2019/8/2

当然過ぎる相場...FRBが守勢に回る時  時事/金融危機
株式、コモディティーなどが大きく下落する展開。FRBの0.25%の利下げを受けての利確売りですが、オネダリ相場の主導権を市場が握っています。

「利下げしないと売っちゃうぞーー」って揺すって、利下げ予測を好感して買い上がり、利下げのタイミングで利確。

危険なのはFRBが利下げ予測を裏切って金利を据え置くケース。利確売りが失望売りに変わって、ガツンと値を下げるこれが分かっているから、主導権は市場が握った状態になる。

ところが、バブル崩壊の前例を見ると、中央銀行がタイミングを逸した利上げをしたケースが多い。FRBが「景気は下げ止まった」と発表して利下げを止めると、利上げ同様の効果があるかも知れません。

結局、爆弾のスイッチは、やはりFRBの手中。
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ