2020/2/18

クルーズ船の下船後....隔離期間は無いので?  新型コロナウイルス
 
クルーズ船乗客の下船が始まる様ですが「14日間の隔離期間が終了したので、陰性の方はすみやかに自宅まで帰れる様に検討したい」って、厚労省さん気でも狂いましたか?


クルーズ船の感染拡大はリアルタイムで進行していた訳で、「下船=隔離開始」が当然では無いのか?現にアメリカはクルーズ船の乗客は帰国後に軍の施設で14日間、経過観察となります。

この施設も日本の様にホテルや集中型の空調設備がある建物では、空調を通した感染の危険性がある為、戸建ての施設にバラバラに収容されるのが諸外国の「経過観察=隔離」。

果たして、クルーズ船の乗客がそのまま帰宅するのならば、厚労省は「船内隔離は正当で成功」と自己正当化する為に、大きなリスクを冒す事になります。多分、世界中がこのニュースに呆れるはず。

もし仮に、下船者の隔離を厚労省が実施しないのであれば、そしてその原因が政治判断では無く、「無謬主義」とういう官僚機構独特の悪癖によるものならば、これこそが日本の危機と言えるのかも知れません。

ウイルス自体は、健康な方の脅威となる様なものではありませんが、感染対策の訓練としては良い機会ですので、皆さんも「有事」を想定して対策されると良いのでは。例えば、このまま感染が蔓延した場合、初動に失敗した日本、特に東京が武漢の様な医療マヒの状態に陥る可能性も在ります。外出が規制された時の備蓄食料は十分確保されていますか?


結果的に大した毒性の無い無いウイルスであっても、指定感染症にされている以上、感染すれば日常生活を制約されますし、感染が深刻化すれば社会生活が制限されます。

「最悪を想定して、気楽に対応する」というのが正しい対処方法では無いでしょうか。
7


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ