2014/4/10

今年は種から育ててみました。  エコロジー
 

毎年お馴染みの春爛漫シリーズ。

今年はベランダで種から育ててみました。
ストック、キンギョソウ、カスミソウ、ワスレナグサ、ルピナス、クリサンセマムと蒔いてみました。

大きな鉢に「混植・直播」と苗用ポットに播いて生育を比べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

大鉢の「混植・直播」はご覧の通り、キンギョソウとストックが光を求めて熾烈な争いを繰り広げていましたが、切花用のストックが3月に入ってからラストスパート。3月中旬から咲き始め、かれこれ一ヶ月楽しめています。

ストックが終わる頃にキンギョソウが咲き始め、さらに何処からとも無くルピナスがニョキニョキというのが私の計画ですが、どうなる事やら・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ストックに関しては市販の切花と同等ですね。もう買う必要はありません。
鉢植えだと花も長持ちします。

クリックすると元のサイズで表示します

実はワスレナグサが健気にも下の方で葉を広げており、ひっそりと青い花を付けています。


クリックすると元のサイズで表示します

球根は初めてスイセンを植えてみたのですが、これ正解でした。4月に入っても花芽が見えず、あれ、スイセンって翌年から咲くのかな?と思っていたら、ここの所の暖かさで一気に花芽が伸びて開花。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

チューリップも今年は蕾がなかなか出てこなくて、「あれ、水切れで分球しちゃたかな?」なんんて思っていたら、サクラの開花と同時に一気に蕾が出てきて、あれよあれよと言う間に満開です。


と言う訳で、今年は売るほど花に囲まれた春を迎えています。
7

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ