2019/4/4

甲子園準優勝・・・習志野高校、頑張った!!  時事/金融危機
 
■ 甲子園準優勝・おめでとう習志野高校 ■

私の実家の有る習志野市が誇る、市立習志野高校が春の選抜甲子園で準優勝を果たしました。

昭和42年と昭和50年に全国優勝を果たしている古豪です。夏の大会に8回、春の大会には今回を含め4回出場しています。

かつて野球王国と呼ばれた千葉県ですが、習志野高校や銚子商業といった名門公立校が甲子園に出場する機会は少なくなりました。練習環境の整った私立高校の台頭が目覚ましく、公立高校が良い選手を集めるのは難しい時代です。

■ 軍都・習志野が生んだスーパー市立高校 ■

習志野市は千葉県の北西部にある小さな市です。本来ならば平成の自治体合併で千葉市か船橋市に吸収されていてもおかしく無い規模(人口17万人)ですが、昔から両市との仲が悪く、合併のお誘いがありません。

習志野市は司馬遼太郎の『坂の上の雲』でおなじみの陸軍騎兵連隊が置かれていた軍都で、騎兵連隊はその後、鉄道連隊となって大陸での兵站を支えます。

かつての軍都の面影は、今ではJR津田沼駅前に有る千葉工業大学の赤レンガの正門の留めるのみですが、独特の教育理念は昭和40年代までは健在でした。要は「軍隊教育」です。

私が学んだ小学校は体育が盛んな事で全国的にも有名でした。年中、教育研究会が開催され、全国の先生方が見学に訪れていた。特に機械体操には力を入れていて、小学校4年生で運動神経の良い生徒は「バク転」が出来る。鉄棒で「大車輪」は危険なので禁止されていました。

教育方針は軍隊教練そのもので、チャイムが鳴ったら直立不動。少しでも動けば先生のビンタが飛びます。朝礼での「起立、気を付け、礼」のタイミングが揃わない時は、1年から6年まで、全校生徒が何十回とも無く、「起立、気を付け、礼」を繰り替えさせられました。

運動の出来ない子供にとっては「地獄」とも言える環境でしたが、厳しいのは「躾」だけで、実はとても自由闊達な校風でもありました。先生と生徒は仲良しでしたし、様々な事にチャレンジする学校でした。

一方で、隣の小学校は音楽がとても盛んでした。管弦楽部は全国一位の常連校。当然、その卒業生が入学する中学の管弦楽部も全国一位が当たり前で、中学生ながらウィーンへ演奏に行っていました。

そんな「尖がった教育」が行われた習志野市の市立高校が習志野高校です。昭和40年代が黄金時代ですが、サッカー、野球、ボクシング、そして吹奏楽部が全国制覇を成し遂げています。

今でこそ市立高校としては隣の市立船橋高校の方が有名になりましたが、これは習志野に対抗意識を燃やす船橋市が、ライバル心むき出しで「強化」した結果です。

ちなみに、今回の甲子園で監督を務めた小林監督は、習志野高校のピッチャーで甲子園に出場していますが、教員で最初に赴任したのは市立船橋高校。ここの野球部を3年で甲子園に導いた名監督です。

習志野高校の吹奏楽部も超有名で、全国大会の金賞の常連校。「金賞コレクター」の異名も持ちます。(昨年は銀賞)

今年の甲子園の決勝は、ブラスバンドファンには夢の共演でした。東邦のマーチングバンド部が海外遠征中だったので、その穴を大阪桐蔭の吹奏楽部が埋めていたのです。大阪桐蔭の吹奏楽部は日本管楽合奏コンテストで2度の全国一位を獲得している名門中の名門。決勝では、遠征から戻った東邦と大阪桐蔭の混成で、「美爆音」と呼ばれる習志野高校の吹奏楽部に対抗した。

・・・これ、多分、最初で最後の出来事でしょう。球場に居た吹奏楽ファンは至福の時を過ごされた事でしょう。

■ 本当はダーティーな「美爆音」 ■

大編成の大音量で他チームを圧倒する「美爆音」の吹奏楽部ですが、これ、意外にダーティーなんです。ラッパの口をピッチャーに向けて圧倒しろ・・・こんな指導を顧問の先生がやっているそうで・・・。

県大会の初戦などは、相手チームはこの「音」だけで浮足立ってしまいます。守備の連係なども音で乱れます。確か、地方大会では「自粛要請」があったとか・・・・。

尤も、そんな大音量なのに、キレッキレの演奏をするから全国にファンが多い訳で、曲の切り替えのスムースさも相当なものです。

「モンキーターン」や「レッツゴー習志野」など、この演奏を聴きたくて球場に足を運ぶファンも多い。



ネットから星稜戦の映像をお借りしました。
これがオリジナル曲の「レッツゴー習志野」です。




「モンキータン〜アフリカンシンフォニー」

ラッパの口がピッチャーマウンドを向いていますね・・・。
良いんです。ブラスバンドの源流は戦争で戦士の士気を高め、敵を恐れさせるものですから。軍都、習志野では、これがスタンダードです!!


■ サイン盗みや、騒音クレーム ■

決して前評判の高く無かった習志野高校ですが、初戦に快勝した後は、格上の高校に対して苦戦続きます。先制点を奪われた後、得意の機動力を生かして、泥臭く足で走る野球で逆転します。ダブルスチールなども決めているのは、流石は名将の小林監督。

一方、2回戦では星稜高校の監督が「サインを盗んだ」と言って、試合後に控室に乗り込むという事件が発生します。2塁走者の挙動が不審だったと。試合中にクレームを付けていたのですが、審判は不正は無しと判断していました。

不正があったのか・・・これは定かではありません。(1999年のルール改定からサイン盗みは禁止されています)。

さらに、この試合の最中に「ブラスバンドの音がウルサイ」と甲子園の近隣住人からクレームが入ります。大会委員は、とりあえず楽器の編成を少なくして対応して欲しいと要請し、習志野高校も受け入れます。試合後に大会規約に音量の項目が無い事を確認した大会委員は、習志野高校に、これまで通りの応援で大丈夫と伝えたそうです。

習志野高校が準決勝に勝利したパワーの源は、「疑惑をプレーで払拭したい」という選手の強い思いが有ったのかも知れません。

■ 公立高校は優勝出来ない? ■

2007年以来の公立高校の優勝かと期待された決勝戦でしたが、結果は東邦の石川党首のワンマンショーとなってしまいました。投げては2塁を踏ませね完封。打っては2本塁打。6-0という一方的な試合結果。試合時間も90分程度と、決勝戦としては、ややつまらない内容となってしまいました。

甲子園で活躍した公立高校として金足農業高校が記憶に新しいと思います。3年生が10人した居ない学校で9人が野球部という環境ですが、超高校生級のピッチャー、吉田投手を擁し決勝に進出しました。しかし、連投の為、決勝戦は大差で敗れます。

「公立高校は甲子園で優勝出来ない」というのは、云わば常識となっています。私立の強豪校は全国から有力選手を集め、万全の練習環境と指導体制を整えます。投手も普通の公立高校のエース級を何人も抱えています。

勝ち進む毎に試合日程が厳しくなるトーナメント戦で、エースを温存出来るチームと、エースを連投させざるを得ないチーム・・・準決勝や決勝になると、その差は歴然です。

「打線は水物」と言われる様に。強打のチームでも打てない時には打てません。そうなると、頼るはやはり投手力となります。

勝負は時に運ですから、公立高校が優勝する事も有ります。しかし、その確率は10回の大会で1回が良い所では無いでしょうか・・・。

尤も、今大会に置いては、東邦の石川投手は準決勝でも完投するなど、これまで結構な投球数で、むしろ習志野の飯塚投手の方が温存されています。やはり、実力の差は大きかったと言う事でしょう。

■ 実は甲子園の実況を観るのって久しぶりなんです ■

知った様な事を沢山書いてしまいましたが、私、スポーツ中継ってほとんど観ません。オリンピックも観ません。箱根駅伝だけが楽しみです。

当然、野球中継なんてほとんど観ない(TV有りませんから)のですが、習志野高校が地方大会で勝ち進むと、応援しますし、時間が有れば球場に足を運びます。あの「美爆音」を「生」で聴きたくて。

私が小学生の時、習志野高校は夏の甲子園で優勝します。7点差を逆転したりと、当時の習志野高校は、とにかくミラクルなチームで、私達のヒーローでした。

野球王国千葉県でも、市立高校の台頭が目立ち、地区大会の決勝大会は市立同士の対決となる事が多くなりましたが、やはり習志野高校や銚子商業といった、かつての黄金時代を築いた学校が準々決勝に勝ち上ると、県内の高校野球ファンが千葉マリンスタジアムに殺到します。当然、球場チケットは早々に売り切れ、球場から入れなかったファンの長蛇の列が駅に向かってトボトボ歩く光景を目にする事が出来ます。

習志野高校には是非、夏の大会にも出場して欲しい。出来れば、県大会で「習志野 VS 銚子商業」なんて夢のカードが実現してほしい。


最後に、優勝した東邦高校の皆さん、おめでとうございます。完璧な試合でした。完敗です。
4

2019/4/2

2019冬アニメ・ベスト・・・評価は全く変わらず  アニメ
2月11日に発表した「冬アニメ・ベスト」


評価は、シーズンが終了しても全く変わりませんでした。
ただ・・・『ケムリクサ』だけは、何度観ても途中で眠くなる。だからと言って、評価が低い訳では在りません。




実は1位から3位までは私も気合を入れないと観れない(凄いけど・・・楽しい訳では無い)


楽しんで観ていたのは『モブサイコ100』、『ドメスティックな彼女』、『五等分の花嫁』です。

特に、『ドメスティックな彼女』は、家内と娘の「ヒナ先生バッシング」が凄い。見ながら、「死ね、死ね、死ねシネ!」っと、ひな先生シーンでシネシネ団のテーマを合唱する始末。「あたし、こういうの好きじゃない!!」って言いながら、ひなちゃんをディスりまくりの二人でした・・・。



<以下、2月11日記事を再録>

2019年の冬アニメも中盤に差し掛かりました。

アニメ業界も作品の過剰供給が続く中で、上手な原画・動画が描ける人の奪い合いとなっているのは以前からですが、粗製乱造が続く中で、人材不足は著しい。業界の低賃金体質もそれに拍車を掛けます。数年で離職する人が多いので人材が育たないのです。当然、低予算作品の質の低下は加速するばかり。

一方で、人材不足をCGで補う動きは加速化しています。CG製作会社が元請になるケースも出て来て、日本のアニメもいよいよCGの時代に突入しました。(好むと好まざるに関わらず)

日本のCGはアメリカと違い「2次元を3次元でどうやって再現するか」という点に力が注がれています。日本アニメ独特の「2次元絵」を3次元CGで再現するのは至難の業です。各社、様々な工夫で試行錯誤していますが、最近は2次元に見える3次元のモデリングのノウハウも蓄積して来た様です。ただ、ヌルヌル動くのが気持ち悪いので、今後は動きの「タメ」や「デフォルメ」などの表現をどう「自動化」するかがカギになるかと思われます。


今期アニメの特徴は、観るべきアニメと、観なくても良いアニメの格差が歴然としている事。そしてダークホース的に面白い作品が無い事。そんなこんなで、速くもランキングの発表です。




第一位 『どろろ』

クリックすると元のサイズで表示します
『どろろ』より

■ どっしりとした時代劇として蘇る『どろろ』 ■

戦国武将の醍醐 景光は戦乱の世に終止符を打つべく48体の鬼神と契約します。「俺からどんな物でも奪っても構わない、その代わり俺に天下を取らせろ」と。その契約が叶ったのか、長男は生まれた直後に雷に打たれ、目も耳も手足も皮膚も無い状態に。その姿を見た景光は鬼神との契約が成された事を確信します。そんな姿の赤子でも「愛おしい」という奥方を制して、その子は乳母によって、そっと川に流されます。

赤子はある男に拾われ、義手義足を与えられ、百鬼丸と名付けられ、16歳になると旅に出ます。鬼神を倒し失ったものを取り返す旅に。途中、命を助けた少年どろろが旅の道連れとなり、鬼神達との対決が繰り広げられゆきます。


50年前の手塚作品ですが、現代の技法とセンスで、MAPPAが本気のアニメ化。「どっしりとした時代劇」に生まれ変わっています。往年のファンも、現在のアニメファンにも見応え十分の作品となっています。

■ 「ハトよ天まで」という隠れた名作の流れを汲む『どろろ』 ■

手塚治が1967年に「少年サンデー」に連載を開始した『どろろ』ですが、未完の作品です。アニメ化もされていますが、手塚作品の中では不人気とされていました。少年漫画誌で戦国時代の暗くドロドロした話は受けなかったのでしょう。

私はキラキラした手塚作品は苦手で、手塚作品で一番好きなのは、中学校の図書室で読んだ「手塚治 初期作品集」に収録されていた「民話ファンタジー」の『ハトよ天まで』だったりします。これ本当に「隠れた名作」と呼ぶにふさわしい作品で、今でも一コマ一コマをはっきりと思い出す事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
「ハトよ天まで」より

ふとしたきっかけで人間の双子の赤ん坊を育てる事になった大蛇の母親。人の姿となって、人間の夫と、子供達と幸せな時間を過ごしますが、夫は天狗の「黒主」に殺されてしまいます。子供達はやがて立派に成長しますが、母の本当の姿を知ってしまいます。母は子ども達の元を去ります。成長したハド丸とタカ丸は、父の敵の「黒主」に挑みますが破れてしまいます。二人は別々の道を選択して再び復讐を誓いますが、やがて二人は対立してゆく事に・・・。手塚治が童話「龍の子太郎」に着想を得て1964年から1967年に発表した作品ですが、『どろろ』の連載の直前まで描かれていたので、『どろろ』はこの作品の流れを継いだとも言えます。


■ 時代劇を消化した『どろろ』 ■

手塚治の『どろろ』を現代の手法で描くとこれ程までに面白くなるのかと驚愕。手塚作品のリメイクは何回も行われていますが、巨匠に気を遣うあまり「手塚臭」が抜けないものが多かった。「手塚臭」とは何か私も明確に答えられませが「漫画黄金期へのノスタルジー」と勝手に解釈しています。

手塚作品としては知名度のワンランク下がる『どろろ』ですが、今回のアニメ化では「時代劇」として漫画的な世界と切り離す事で、ストリーテイラーとしての手塚治の素晴らしさが浮き彫りになっています。

とにかく作画、演出ともに素晴らしいの一言。時代劇のアニメの傑作に1990年に発表されたOVAの『THE八犬伝』が有りますが、まさに同質の空気感や世界感を共有する作品となっています。その根底には日本映画の時代劇の膨大な蓄積が有ります。

アニメ版『どろろ』の冒頭の大雨のシーンは黒沢監督の羅生門のそれですし、河原のシーンなどは「子連れ狼」などを彷彿とさせます。ロングのカット、モンタージュのタイミング等など、細部にまで時代劇の血脈を感じずにはいれません。

■ CGの時代に咲いた最後のあだ花 ■

とにかく、この作品、動画のクオリティーの高さは圧倒的です。ヌルヌル動くとか、派手な構図で動き回るといった方向ではなく、基本的な動きに手抜きが一切ありません。第一話のどろろが登場するシーン。市で盗品を売るどろろが振り返る瞬間の1秒には、背筋が寒くなる感覚すら覚えます。現在のCGでは、遠く及ばぬ次元。

今後、日本アニメもCGが主流になり、1枚1枚を職人技で動画を描くなどという時代では無くなるのでしょう。だからこそ、今、人が頭の中で動きをシミュレートして、手描きでそれを再現した「職人的な技術」を後世に残そうという意気込みは並大抵では有りません。

監督は『るろうに剣心』のOVAの古橋一浩。シリアスな殺陣シーンに定評があります。

■ 小林靖子には是非、大河ドラマの脚本をお願いしたい ■

シリーズ構成と1,2,5話の脚本は小林靖子。彼女以外の3、4話と見比べると、彼女の脚本の凄さが良く分かります。3,4話は「定型」のセリフが続きます。次の一言が何となく読めてしまう。それに対して小林脚本は「言葉を飲む」のが分かります。そこで発せられそうな一言をキャラクターが言わない時が有る。そして、その一瞬にキャラクターに血が通います。

小林脚本はキャラクターが本当に実在して、そして彼らが実際に話しているような錯覚を覚えます。「セリフを飲む」のもキャラクターの意思が、そのセリフを言わない様に感じさせる。

私は小林靖子が大河ドラマの脚本を書くならば、TVを買って、NHKに受信料を払うと宣言します。(今はTV無いけど・・・)

■ 手塚愛に溢れるOP、そしてかわいらしいEDが素晴らし過ぎる ■

OP、EDも素晴らし過ぎます。特にOPは手塚原作のシーンを忠実に再現。


『どろろ』OP より



『どろろ』ED より





最後にこんな画像をネットで見つけました。

クリックすると元のサイズで表示します
『どろろ』ゲーム版より

どこの卍さんかと思ったら百鬼丸でした・・・。

ちなみに実写映画版が先に公開されていますが、アマゾンプライムで無料で観る事だ出来ます。私は5分と観る事が出来ませんでした。アニメ版の方が「時代劇」としての風格が破格に違い過ぎます。


第ニ位 『ブギーポップは笑わない』

クリックすると元のサイズで表示します
『ブギーポップは笑わない』 より

上遠野 浩平が1998年に電撃文庫から発表した「ライトノベルの歴史的名作」。奈須きのこ(『空の境界』)や西尾維新(『化物語』)らが多大な影響を受けた作品のアニメ化。(私は未読です)

この作品の2位には異論も多いでしょう。電撃文庫創刊25周年作品として『とある魔術師の禁書目録V』と共にかつてのベストセラーのアニメ化ですが、今の若者に『ブギーポップシリーズ』は読めないでしょう。江戸川乱歩から連なる「伝奇小説」に属する作品ですが、アニメから察するに「時制の倒置」や「入り組んだ多視点」や「あえて核心を描かない」事で、構造的に非常に難しい作品の様です。(『サクラダリセット』も同じ手法)

大人が読むにはファンタジー的な要素が邪魔ですが、児童書に分類するには描写もグロく、内容も難しい・・・。若者向けの「分類不能」な作品の受け皿としてライトノベルというジャンルが無ければ生まれなかった作品です。

その昔は「ソノラマ文庫」や「コバルト文庫」がそのライトノベルの創成期をを担っていましたが、1984年に角川の「スニーカー文庫」と富士見書房の「富士見ファンタジア文庫」が創刊され、いよいよライトノベルの時代の幕が開きます。

その後、角川文庫社内の対立で、弟の角川歴彦らが独立して作った会社がメディアワークス。スニーカー文庫の人気作家達をごっそり引き抜いて誕生したのが「電撃文庫」です。電撃文庫からは数多くの人気作家や人気作品が排出されました。『ブギーポップは笑わない』は1997年の電撃ゲーム小説大賞となった作品。


高校生たちの間で「ブギーポップ」が都市伝説として話題になっています。「全身黒ずくめのマント姿だって」「女の子の一番キレイな時に殺してくれるんだって」など、噂は様々です。

同時期、女子高生達が失踪する事件も立て続けに起きていますが、学校側は「若者に良くある家出」だと解釈して重要視はしていません。しかし失踪の裏には・・・。

さて、ブギーポップが颯爽と現れて事件を解決してくれるのかと思うと、どうも彼女は事件の外側を徘徊しているだけ。関わったとも、関わらなかったとも言える中途半端な感じで、失踪事件は幕を閉じます。ブギーポップはあくまでも「バランサー」なのだと語ります。

終始こんな感じで、「肝心な何か」が語られません。物語の時制もかなり複雑にシャッフルされているので分かり難い。ただ、「ただならぬ雰囲気」だけが濃密に充満しています。これこそが「厨二病」の本質なのかも知れません。「何でも無いものを誇大に表現する」・・一種の「表現主義」とも言えますが、かつての若者達は、この作品に夢中になった。

20年以上を経て、この作品が色褪せたかと言えば、全くその様な事はありません。今でも十分に魅力的で、江戸川乱歩と同じ匂いを漂わせています。ただ・・・今の「幼稚なラノベ」に慣れてしまった若者には、ちょっと受け入れ難いかも知れません。

角川書店が電撃文庫や富士見ファンタジー文庫を傘下に収め、『サクラダリセット』や『塩の街』など、かつてのラノベの名作が角川文庫に編入され、大人向けの小説と認知される中で、『ブギーポップシリーズ』はライトノベルの指標として、電撃文庫に残されるのでしょうか。

かつて発売されたOVAアニメ版は、本編をアニメ化するのは不可能と判断して、サブストーリーを映像化しましたが、今回はマッドハウスが本気のアニメ化です。原作にある「文章ならではの、持って回った様な言い回し」や「行間の闇」を、どこまでアニメで再現できるのか?文学表現を駆使した『サクラダリセット』のアニメ化と同様に、とてもハードルの高い挑戦で。

「分からない物はツマラナイ」と切り捨てる現代の若者に「分からない物はオモシロイ」を問いかける作品として、私はマッドハウスの挑戦に拍手を送りたい。

音楽は『聲の形』の牛尾慶輔。これだけでも一見の価値はあります。



『ブギーポップは笑わない』PV より



第三位 『ケムリクサ』


クリックすると元のサイズで表示します
『ケムリクサ』より

『けものフレンズ』でその名を馳せた「たつき」監督と「ヤオヨロス」の製作。

赤い霧で満ちた廃墟の中で懸命に生きる少女たちと、どこか他の世界からやって来た少年のロードムービー。少女たちは「赤虫」という機械に襲われますが、植物から借りた力でこれを撃退します。しかし、水が乏しくなると植物は枯れてしまう・・・。彼女たちは水を求めて、危険な旅に出る。

私、はっきり言って『けものフレンズ』は全然分かりません。もう見ているだけでイライラして来る・・・。(よたろうさん、ごめんなさい)

だけど、『ケムリクサ』は良い!!。大好物です。特に「りつ」ネーサンは俺のヨメ。りなっちは二号、三号、四号・・・。

チープなCGの「非実在感」を逆手に取って、シュールなファンタジーワールドを構築するセンスには舌を巻きました。「けものフレンズ」ではキャラクターの可愛さが強調されて、そこにファンが萌えてブームを巻き起こしましたが、実はキャラの可愛さの根源は「シュールさ」にあったのですね。

チープさを逆手に取る手法として蛙男の「鷹の爪団」などが思い浮かびますが、たいがい「シュール」を「笑い」に転じる場合が多い。しかし『ケムリクサ』では、「シュール」はゲーム世界の中の様な「実在感の無い存在の儚さ」を作り出す事に成功しています。

「赤虫」達に襲撃される少女たちの存在は、あまりにも儚く、そして何人かの仲間を実際に失っています。カゲロウの様な存在の彼らが、それでも必死に生きる姿にある種の「無常観」が漂う。

ロードムービー系の作品の特徴として「中身スッカラカン」の作品で、そこが評価の別れる所でもありますが、俳句や短歌を味わう様に、ミニマムの中から視聴者が何かを見つけていくべきだと思います。サービス過剰な作品が氾濫する中で、この割り切り方は凄い。

「たつき」監督。凄いセンスしてます。


第4位 『モブサイコ100』第二期

クリックすると元のサイズで表示します
『モブサイコ100』より

二期目の作品は原則的に選ばないのですが、この作品は凄い。一期終盤のテンションを一度リセットしてから、二期で再びモブの日常と成長を描きます。

原作が面白いのですが、アニメは原作の簡略化された絵を上手に使っています。それは・・・「動かし易い」という点。多少絵柄が乱れた所で全然気になりませんから、戦闘シーンで作画が動く動く。

これも手描きアニメの最後のあだ花的な作品ですが、ドラマもしかりしているので、単なる「作画厨」向けの作品ではありません。さすがはボンズ。


第5位 『ドメスティックな彼女』

クリックすると元のサイズで表示します
『ドメスティックな彼女』より


小説家を志す真面目な男子高校生が、合コンのカラオケで知り合った行きずりの女子高生とSEXしてしまう。でも、その子は父親の再婚相手の娘だったのです。さらにあろう事か、彼がひそかに思いを寄せる女教師は、その子の姉だった・・・。一つ屋根の下で暮らし始めた彼らには、いったいどんな運命が待っているのか・・・。

一般紙のマンガは意外にSEXのハードルが高い。パンツを見て盛り上がり、キスで舞い上がり、ラッキースケベで胸を触ってドッキリしても、なかなかSEXまでの道は遠い。リアルな高校生は「SEXなんて普通」なんて子達が大勢居るご時世に、マンガの世界は意外にも真面目です。

そんな中で少年マガジンは「SEXありのの恋愛」を描く事を得意?とする雑誌ですが、いきなり主人公同士がSEXして始まる作品は前代未聞でしょう。(大人の小説では良くあるパターンですが)

一度SEXした仲だから、同じ屋根の下に住んでいても「大丈夫」。ちょっとやそっとの事は恥ずかしくありません。だから、異性として過剰に意識もしない。だって、彼は姉の方にぞっこんなのだから・・・。まあ、色々とツッコミ所はあるでしょうが、エッチだけれども意外に真面目な作品で、家内もニヤニヤして観ています。

ちなみにOPが出色の出来。


『ドメスティックな彼女』OP より

第六位 『約束のネバーランド』

クリックすると元のサイズで表示します
『約束のネバーランド』より


大好きな「ママ」と暮らす孤児院の子供達。12歳までに里子に貰われてゆく子供も多く、最年長の12歳は3人だけ。この3人、学力優秀で運動も出来る。

そんな孤児院には実は秘密があった。ある日、里子に貰われるコニーの忘れ物を届けに後を追ったエマとノーマンは、自分達が何の為に育てられているのかを知ってしまいます。そして、年長の3人は全員で脱走する事を決めます。ただ、誰かがママに密告している疑いが・・・

さすがは様々な漫画賞を取った作品だけありあます。サスペンスとして出色の出来。ハリウッド作品でも、ここまで良く出来たサスペンスはそんなに無いのでは。


第七位 『五等分の花嫁』

クリックすると元のサイズで表示します
『五等分の花嫁』より

ギャルゲー方式の気軽なラブコメですが、家内のお気に入りなので。どうも家内は「俺様」もののギャグ作品がお好きな様です。ちなみに私は家内の下僕。

今期のオアシス的作品なので私も楽しんでます。



第八位 『賭ケグルイ』第二期

クリックすると元のサイズで表示します

小林靖子の信者としては外せません。第二期、唐突に賭けのシーンから始まって、第一期のテンションに強引に引きずり込まれる視聴者。シリーズ構成って大事ですよね。



第八位 『revisions』


クリックすると元のサイズで表示します
『revisions』より

ランキングに入れようか微妙な作品ですが、一応、谷口悟朗作品なので紹介までに。『ガサラキ』や『コードギアス』などネトウヨ的な主張が見え隠れする谷口作品ですが、今回も「平和ボケ」に一撃を加える内容。


以上、気が早いとは思いますが、多分、シーズンが終わっても順位は変わらないでしょう。多分。


【追記】 電撃文庫25周年と名打たれた『とある魔術師の禁書目録』の第三期。長い間ファンが待望していましたが、やはりというか、残念な事にというかグダグダな内容。原作の情報量が多いので、シリーズ構成で少し整理する必要があるのでしょうが、ここが上手く無い。特にイギリス編は原作未読の視聴者には何が何だか分からない酷さ。(作画も非常に残念)

『とある・・』のアニメ版は、本編よりも長井龍雪(『とらドラ』や『あの花・・』の監督)が手掛けたサイドストーリーの『とある科学の超電磁砲』の方が評価が高いのですが、これは一つ一つのエピソードにじっくりと時間を掛けているから。むしろ少々冗長な感じがする位いですが、鎌池和馬の原作の情報量を正確に伝えるには、この位の尺が必用になるのでしょう。

SFというジャンルは元来情報量が多く、映像化に当たっては、セリフ以外で説明される部分を映像で表現する必要が有りますが、『とある・・』シリーズは各勢力間の関係も非常に複雑なので、アニメのテンポではどうしても未消化になり易い。

という訳で、アニメ三期が「訳分からん」ので、思わず電子書籍で「ポチっとな」しちゃいました。原作・・・面白いです!!

アニメ三期、無理に二期の続きをやらなくても「新約」版の11巻の「食蜂編」から始めれば新しいファンも獲得出来たのではと思うと残念です。
1

2019/4/2

新元号「令和」・・・初の国書からの採用  分類なし
 

■ 「令和」となった新元号 ■

新元号が発表された4月1日の午前中、私はミーティングの最中でしたが、発表時刻が近づくと、皆さん、携帯を取り出して机の下でチェックを始めました。テレビの無い我が家では、新元号発表というイベントに、あまり興味が在りませんでしたが、世間の関心は高い様です。

誰かが「オ、発表された。レイワだって」と言うと、「え、どんな字書くの?」との質問が。他の人がホワイトボードに「令和」と書いた瞬間に、女性数人から「コワ〜〜〜」との感想が漏れます。中のは「エイプリルフールのガセじゃない?」なんて声も。

「令」の字で皆同様に想像したのは「命令」「号令」「律令」と言った言葉だと思います。そして「昭和」の「和」の字。「和をもって貴しとなす」という聖徳太子の十七条の憲法を想起もさせますが・・・何となく「全体主義の昭和」をイメージさせるものが有ります。

「命令に従って国民が団結しろ」と言われている様で、「コワイ」と感じてしまったのでしょう。私も同様に感じました。

■ 万葉集から採用された「令和」 ■

官房長官や首相の記者会見で説明された様に、「令和」の原典は「万葉集」だそうです。

<引用開始>

新元号「令和」の引用元は、『万葉集』の「梅花(うめのはな)の歌」三十二首の序文だ。

天平二年正月十三日 萃于師老之宅、申宴会成、于時、初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香
(天平二年正月十三日 師の老の宅に萃まりて宴会を申く。時に初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす)

<引用終わり>


「令月」とは「めでたい月」といった意味です。「春のめでたい月に、気候も淑(よ)く、風も和(なご)やかで・・・」という感じです。

■ 日本会議が切望していた「国書」からの採用 ■

日本の元号は1400年程続いていますが、今までの出典は全て「漢書」からの引用でした。これは日本の元号が中国の制度を真似ている為です。今の感覚で言えば「カッコイイから英語のタイトルを付ける」みたいな感じ。

当時の中国大陸は世界の先進国でしたから、その制度を輸入する事で大和朝廷は「箔を付け」たかったのでしょう。

今回の元号改正にあたり、国書からの採用を切望していたのは日本会議だと言われています。安倍首相も「国書からの採用が望ましい」と事前に述べていたので、日本会議の影響があった事は間違い無いでしょう。

日本会議は神社本庁と一部の新興宗教の共同運営の団体ですが、自民党に強い影響力を持つロビー団体だと考えると分かり易い。一般的には「戦前の日本を理想とするアナクロ集団」だと思われていますが、私は宗教法人を隠れ蓑にした、マネーロンダリングの為のシステムだと妄想しています。宗教法人は納税の義務が有りませんので、お金の出入りは不透明です。ブラックマネーがお布施として納められ、それが政治家に流れても全く分かりません。

宗教法人が非課税なのはアメリカも同様で、友人のアメリカ人も、「あれはまマネーロンダリングの為のシステムだよ」と言っていました。世界、どこも同じなのでしょう。

日本会議に属する宗教法人は、ロビー活動の名目が必用ですから、「戦前の良き日本への回帰」という分かり易い看板を掲げていますが、既にそんなものは建前に過ぎず、実質的にはマネロンの甘い汁を吸う団体だと私は妄想しています。看板は派手な方が実体に目が向かなくなりますから。

日本会議周辺には「本当の日本に幻想を抱く知識人」が集まっていますが、彼らは勝手に集まって来ただけの存在でしょう。アナクロ主義の人はいつの時代にも居るものです。又は、そこにお金と権力の匂い嗅ぎ取ったか・・・。

安倍首相がどこまで「国書」からの採用に個人的に拘ったのかは不明ですが、日本会議にアピールする事は間違い有りません。

■ 皇室の伝統を軽んじる日本会議 ■

戦後、天皇の国事行為は憲法で禁じられていますから、元号は内閣が決定する事になっていますが、竹下内閣は皇室の伝統を重んじて「漢書」から出典を仰ぎました。「平成」の決定の過程には、皇室に関係の深い方が関わっていた可能性も高いと思います。

「日本の元号を中国の古典から採用する」皇室の伝統は、元々は「中国かぶれ」から始まっていますから、これを良しとしない日本会議の考え方も多少は理解出来ます。明治以降の日本を理想とし、中国を抑えてアジアの雄たる日本に回帰する事を望む日本会議としては、「漢書」からの採用は避けたい。

日本会議は「日本の伝統を重んじる」と言いながら、彼らの言う所の「日本の伝統」とは「明治以降の日本」であって、本当に日本の伝統に彼らの興味が向く事が有りません。確かに神道や天皇制に拘りを持ってはいますが、それは「明治フィルター」の掛かった伝統の解釈です。

陰謀論的には明治政府なんてロスチャイルドの傀儡政権に過ぎず、明治天皇の自出だって怪しいと噂されていますから、それを理想とする日本会議なんて、欧米権力の走狗となってしまいます。(陰謀脳の思考ですからご勘弁を)

■ 問題は「令和」の出典では無く、オママゴトの記者クラブと会見 ■

私個人としては、新元号な「漢書」から採用されようが、「国書」から採用がされようが、大して拘りは有りません。「安心」なんて元号にならなくて本当に良かったと胸を撫でおろしています。

しかし、新元号の発表記者会見には胸糞が悪くなりました。

発表は、官房長官も首相も原稿を読むものでした。(安倍首相は透明なスクリプトボードを上手に使っていましたし、相当、事前に練習した事が伺えます。この勤勉さだけは、いつも頭が下がります)

発表は、一種の「式典」ですから、原稿を読む事に問題は感じません。しかし、その後の記者からの質問が、産経新聞とフジテレビからのものしか無く、その返答も、官房長官も首相も原稿の朗読とはこれ如何に?!

記者クラブ制度自体が、政府の制作発表の場である、或いは政府のプロパガンダの場所である事は理解しています。しかし、日本のリーダーが自分の言葉で語れないというこの状態を国民は「問題」とは感じていないのでしょうか?

これでは、首相は「操り人形」も同然です。

かつて大平元首相は「あーーーーー、うーーーーー」と長い間を取って話す事を国民に笑われましたが、彼は相当に頭が良く「あーーーー、ウーーー」の間に常人など想像を付かない様な思考を高速で繰り返していたと言われています。だから、政敵であるハズの田中角栄の信頼も篤かった。

「日本の首相はバカにしかやらせない」と言ったのは,ジャパンハンドラーのマイケル・ジョナサン・グリーンですが、元号発表の記者会見を見て、暗澹たる気持ちになったのは、私だけでは無いでしょう。


「令和」、なかなか美しい響きで慣れれば「良い元号」となるかも知れません。しかし、一歩間違えると「暗い時代の象徴」となってしまう可能性も・・・。


グローバル化の時代、世界と日本は密接に繋がっていますが、「日本の古典から新元号を選ぶ」こと位しか日本の独自性が発揮できないのであれば、それに浮かれている人達は・・・〇〇なのでしょう。
10


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ