしたくない!」気持ちが強すぎて「コスパいい=頭が良い!」という自己陶酔。


ネット通販じゃなくて近くの町の電気屋で割高で購入する人って未だいますが、彼らこそ時間管理職人なんですよね。

時間管理の感覚が未熟なのですぐ「資産管理」に目がいってしまう。



あと文章の組み立ても、も手を抜くことにしました。

当ブログではそんな意識してませんが、初めて会う人ととかメールとかではかなり気を使ってました。

が、正しい日本語じゃなくても意味が通じれば良いか、ていうくらいに。

「頭悪いと思われたくない」が脳内で響き渡るのでこれのために時間を食う。


「頭悪いと思われても良いや」「伝わることが第一目的だし、時短こそ意味あることだし」と。



「生産部門」を第一に、あとは疎かになっても自分を責めない!

そうするとことでいつの日か他人に任せられるようになるかも。

今後の人生の指針です!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ