2019/5/29

ルノー とフィアット連合・・・ゴーン事件の真打登場  時事/金融危機


興味深い記事が一つ。

ルノーにフィアット(+クライスラー)が提携を持ちかけている件。

真面目な日本人が、ラテンにたかられている様に見えますが、
日産とイタ車って相性悪そう。

ラテン連合の発言権が増すと、日産と三菱が不利になる構図。

陰謀論的には邪魔なゴーンを外して、アメリカが割り込んで来た様にも見えます。
クライスラーにも分け前を寄越せと...。

日本の利益よりもアメリカの利益で動く特捜部が
あんなムリクリな捜査をする理由はやはり...。

久しぶりに陰謀脳が元気ななる一件です。



プレジデント  シンゾー、今回はスペシャルな土産を持って来たんだ

シンゾー    それは楽しみです。Mr.プレジデント

プレジデント  ルノーとの交渉では困っているそうじゃないか。
        そこで、我が国のクライスラーが手を貸そうって話さ。

シンゾー    味方してくれると・・・

プレジデント  そう、ウィン・ウィンの話だ。

シンゾー    ウィン・ウィンは良いですね。

プレジデント  これが今回の置き土産だ。世話になったからな。




シンザー    長官、プレジデントから良い土産話が有りました。

長官      具体的には何と?

シンゾー    さあ、ウィン・ウィンの話だっと思いますよ・・・。



秘書官     長官、大変ですFCAからルノーに提携の申し込みがあったそうです

長官      何だって、これが置き土産って訳か

秘書官     いかが致しますま?

長官      とにかくN社長に電話だ!!



長官      N社長、いったいどうなっているんだ。何も聞いていないぞ!!

N社長      私も寝耳に水でして・・・

長官      そでも実際にはどうなんだ?

N社長      我が社の議決権は1つしかありませんので、危機的かと・・・。

長官      こんな時にゴーンが居たら、アメリカを引き入れるなんて事は無かったのに

N社長     これは特捜に一杯食わされましたね・・・。

長官      やけにヤツラの動きが良いと思っていたが・・・

N社長      今後、どう動きましょうか・・

長官      シンゾーはアテにならんし・・・ここは私が自ら・・・。



シンゾー    Mr.プレジデント、長官にはウィン・ウィンとだけ伝えてあります。

プレジデント  それでイイ。後はヤツが尻尾を出すのを待つだけだ。

シンゾー    最近、長官は目障りなんですよ。どうも私の後を狙っているらしい

プレジデント  ヤツは信用ならんからな。これが本当にウィン・ウィンさ。

シンゾー    そう、ウィン・ウィンは良いです。




イケナイ・・・妄想が暴走した!!

ゴーン氏逮捕事件、初めから違和感が有りました。何故、特捜部が張り切っているのかイマイチ釈然としなかった。特捜部は基本的に日本の国益に為には動きません。アメリカの利益の為に働く組織です。それが、ゴーン逮捕でアメリカに何の利益が有るのか・・。


表面的には自動車業界の技術革新と再編に関わる大きなウネリの様に報道されていますが、電気自動車やハイブリットの分野で遅れが目立つクライスラーが生き残る為には、技術力の無いフィアットやルノーと提携してもシナジー効果は低い。

日産には電気自動車の実績が有りますから、これを手に入れる為には傘下に収めてしまうのが一番。マクローンは気に入らないヤツだが、今回は手を結ぼうというのがトランプ、或いは裏で糸を引く連中の思惑なんおでしょう。


しかし、原油価格が安定している現在、無理にEV化を推進する理由は何か・・・それは原油価格将来的に高騰するから・・。


イラン、パレスチナときな臭くなっていますが、準備というか「建前」はほぼ整った。後は金融緩和バブルを弾けさせて、ドサクサ紛れで中東大紛争を引き起こすだけ。これでドルは安泰だ。



ところで安倍首相、イランへはどんなお遣いで行くのでしょう。「プレジデントが阿吽の呼吸でヨロシクと言っていました」なんて伝言を伝えに行くとも思えず・・・。




おっとイケナイ、風邪で熱っぽいので妄想が止まらない・・・。
6

2019/5/29

久しぶりに風邪を引いた  分類なし


ブログのアップが滞っていますが、
こういう時は大体、自転車を改造している時です。

コンパクトクランクをNIELPRYDEに載せ替えてしまったので
bassoにノーマルクランクを乗せ替えようとしましたが、
よく考えなくても、チェーンの長さが足りないハズ。

そこで人生初のセミコンパクトのチェーンリングを試してみる事に。
ヤフオクで52-36tの程度の良い物をゲット。
4アームクランクなので、クランクは共用出来ます。

ところが、ノーマルチェーンリングを外そうとして
トルクスのネジ山をナメてしまいました。

そこでアマゾンで逆ネジを切ってネジを外すキットを注文して
どうにかこうにか、ロックボルトを外します。

フロントギアーの直径が変わるので、
フロントディレーラーの位置を調整しますが、
ワイヤーの長さが足りません。

そこでワイヤーを交換しようとしたら...
ワイヤーと一緒に内装ワイヤーのガイドチューブも外れてしまった。
これ、万事休すデス!

BBを外して、隙間から指を突っ込んで
指先の感覚を頼りにワイヤーの先端を
直径2mm程度のフレームの穴に導きます。
1時間程格闘した後に、奇跡的に成功。

私思うんです。
ワイヤー内装って殆ど無意味じゃないかと。
空気抵抗なんて知れたものだし、
点検や交換や調整も外装の方が圧倒的に有利。

focusのizalcoの最上位機種は未だに外装を採用していますが
これは全くもって正しい判断です。
同様にBBはネジ切りのBBが正義。
圧入BBってチョット斜めに入るとクランクがスムーズに回りません。

そんなこんなで、真夏の気温となった日曜日に試走します。
セミコンパクト、違いが分かりません。
私、鈍感なのでクランク長やQファクターの違いに無頓着。

ただ、フロントインナーの時のチェーンテンションが
コンパクトクランクに比べて高い事は好感です。

因みに浦安から蘇我までメーター読みのAVが31km/hでしたが、
コレは明らかに踏みすぎ。
セミコンパクトの恩恵では有りません。
その証拠に上総牛久で完全に足が終わってました。

その後は、足が攣りまくるので、
騙し騙し、養老渓谷から麻綿原を抜けて安房小湊へ。
ここで暑さに負けて電車で浦安に戻ります。

翌日は全身筋肉痛で....首や肩まで痛い始末。
しかし、この痛み、どうやら夏風邪だったみたいで
鼻は出るは、熱っぽくなるは、喉は痛いわ...


軽い熱中症で免疫が低下したのでしょう。
そういえば、先週から鼻がムズムズしてた気がします。

本来ならば鼻水程度の風邪だったのでしょうが、
無理をしたのがいけなかったのでしょう。

と言うわけでで、ブログ更新の気合が入らず
スマホからダラダラと入力しています。

まあ、経済も市場も目新しい事件は無いし、
トランプ来日ったって興味無いし。
大体、トランペット(トランプのペット)のヘツラウ姿だけで、
気分が暗くなるし....。

アニメもワンパンマンしか観てないし...。


仕方がないので禁書目録の新約を読破中。
コレ、面白いのか、面白くないのかよく分かりません。

西尾維新の化物語シリーズと一緒で
語り口を巻毎に変える実験小説ですが、
それが成り立つのはライトノベルと言う
キャラクター小説だからで、
現代小説としてのレベルはそれ程高い訳では有りません。

SFとしてもネタ切れですね。
でもツイツイ読んでしまうのは、
やはり他のラノベよりはSFとしての出来が良いから。

風邪が治るまでは、大人しく禁書目録読んで過ごします。
0

2019/5/24

まだまだ高い  時事/金融危機


日米ともに株価はまだまだ高い。

緩和マネーで膨らむ前の水準を記憶している人は少ないと思いますが、

膨らんだものはやがては萎み、実体経済の規模に整合する。

ただ、それは先の話で、行き先を失ったマネーはホトボリが冷めた頃に戻って来る。



こんな事を何度も繰り返しながら、突然椅子取りゲームが終わってしまう。
11

2019/5/16

「落ちるナイフを掴むな」  時事/金融危機


日本株の動きとダウの相関が乱れていますね。

「落ちるナイフを掴むと怪我をする」

リーマンショック後やバーナンキショック時に見られた相場。
10

2019/5/14

低成長率を維持する為の消費税増税  時事/金融危機
 

■ MMTって「金融抑圧」だよね ■

MMT(モダン・マネタリー・セオリー)を巡る議論が活発化しています。

異次元緩和でも国債金利の上昇が起きなかった事で、真面目な経済学者が、周回遅れでネトウヨ言論をトレースしているイメージが有りますが、ネトウヨが「美味しい所取り」で、その本質を理解していない事に対して、流石に経済学者達は、この制作が「金融抑圧」の手段として国民から政府への所得移転である事には自覚的です。

1) 日銀は政府の子会社だから、政府の負債としての国債と日銀の資産としての国債は相殺される
2) 日銀の受け取る国債の利息は、国庫に返納されるので金利負担も事実上ゼロ
3) 満期の国債を日銀がロールオーバーすれば事実上の無限国債

ここまでが「美味しい」ところ。

4) MMTが成立する為には「国債金利<名目成長率」である必要がある

これ、実は上限金利を決めて政府債務を圧縮する「金融抑圧」という政策と同じなんです。


■ 「隠れ税金」としての「金融抑圧=インフレ税」 ■

第二次世界大戦で債務が膨らんだ各国政府は、債務の圧縮手段として、成長率よりも低い上限金利を設定します。

1) 戦後の復興でインフレ率(成長率)は上昇
2) 税収もインフレに応じて拡大
3) 上限金利をインフレ率よりも低く設定

4) インフレによる税収の増加に比べ、低金利国債の金利負担額は低く抑えられる
5) 中長期的に財政赤字はGDPに比べて縮小する

6) 金融抑圧の間、預金者はインフレ率に見合う金利が得られない
7) 預金者の資産は金融抑圧の期間中、実質的に減少する

8) インフレ率よりも低い預金金利によって預金者の利益は減り、政府の債務は圧縮される
9) これを「(マイルドな)インフレ税」と呼ぶ

第二次世界大戦後、アメリカもイギリスも上限金利を低く設定して債務を圧縮します。アメリカの成長率は高かったので10年掛かりませんでしたが、成長率の低かったイギリスでは15年以上掛けて、徐々に債務の圧縮を達成します。」

この間、国民はインフレ率の上昇に見合う金利を得られませんでしが、経済成長に伴う所得の増加が、これを見え難くしていました。特にアメリカは戦後の好景気の恩恵を強く受けています。

一方、イギリスを始めヨーロッパ諸国は戦争で生産設備が破壊されるなど、経済活動も低調でしたから、金利上昇も緩やかで、不景気の中で国民はインフレ税を払う事になります。これは現在のMMTの状況に似ています。

■ 「マイルドなインフレ税」と「急激なインフレ税」 ■

アメリカやイギリスの戦後の「インフレ税」はマイルドに進行しましたが、日本ではインフレ率が高かったので「インフレ税」は急激に進行しました。

10) 戦後日本では統制経済の崩壊により急激なインフレが発生する
11) 預金封鎖と新円切り替えによって事実上の預金の凍結を行う
12) 預金が引き出せない間にも急激なインフレが進行し、預金の価値が失われる
13) これも「インフレ税」である


一方、歴史を振り返れば、「インフレ税」は国家債務を解消する常套手段でもありました。


14) 過去に政府通貨の過剰発行(政府債務の急拡大)による通貨の信用消失は何度も起きている
15) 通貨の価値が失われる時、極端なインフレが発生して政府債務が消失する
16) これが典型的な「インフレ税」


これに近い「国家の借金チャラ」作戦は、新興国や途上国では現在も日常茶飯事です。例えばブラジルやアルゼンチン、ソ連崩壊後のロシアがこれに当たります。

1) 国内経済の混乱で為替市場で通貨が暴落
2) 国債のデフォルト危機でさらに通貨が売られる
3) 通貨安によるコストプッシュインフレが加速する
4) 通貨防衛で金利を上げるが、インフレ率ははるかにこれを上回る
5) 混乱が収束すると・・・あら不思議、国家債務が圧縮されている・・(借金チャラ)


■ ゼロ金利・マイナス金利を維持する為に必要な金融危機 ■

封建主義の終了によって、国家や政府は一方的に国民から搾取する存在では無くなります。様々な福祉やインフラ整備によって、国家や政府は国民の利益を追求する様になります。

民主主義においては納税者である国民は、国家に対して相応の対価を要求しますが、それは往々にして国家に財政の負担限界を超えてしまいます。結果的に国家は財政赤字を膨らめ続ける事になります。

経済成長率が高い時期には、国家債務の拡大よりも税収の増加や、インフレ率の増加によって国家債務の拡大は緩やかです。しかし、成長率が下がると、国家債務は加速度的に膨らみ始めます。

ここで、社会福祉費を切り詰めたり、インフラ整備の予算を圧縮する緊縮財政を進めると、国民の不満を煽る事になります。民主主義において、政権を維持する為には債務の拡大を止める事が出来ません。ここで、金利が上昇すると財政の維持が難しくなります。

そこで、頭の良い誰かが考えました・・・金利を抑制すれば良い・・。

現代において「露骨な金融抑圧」はタブーですから、金利が低下するイベントを発生さえる事が望ましい。そうだ、バブルを作って崩壊させればイイ!!

そうすれば、中央銀行が国債を大量に買う事も、通貨を大量に発行する事も容認される・・・。

こうして、1980年代以降、幾度と無くバブルが作られ崩壊していったとさ・・・。


とまあ、頭のネジの緩んだ陰謀脳は妄想してしまう訳です。


■ 消費税増税で成長率を抑制すれば国債金利をゼロ以下に抑えられる ■

現代版金融抑圧(MMT)のトップランナーの日銀と財務省はさらに賢い。

既に日本の財政赤字はGDPの200%を超えていますから、国債金利がプラスでは、いつかは財政が破綻します。そこで、偉い人達は考えました・・・・。

消費税増税で適度に消費を冷却すれば、税収も増えるし、成長率も低いまま維持出来る。マイナス金利なら財政も若干なら拡大出来るから、政府支出によって名目GDPを金利より高く維持してMMTを長期化する事も可能だ!!


真面目な経済学者が読んだら激怒しそうですが・・・陰謀脳の戯言ですから・・・。


あ!私は日銀と財務省を尊敬していますよ。金融抑圧って資産を沢山持っている人の負担が大きいので、「ステルスな所得移転」としては有効な手段だと思います。アメリカの共和党支持者は、所得移転に敏感ですから、バブル崩壊の様なイベントでも無い限り、中央銀行の国債の大量買入れなど認めませんが、日本人は全体の利益を優先するので、多少のモラルハザードは「結果的に皆の為になる」ならば問題としません。


但し、日本だけ「まったり」と「よろしく」やっていると、海の外から破壊的イベントがやって来て、それを台無しにしてしまう・・・。そんな不安に駆られる今日この頃です。
15


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ