2016/12/15

瓢箪(ひょうたん)雪だるま  エコロジー
 

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリスマスが近づいてきました。



子供が成長すると、ツリーを飾る事も無くなり

カレンダーに印を付ける事も無く・・。



そんな我が家にも、遅ればせながらクリスマス気分がやってきました。



夏の間、ベランダの日差しを遮ってくれた「千成瓢箪」。

「千個も取れたらどうしよう」という心配は杞憂に終わり

収穫できたのは。たったの8個。

紐で縛って吊るして干すうちに、未熟な2個が萎んでしまい

結局、残ったのは6個のみ。



ところで瓢箪っていったい何に使うの・・・?

昔は水筒の代わりだったりした様ですが、

現代は田舎の玄関の飾り物ぐらいしか思い浮かびません。



先日、天井からぶらさがった瓢箪を何気に眺めていて私気づきました。

これ、雪だるまの形してるじゃん!!



そうとなれば善は急げ。

早速ユザワヤで、小さなボタンとマフラーに使えそうな紐を買って来ました。

ところが、目の材料が見つからない。

数日、いろいろと探して諦めかけた時、

冷蔵庫の中のコリアンダーの種が目に止まりました。

こいつ、殻の中に半球の種が二つ入っています。

大きさもまさにピッタリ!!



水性塗料で白く塗ったものと、生成りの雪だるまを作る事に。

鼻は爪楊枝。

朝、仕事前にサクサクと作って出かけたら、

電車の中で携帯がブルブルと。



ショートメールで送られきた写真は、なんと帽子が被されたいました。

家内が編んでくれたみたいです。


次々に送られて来る写真は、雪だるまが「押しくらまんじゅう」をしていたり・・・。

どうやら、気に入ってくれたみたいです。

そりゃ、瓢箪から自家製ですから可愛さひとしおです。



これを家内へのクリスマスプレゼントにしちゃおうか・・・。




クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、これは「おしくらまんじゅう」中らしい・・・。

9

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ