2016/7/11

憲法9条の改正は簡単だ・・・外圧で変化する日本  時事/金融危機
  

衆参で改憲勢力が2/3以上の議席を獲得したので、憲法改正の発議は可能になりました。しかし、国民投票でその結果が否定される事も十分考えられます。特に現在の日本で憲法9条の改正は国民の過半数の支持を得られないでしょう。

ところが、憲法9条の改正は実は簡単です。

それは中国が尖閣諸島周辺で挑発的行動を拡大する事。漁船の大船団を何度も送り込んだり、軍艦に領海侵犯を繰り替えさせたり、領空侵犯した中国軍機が自衛隊機を何度もロックオンしたり・・・・過去にも現在も繰り返している挑発をエスカレートさせれば日本の世論は中国ケシカランで結束し、「憲法9条の改正止む無し」の方向に傾きます。


多少のリアリティーは必要でしょうから、世界的な経済危機が発生して中国もバブル崩壊。中国国内で政権批判が高まり、中国政府が内政から国民の目を逸らす為に挑発を拡大する・・・そんなシナリオを私なら描くと思います。


これで「尖閣紛争」や「南沙諸島紛争」が勃発すれば、日本海と東・南シナ海の中国沿岸に鉄のカーテンが降り・・・・。


エ、そんな未来は親中国派のヒラリーが許さないだろうって?!
えでは大統領はトランプと言う事で・・・。
7

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ