2019/9/25

富裕層から資産を現金化している....逃げ遅れるのは誰?  時事/金融危機
 

■ 富裕層の現金化 ■

FRBの利下げ発表で利確売りで下がる市場。まあ、皆さん予想の範疇ですから慌てる事も無いと思います。

それよりも気になるのが、富裕層が資産を現金化しているという記事。これ、海外の富裕層の話です。

確実に収益を上げなくてはいけない機関投資家やファンドマネージャーと違い、富裕層はリスクが高まっていると判断したら、ひとまず現金化して様子を見る余裕が有ります。

FRBの利下げは短期的には好材料ですが、リセッション入りの懸念や、市場の期待を裏切ってFRBが金利を据え置くリスクが新たに加わったと考える事も出来ます。

■ 円高の原因は利下げだけでは無い ■

今年に入ってから円高気味に推移する円相場。コレが国内株価の重石になっていますが、円高の原因としてFRBの利下げによる円キャリートレードの巻き戻しも指摘されています。

それだけで無く、日米金利差の縮小は日本国内からの米国債投資などのインセンティブを低下させます。「そろそろ...」と慎重になる国内投資家も多い中で、ドルの上値は重く、海外勢の日本売りが増え続けます。

この様な動きんp総体として為替市場の円高基調が生まれます。

■ 米中関係は値動きの切っ掛けに過ぎない ■

米中貿易摩擦を株価の懸念材料に挙げるアナリストも多いのですが、それは単に値動きの材料であって原因では無い。市場の関心事はFRBがどこまでも、或いは、いつまで利下げをするかで有り、市場とFRBの腹の探り合いが暫く続きます。

その間にもリスクの影は確実に深まってゆき、何処かの時点で弱い所から崩壊が始まります。

8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ