2020/11/24

世界は裏では繋がっている・・・コレラの茶番が暴くもの  時事/金融危機


■ 陰謀は中学生の女子の3人組にも存在する ■

陰謀論者の多くは「アメリカ VS 米中」や「軍産複合 VS 隠れ多極主義」などという対立構造で世界を語る事を好みます。

一方で私は「世界は裏でズブズブに繋がっている」と妄想しています。先日のコメント欄に「陰謀など存在しない」的な書き込みを頂きましたが、「人が3人集まれば陰謀が生まれる」というのが私の持論です。

利益は誰かの犠牲の上に生まれるのですから、「結託」によって利益が拡大するならば、人は誰かを排除して簡単に結託する。

まして、ある程度の権力や財力を持った存在ならば、対立よりも結託した方が確実に利益を独占出来ます。世界にその様な勢力が有る事は、中学生の女子の3人組を観察していれば想像に難くない。


■ コロナの茶番から透けて見える世界 ■

新型コロナウイルス騒動は、世界が茶番で出来ている事を証明しています。

コロナ禍は完全に世界の経済破壊を狙って仕掛けられた茶番ですが、これにアメリカもロシアも中国も同調しています。

仮にアメリカが仕掛けた茶番ならば、ロシアや中国は、その茶番を暴いてアメリカや旧西側諸国の鼻を明かしてやれば良いだけです。しかし、中国もロシアも完全に茶番を演じる側の一員です。これは、世界が裏ではズブズブの関係である事を示しています。

新型コロナはグレートリセットの導火線ですが、金融緩和バブルの崩壊によって、やがて世界の金融システムや通貨システム、そして第二次世界大戦以来のアメリカの単独覇権が崩れ去ります。

この茶番に中露が同調するメリットは十分に有ります。


■ アメリカは連邦制で、各州の独立性は元々高い ■

米ドルや米国債の信用が失われた場合、債務を連邦政府に押し付けて、アメリカの諸州は連邦から独立する可能性は低くは無いと私は妄想しています。、いくつかの州が集まって「新連邦」を作る。その分断の仕掛がトランプだった。

カリフォルニアやその周辺諸州がいくつか集まるだけで、世界有数の経済力を持つ国家となります。通貨は「カリフォルニア・ロール」なんて名前だったら最高に愉快だ。

アメリカ合衆国が誕生する再に、諸州はミニ国家の様な存在でしたので、その独立性を保つ様に憲法を定めています。大統領選一つ取っても、各州でルールがバラバラなのはその為です。

アメリカ合衆国はドルと米国債という「借金」で成り立っていますが、合衆国の消滅で、その債務は消えてしまう。一方、アメリカの諸州の財政は健全です。州法によってEU諸国の様に赤字が厳しく制限されています。財政が赤字になりそうになると公共サービスを停止しても財政の健全性を守ろうとする。ゴミに収集が無くなったり、警察署が縮小になったり、舗装道路が砂利道になったりします。連邦から独立すれば、各州の財政は健全です。


■ ドルのリスクは世界が負っている ■

アメリカは紙切の借用書を世界に輸出して覇権を謳歌して来ました。ドルと米国債です。ドルと米国債のデフォルト・リスクは、その保有者が負っています。ドル建て資産もこれに準じるでしょう。

世界はあまりに多くの「空手形」がバラまかれてしまいましたがから、近々この手形は不渡りになる。それが「グレート・リセット」の始まり。


そんな未来を、アメリカも中国もロシアも共有している・・・。新型コロナの茶番劇から何を妄想するのかは人それぞれですが、私はロマンティックな陰謀を妄想して止みません。

11

2020/11/24

今さら「桜」・・・されどサクラ  時事/金融危機
 
■ 東京地検特捜部が安倍首相の第一秘書を聴取 ■

読売新聞がスクープ報道した、安倍元首相の公設第一秘書を東京地検特捜部が聴取したという報道、NHKが追加報道をしてお墨付きとなりました。

陰謀論的には、「菅 - 二階ライン」が安倍元首相の影響力を排除する為に特捜部を動かしたと見る人が多いと思いますが、人力的には東京地検特捜部はC〇Aの下部組織だと妄想しているので、アメリカ絡みの「恫喝事件」だと疑っています。

■ アメリカの民主党政権に相手にされていなかった安倍元首相 ■

オバマ政権発足当時、安倍首相はオバマ大統領から無視され続けた。日米首脳会談も開催されず、サミットの廊下で立ち話程度しか許されなかった。(イスラエルのネタニヤフ首相も同様の仕打ちを受けていましたが)

安倍政権がオバマ政権に相手にされる様になったのはTPPの協議に積極的になった頃からです。安倍政権は政権発足当時、支持率維持の為にTPP参加に消極的でしたから、アメリカに睨まれていた可能性が有る。アメリカメディアも安倍首相に批判的で、戦前体制復活を願う復古主義者と紹介していました。

第一次安倍政権は「戦後レジュームからの脱却」を標榜して、アメリカと対等の関係を模索しましたが、結局北朝鮮問題でアメリカから梯子を外され政権を放棄します。アメリカは第二次安倍政権でも、政権発足当時、安倍首相をあまり信用していなかった様に思えます。

安倍政権が外交でアメリカとの関係が強い外務省を排除して、官邸主導で外交を行った事も、アメリカとの関係性に影響を与えた可能性が有ります。第二次安倍政権は北方領土返還を目的としてロシアとも関係改善に努めていましたが、これはアメリカの神経を逆なでします。

この様に第二次安倍政権発足当初はアメリカと距離がありましたが、その後、安倍政権は手の平を返した様に対米従属を強めた。その原因は、森友事件や加計事件で、アメリカの「恫喝」だったと私は妄想しています。

トランンプ政権が発足したと同時に、安倍元首相は世界の首脳としてはトップにトランプと会見を行い、トランプの様々な要求に応えました。オバマ政権の二の舞を恐れた安倍政権は、トランプに恭順の意思を最初に示しました。ただ、これもトランプがモリカケ問題などで安倍政権に最初から圧力を掛けていた可能性は高い。「C〇Aが握っている情報をバラサレたく無かったらオレに従え」とトランプならば最初に釘を刺すに違いない。安倍元首相はアメリカで「トランペット(トランプのペット)」と揶揄される程、トランプに擦り寄った。

これが、アメリカの民主党には面白くなかったのでしょう。アメリカで政権移譲の手続きが始められ様とするこのタイミングで、安倍元首相の「桜を見る会」のスキャンダル報道が飛び出して来た。

■ 多分、見せしめに使われるのだろう ■

「何故今頃になって・・・」という疑問に答えられるのは「韓国の歴代大統領経験者者のその後」だけだと思います。皆さん、罪に問われている。これ、韓国が途上国並だという話では無く、日本同様にアメリカの支配下である韓国では、新しい大統領に対する見せしめとして、前職の大統領が訴追されていたと私は妄想します。

今回の件も、「菅首相に対しての脅し」だと私は妄想しています。アメリカの傀儡である清話会(旧福田派)の政治家が特捜部の捜査を受ける事は異例なのですが、昨今の世界はタガが外れてしまっていますから、何が起きても不思議では有りません。

ところで、アメリカは日本に何を要求しているのか・・・。多分、GPIFやゆうちょ銀行のマネーを米市場や米国債から引き揚げるなという脅しでしょう。(根拠は皆無)

・・・いつもながらの妄想に過ぎませんが・・・。
8

2020/11/24

『鬼滅の刃』聖地巡礼・・・雲取山トレラン  自転車/マラソン
 

色々皆さまからコメントを頂いておりましたが、

記事の仕込みに忙しく、返信が出来ませんでした。






■ 『鬼滅の刃』の聖地は雲取山だった ■

クリックすると元のサイズで表示します

大ブームの『鬼滅の刃』

実は炭治郎と禰津子の兄妹の故郷は「雲取山」だった。(公式)

確かに鴨沢登山口の入り口に、見た事のある柄の幟が立っていました。

クリックすると元のサイズで表示します



そんな事とはつゆ知らず、秋から雲取山に通い続けている私。

今回の目的は「極上トレイルで雲取山を目指す」



先日の紅葉登山の帰路で歩いた「石尾根縦走路」、

トレランランナーの間では「極上トレイル」として有名です。

1000mを超える標高で、走り易い尾根筋のトレイルが続いています。

防火帯で尾根筋の木が切られているので、長めも最高。



ただ、奥多摩駅から雲取山頂までは片道21Km、

石尾根縦走路には鷹ノ巣山や七ツ石山など1700mを超えるピークが続き

急登、急降下を繰り返すタフなコース。

往復すると42Km、フルマラソンと同じ距離となります。



日照時間の短いこの時期に山頂を往復できるのは

相当速いランナーだけでしょう。

特に浦安からだと、始発に乗っても奥多摩駅到着が8時半頃になってしまう。



そこで、今回は石尾根縦走路から雲取山頂、そして鴨沢に降りる

30Kmのコースを引いてみました。



はたして、平地ランニングもままならない55歳のオヤジが

無事に走り切る事は出来るのか・・・

動画でお楽しみ下さい。





ちなみに、走ったコースはこんな感じ


クリックすると元のサイズで表示します

4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ