2021/1/5

コロナワクチンは2%の人で高熱が出る・・・一過性だけどヤダな・・  新型コロナウイルス
 

■ 2.3%の人に何等かの健康的影響の出るワクチン ■


クリックすると元のサイズで表示します

上の表はCDCが発表した、アメリカのワクチン接種状況と、何等かの健康的な影響が出た人の人数です。

「健康的影響」とは「通常の日常生活を送ることができない、働くことができない、医師または医療専門家によるケアが必要」と欄外に書かれています。12月18日の発表ですが19日の発表では5000人となっており、2.3%の人に健康的影響が出たと報じられています。

「治験の段階で2%の人が39度程度の高熱を出した」という報道を見かけたので、「健康的影響」の多くが「高熱」だと思われます。熱が下がれば日常生活に復帰出来ますから、一過性の副反応でしょう。

ワクチン接種後に高熱が出たり、接種部位の腫れや痛みが出るのは他のワクチンでも起こるので、コロナワクチンが特に危険と言う事は有りませんが・・・一時的にせよ日常生活が出来なくなる程の症状(多分発熱)は御免被りたい。

満員電車に乗って、知らず知らずの内に新型コロナウイスるが体内に入り、気付かぬうちに細胞免疫を獲得する方が良い。


■ 慌てて接種する必要は無い ■

実はファイザーのワクチンもモデルなのワクチンも日本人の治験人数は極めて少なく、厚労省はアメリカでの治験の結果を元に、ワクチンの承認を決定する予定です。治験結果は未だ厚労省に提出されていません。

政府は2月末からワクチン接種を開始したいと発表していますが、厚労省は安全性の不確かなワクチンをなるべく国民に接種させたく無い。そこで他国の接種が有る程度進んで副反応の情報が有る程度蓄積されるのを待っているのでしょう。(新型インフル時もワクチンは大半が破棄)

日本人にとって新型コロナウイルスは「チンケな毒性」しか持たないので、欧米諸国の様に慌ててワクチンを承認せずとも、死者も重症者も大して増えません。

国内のワクチン接種は医療関係者と高齢者から始まります。新型コロナのリスクが大きい高齢者
は接種のメリットが在りますが、ウィルスに触れても感染し難い若い医療従事者は、ワクチン接種のリスクがメリットに見合いません。お気の毒・・・としか言いようが無い。

短期的には、極まれにアナフラキシーショックが起きるか、2%の人で高熱が出る程度ですが、長期的影響は現在は全く分かりません。菅首相が「私も打ちます」と人柱宣言をされていたので、国民の為に立派な人柱になって頂きたい。

■ ワクチンの効果は3〜6カ月程度でしょう ■

治験の結果90%の人で効果が認められたとされるファイザーやモデルナのワクチンですが、効果の持続時間は、インフルエンザワクチン相当とするならば3〜6カ月でしょう。ファイザーは2か月、モデルなは14日まで確認されたと発表していますが、これは2回目接種からの経過時間で、実際にはもっと長いハズです。

いずれにしてもワクチンの効果が消えてしまう場合、来年からはインフルエンザワクチン同様に、毎年、冬の到来の時期にワクチンを2度接種する事が恒例化するかも知れません。

製薬会社にとっては、効果が消えてしまうワクチンはドル箱です。

■ 自主隔離していなかった人にとっては既に「単なる風邪」になっている ■

新型コロナウイルスは風邪コロナと同類ですから、変異も速く、感染によって獲得した抗体の有効期限も限定的でしょう。しかし、交差免疫の影響で、重症化リスクは低くなります。

要は、今流行している新型コロナは、一般の人には既に「普通の風邪」と同じリスクでしか有りません。日本人の多くは、昨年の1月〜3月で多くの人が一度ウイルスに触れていますから。満員電車の中やオフィスで。その時期、空咳が続く風邪が流行っていました。インフルの検査に行っても陰性と診断されて、皆さん咳き込みながらもオフィスに出ていました。

■ PCR検査を増やせば増やす程、陽性者は増える ■

「感染者が1日で1000人」などと報じていますが、正しくは「PCR陽性者」であって感染者では有りません。報道は意図的に「感染者」と報じています。これにクレームを付けない医療関係者は「モグリ」です。

PCR陽性と言っても本当に新型コロナウイルスの陽性者かどうかは分かりません。風邪コロナを拾っている可能性も有りますし、既に免疫に駆逐されたウイルスの残骸を拾っている場合も有ります。

さらにタンザニアの大統領の実験では、果物の汁や、ウズラの卵でもPCRが陽性となったそうです。

■ 無症状者からは感染しない ■

ネイチャー誌に掲載された論文によると、武漢では1000万人のPCR検査を行い、無発症者から感染が広がるか調査したらしい。結果は無症状者からの感染は0%だった。当然です、体内でウイルスが増殖していないのですから、無症状者はウイルスを排出しない。


■ またしてもお前か!小池知事 ■

小池知事らの恫喝に菅首相もとうとう折れて、緊急事態宣言が出される事になりそうです。ここら辺のやり取りは感染に政治的な人気取りで、都民や国民は不在です。

確かに医療現場はひっ迫していますが、それは民間の病院がコロナ患者を受け入れないから。当然です。院内感染を起こせば病院の経営が傾くのですから。

東京では感染病床の20%以下しかコロナ患者を受け入れていません。新型コロナウイルスがインフル相当の5類に格下げになっても、病院側のリスクは減りません。院内感染が起きれば、マスコミに取り上げられて経営が傾く。

小池都知事はその様な事情を全て知りながら、国に責任を転嫁して、自分は「国に緊急事態宣言を出させた」という評価を得ます。全く、シタタカなタヌキです。菅首相もタヌキなので、今後、化かし合いが楽しみです。
13


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ