2017/8/30

8/30 雑記  日々雑記

◆人類の人生理想

Twitterで「私が気に入らないので調子に乗るな」という趣旨の内容をユーザーに送る人がいますが、その人のツイート歴をみると飲酒をしていたり未成年に思えない。

「成人のふりをしている未成年」の可能性も捨て難く、考えるだけ無駄の範疇。

オンラインゲームでもそうですが「赤ちゃん理論」と親ではない他人に堂々と示す人に遭遇するとこはよくあります。

赤ちゃん理論=自分が気に入らないからダメ、私が立ち去るのではなくあなたが立ち去れ。


世の中は自動化が進みなんだか理想は「全てが自動化」なのかなと推測していました。

究極を想像すると、言語の習得も不要でボタンを押せば脳波から受信された情報により食べたい物が瞬時に目の前に運ばれ、眠たい時に眠り人間と肌触りが全く変わらない人形ロボットが性の相手をする。


そう考えると自動化の本質は「人間がいかに楽に生きられるか」ではないことがわかります。

「赤ちゃんのときから意志決定権がある実行できる」ことが究極なのかなと一つ思い浮かびました。

3歳からでも企業ができリカバリーもしっかりしている。

要するに「自立」が非常に簡単にでき、また他人の尊厳を傷つけるという発想が全くない世界。

その下に自動化がある。

必要な物、衣食住は機械で管理され無償で手に入る。

「食べるために働かなければならない」という考えも全くなし。

人間は「悩み」それに時間を取られる。

何に悩むかが重要で、それに費やす時間の定義で文明の進歩が認められるのでは。


10年で貧困の定義が変わる。



話を元に戻すと、「赤ちゃん理論」をぶつける人は自立・・・この場合は自分以外も同じ人という感覚が薄い。

目の前の人は同じ人かもしれないが、ネットを介すると「人ではない」。

生活レベルの底上げはできるが、思考の底上げはできない。

そのことをTwitterやオンラインゲームは証明している。


◆RED DEAD REDMPTION

PS3のロックスター製ゲーム。

僕がゲームを楽しむ時「現時点でのゲーム最新技術」に重点をおく度合いを教えてくれました。

2010年の作品で1世代前ということもありわくわく感が全くない。

「映像が綺麗」という感覚が全くない。

操作性も「MGS5の方がいいな」というところ。

ただ、まだ蒸気機関車が現役のアメリカを追体験をオープンワールドでできる点がいいです。

先住民との戦いでの勝利を誇らしげにしている登場人物達。

最初の数時間は同時に聞いていたラジオのサブ、ラジオに集中するためにゲームプレイしていました。

しかしスルメゲーと言っていいのか、徐々に楽しくなり今はラジオオフで集中してプレイ。

発売当時プレイしていたら絶対抱かない感想。

満足感は絶対に当時プレイですが、たまには新鮮が哀愁に変わったゲームをプレイするのも良い刺激になります。

0

2017/8/20

8/20 雑記  日々雑記

◆FF15の多角的展開

クリアした流れでアニメを見ました。

このアニメがまた塩梅でよりFF15にのめり込む要素がおおい。

ゲーム本編で多くを語られていないのでいくらでもキャラの深堀ができる。

しかも面白くよりのめり込むように追加できるのでどんどんはまっていきます。

この現象が怖いので前日譚の映画は見ない事にしました。

これをみたらさらに引き込まれそうで怖い。


◆ガンダムバーサスの現在感想


FF15が疲れた時、ゲームプレイのサブとして利用した際にはなかなか良い刺激になります。

しかし夢中になるとすぐ粗が目立ちストレスが溜るのが問題。

やればやるほど新システムが足を引っ張っていることがわかり、オンライン対戦が主なはずなのに通信周りが弱い。

時間の無駄に感じるので永久に仕舞おうか検討中。


0

2017/8/16

8/16 雑記  日々雑記

◆言い換え=自分の感情を押し出す

物事、出来事に対して用いられる言葉は一つだけではないですよね。

「いじめ」を

・教育
・闘魂注入
・将来のための我慢

なんて世間が「それなら仕方ない」と思わせるように言い換えが簡単にできます。

「正当化」ということです。

ならば何を優先させるのかというと非常に難しい。

「不利益」に注目すべきではないかと現時点では考えています。

「不条理な攻撃」をされて「幸せ」のか「辛い」のか、本人の感情・思いを優先させます。

現実、この時に「いじめ」なのか「教育」なのか判断すべきですが「やってる側」の方がその決定権が強い。

特に上司部下とか先輩後輩との上下関係・権力関係に従順してしまう。

だがその上で、「やられている側」の意見を尊重し本人も強い意志を持たなければならない重要性。


ある本を読んで「なるほど」と理解した「言い換え問題」。

精神的に追い込まれた勉強法を強いたげられ「お前は根性が無いな」と言われた過去。

「嫌」と感じた僕自身の感情を優先させ

「僕は根性がない」→「合わない勉強法を無理矢理押し付けられている被害を受けていた」

と変換することができます。

「嫌々だけど自分のため」は「被害者でありつづけよう」という奴隷宣言なのでした。

パワーワード。




◆大人になってもゲームをし続ける人達の偉さ


一般的には「子供じみている」と言われます。

しかし「時間を疎かにしてしまう」可能性が高いゲームを、大人になってもできるということはしっかり時間管理をして趣味に講じることができる一つの優秀な能力とも言えます。

言い換えです。

実際自制心を保ってゲームをするのって大変です。

特にオンラインゲームは「区切り」を自分で制定しなければなりませんし。

そこを見つける能力というのは生きて行く中で大事だと思うんですが。
0

2017/8/13

8/12 雑記  日々雑記

◆金の流れ

金の話題=汚い、金の亡者

この思考パターンは金を支配する側に植え付けられたものですよ。

どこまでいっても金の流れは世界の流れで重要なんですよ。

最近「どこまでいっても〜」と使うとあたかも真理をついているような感じがして使いまくってます。

便利すぎるので禁止。


◆ターンテーブル

フィギュアのターンテーブルは結構楽しいです。

ラジオ聞きながらぼーっとみるの最高です。

この場合の最高は時間の浪費と感じてない点をナイスと判断したということです。
0

2017/8/11

8/11 雑記  日々雑記

◆魔が差した

魔が差したっていう言い訳は自分を追い込むので言わない方が良いと思うんですけどね。

「あああるある」「それなら仕方ない」で済む人は少数派ですよ。

やっぱり「なに受動的立場やねん」と反撃したくなりますよ。

経済力もあり人脈もあり社会的地位もあるのに「魔が差した」は命に直接関わる環境下でしか通じない。

「魔が差した」が弁明になるにはどこまでも謙遜表現で使う必要性。

宮迫さんの「魔が差した」=「やりたくてやった」ですよねどこまでも。


◆限界まで疲れたら

あーもう瞬きも面倒っていうときはなんも面白くないテレビ番組も面白く感じますね。

この面白さは充実感です。

人間は程よい刺激を常に求めているらしいです。

例えば無音で真っ暗では眠れないけど、静かな音楽や蛍光灯を少し点けると寝易くなるという人がいるのはそういうことです。

疲れてるときは普段なんにも面白く感じないものが丁度いい刺激になります。

子供の時なんも面白くない番組を面白く感じたのは疲れ果てていたからかもしれません。

しかし大人になった今、無駄なことで満足しているんですよね、危険ですよね。

0

2017/8/10

8/10 雑記  日々雑記

◆オランダと日本と

(引用 https://newspicks.com/news/2407235?ref=index&block=series コメント欄)

<引用はじめ>

いい機会なんで、蘭日双方の「教育と労働」に関するOECDデータを引っ張ってみました。

【教育予算額の対GDP比率】蘭5.2% 日3.5%
【高等教育予算額の対GDP比率】蘭1.6% 日0.8%
【国公立大学の初年度納付額】蘭1851米ドル 日7713米ドル
【大学生の公私比率】蘭<公立88 私立12> 日<公立25 私立75>
【公的支出全体における奨学金予算割合】蘭10.7% 日0.6%
【貧困率】蘭8.4% 日16.1%
【初年度有給休暇付与日数】蘭21days 日10days 仏36days (参考) 
【男性の1日あたり賃金労働時間】蘭5.900h 日7.858h 仏3.890h (参考)
【女性の1日あたり賃金労働時間】蘭3.425h 日3.440h 仏2.875 hours (参考)
【男性を1.00とした場合の女性の家事労働時間割合】蘭1.91 日4.84
【男性を1.00とした場合の女性の年収】蘭0.88 日0.55
【下院における女性議員割合】蘭38.7% 日7.9%
【失業率】蘭6.0% 日3.1%
【公的支出全体における失業給付予算割合】蘭1.617% 日0.223%
【全国民の1日あたり睡眠時間】蘭8.450h 日7.733h
【1人あたりGDP】蘭51049ドル 日41275ドル
【1労働時間あたりGDP】蘭65.10ドル 日39.90ドル

何が言いたいかというと簡単で、オランダと日本は、なにからなにまで「住む世界が違う」ということです。ブレグマンさんは、そういう事情を分かった上で、なるべく母国オランダを貶し、日本を持ち上げる形で、つまり、あえて両国が「同じようなレベルの国」とした上でインタビューに応じている。ボクらは、そのあたりを差し引いた上で記事を読むべきじゃないでしょうか。いずれにせよ、次回、最終回の結論に期待しています。


<引用終わり>

日本は低賃金、長時間労働根性で今でも成り立ってるところから前進しないと。

医療に個人が金銭負担、食事等考慮すれば1時間当たりの賃金はその人の命の重みとも直結します。



◆アインシュタインが息子に綴った手紙


(https://www.lifehacker.jp/2017/08/170809_einsteins-advice-to-his-son-on-learning.html)

これを読んで、やっぱり塾は害悪だとますます嫌悪感が涌いてきましたよ。

学校も縛りますが社会的地位を得られますし許容範囲は意外に広いんですよ。

しかし塾は学校より強い縛りを強いるんですよね。

勉強に特化させて。縛り大好きなのが塾ですよ。夏期講習とかふざけてます。

塾は情報を得にいくのには有能なんですよ。ただ勉強するところじゃないんですよ。


◆青木には日本に帰ってきて欲しい


メジャーは青木を過小評価している。年齢もあるのでしょう。

トレードの捨て駒として今後も使われそうなので、日本で再プレーしてほしい。


◆ガンダムビルトファイターズトライの海にいくやつをみて


主人公に気がある女性と鈍感な主人公、個人的に極値のうる星やつら以外は苛ついてしまう。

ケチな僕が視野を広げられる、amazonプライム最高です。


◆ガンダムのBlu-rayボックスが安い


amazonで2万円のが九月発売。

「所有する」という価値が下がってきてますもんね。

ガンダム〜宇宙世紀コンプリートで2万円がでる未来が見えるほどです。


◆クロスアンジュが思いのほか面白い


絶対面白くない苦痛アニメだとスパロボプレイしながら色眼鏡シャキンでした。

ヴァルブレイブを喰らったからかダメージはそれほど。

女性同士のあれなシーンが目立ちますが、キリスト教牧師の男児性暴力事件を知ってから「現実にでもあるよね」と寛容に。

というか、ここが結構面白く。お色気とみせかけて史実を取り入れているなと分かる部分が多く。

えぐいシーンも多過ぎですね。ご飯食べながら見てて気分悪くなりましたよ。


この世界の片隅にがまさかの配信

https://gyao.yahoo.co.jp/special/konosekai/#k_campaign

yahooプレミアム会員限定ですが。

まさかです。
0

2017/8/9

8/9 雑記まとめ  日々雑記

◆今回のドラクエは何より戦闘が面白かった

物語より戦闘の方が「面白み」の不確定要素が少なく技術でカバーできる範囲が広い。

それもあって今回の戦闘は大変面白かった。物語もよかったのでなおよし。

職業システムが無い分キャラ個性がでているんですよね。戦略性もあがる。

職業選択式だと結果似たり寄ったりになるんですよね。


◆ドラクエ11の馬最高難度クリアできない

もうあきらめます。諦めたくない!ことを諦める能力も必要です。

◆ペルソナ5のプレイ動画アップロードが解禁されていた

youtubeをみるとたくさんみられる。

プレイしたゲームを「なつかしー」と思い出し名がらみる楽しみ。



◆PS4でメタルギア以上のゲームはできないのか?


ストーリー特にオチは残念極まりないですが、操作性は僕至上最高でした。

これ以上のゲームは今のところ無し。いつ発売するかわからないデスストしかないのか。



(上の動画)プレイヤー達を脅かしたスカルズを手玉にとるその様が面白い。


◆「環境がいい」の弊害

環境がいいとそこから抜け出したくなくなる。

Googleのオフィスや慶応大学(等の綺麗な大学)のキャンパスは見た目さながら「寝転んでいても誰も注意しない」最高の環境。

しかしそんなところは本当に稀であり、所属がそこから移動すると大体下回る。

それがストレスになりまた出て行きたくない強い理由となり考えが凝り固まり内向き思考になる

どうしてもそこから離れないといけなるとどうしようもない憂鬱な気分が覆い被さり自殺願望まで至る場合も。

これは当たりまえであり誰しも起こることでしょう。

なので自分に最適化された居心地が良い環境は避けるべきではなかろうか。

少し「嫌だな」「窮屈だな」という環境の方がアクティブになるきっかけを作ってくれる。

「永遠はありえない」「いつか終わる」ことがこの世界、全生命のルールにて優先されるので、「自分に最適な環境」は「その場の永遠を欲してしまう」というルールに矛盾する感情を生み出す危険性。

これは「ガソリン補給しなくていい永久機関装備の車が欲しい」と同等の意味を持つんですよね。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ