2020/2/26

一気にアウトブレイクさせた方が終息が早い...オリンピックへの秘策  新型コロナウイルス
 

■ ウイルス感染は一気に広がった方が終息が早い ■

オリンピックを控えて、感染の実態を隠蔽する事に必死な安倍政権。幸い、感染しても殆どの人が軽症の「チンケな毒性」のウイルスなので、蔓延しても明らかな発症者は少ない。

そこで更なる秘策は「感染症は一気にアウトブレイクさせた方が終息が早い」作戦。

これ、戦争の総力戦とゲリラ戦に似ています。多くの感染が一気に発生すれば短期的には患者も重症者も増えますが、感染者が増える事で多くの人が抗体を獲得します。

一方、封じ込めを徹底すると感染者の総数は抑えられますが、抗体獲得者は少数なので、長期間に渡って感染者が散発的に発生します。ゲリラ戦が泥沼化する事に似ています。

■ 弱毒ウイルスと判断したらアウトブレイクさせた方が良いかも ■

一気の感染爆発で社会と医療機関が麻痺して犠牲者は増えますが、終息が早まればオリンピックへの影響は避けられます。「チンケな毒性のウイルス」だと気づいた切れ物が、安倍首相にこう耳打ちしたかも知れません。

「首相、幸い毒性は低いウイルスなので検査しなければ感染者数は誤魔化せます。アウトブレークさせて終息を早めましょう。そうすれば5月にはIOCを説得出来るでしょう。何、心配は要りませんよ。犠牲者は高齢者が中心ですから、高齢化対策にも有効です。」

新型コロナウイルス対策では厚労省の信じがたいミスが続いていますが、これはアウトブレイクを狙う厚労省の意図的なミスかも知れません。

ついでに安倍政権も葬り去って、官僚政治の復権を狙う真の目的を秘めているのかも知れません。


「次は田中がクルーズ船に行ってこい!いいか、マスクは緩めに装着しろよ。当日は手洗いも控えて、帰りは人混みの多い経路を選ぶんだぞ!!」


.....官僚達の捨て身の反抗作戦が始まったのかも知れません。国民の犠牲覚悟で...。


おっと、昼間から夢を見てしまった...。
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ