2021/6/29

メディアはレベルの低い煽りを止めろ・・・デマを振りまくメディア  新型コロナウイルス
 

クリックすると元のサイズで表示します
TBSミュースより(一部データ追加)

■ デマを拡散しているのは誰だ? ■

河野ワクチン担当大臣が自身のホームページで、「ワクチン・デマ」のレッテル貼りに必死です。まあ、細かい反論は多くの方が指摘しているので割愛しますが、河野太郎・・・「貧乏くじ」を引かされた自覚はあるのかな?(まあ、上手くやれば首相にしてやるって言われて、やる気出してるのでしょう)


ところで、ワクチン・デマならぬ「コロナ怖い怖いデマ」は毎日お茶の間にお届け中です。

上のグラフはTBSのニュースの「アルファ株」と「デルタ株」の感染率推移のグラフです。このグラフ自体は間違えではありません。現在優勢のイギリス由来のアルファ株が減る一方で、インド由来のデルタ株が支配的になります。

しかし、このグラフの縦軸は「率」です。要は、「その時流行しているコロナの中でも割合」を示しているだけ。

これに私が勝手に「感染者数」のグラフを重ねていました。(縦軸のレンジは適当)

新型コロナは風邪のウイルスの一種ですから、6月以降、暖かくなると感染者が減ります。昨年もそうでした。

TBSニュースの感染率のグラフだけを見ると、これから夏に掛けてデルタ株の大流行が起る様に錯覚されますが、実は感染者数は減る・・・。


まあ、こんな感じで、「ワクチンデマを垂れ流すな」と言うTV局が、自覚的か、無自覚かは分かりませんが、「コロナ怖い怖いデマ」を垂れ流しています。


まあ、悪いのは、この程度のトリックに引っ掛かる視聴者なんだけどね。


<追記>

つい先日まで、「ワクチン接種ゴリ押し」を止めたかに見えたメディアですが、再び「ワクチン押し」を再開しています。上からお叱りを受けましたかね・・・。

私としては、新型コロナウイルスも、ワクチンも標的が高齢者ならば、世界的に問題となっている少子高齢化対策としては、なかなか良く出来ていると評価もするのですが、若年層にワクチン接種となると疑問が無い訳では無い。まあ、不妊になる確率が10%程度なら、人工抑制の手段としては人道的とも言えなくは無いのですが・・・。医療関係者の娘も接種せざるを得なかったので、孫の顔が見れなくなったら・・・呪うぞ・・・・世界の経営者。

11

2021/6/29

「ワクチン死」は存在しない・・・超過死亡で分かるハズ  新型コロナウイルス
 
多忙が続いていて、コメントの返信が滞っております。申し訳ありません。


■ 元々の病気が偶々悪化しただけ ■

アメリカのワクチン接種後の死者は6000人を越えましたが、「アメリカのワクチンによる死者」は0人です。

これをして、ワクチン推進派は、「ワクチンを接種した後に偶々別の原因で死亡する人をカウントしているだけ」だと主張します。

確かに90歳を過ぎている方や、ガンの治療で免疫が下がっている方、基礎疾患が悪化している方などが「ハイリスク」とされて優先接種の対象となっているので、ワクチン以外の原因で亡くなった方も少なからず含まれます。

日本の厚労省のホームぺ―ジのワクチン接種後に亡くなられた方の評価を読むと・・


・元々子宮筋腫があり、血栓の原因となり得る
・脳に石灰化が見られた
・基礎疾患が悪化していた

など、元々あった疾患が偶々悪化して死亡したと評価を下すものが多い。


■ ワクチン接種との因果関係は評価出来ず、評価不能 ■

若い方の中には、基礎疾患や死因となる病変の無い方もいらっしゃいます。

この様な場合は次の様な評価が多い。

・剖検されておらず評価不能
・血液サンプル、骨髄サンプルなども無く評価不能
・情報不足により評価不能

先日紹介したアストラゼネカ製ワクチンを接種した後に亡くなった54歳男性の例では、接種後に不調を訴えて入院してから、詳細な血液検査のデータが取られており、ワクチン接種が死因である事に疑いは有りません。この様にデータが揃っていれば、メーカーも国も、ワクチン接種との因果関係を否定出来ません。

しかし、ワクチン接種後の死亡の多くの事例では、突然倒れて亡くなるケースが多く、病院搬送時には既に死亡しています。多くがくも膜下出血や、心筋梗塞によるものなので、剖検(解剖)や、血液サンプルの採取などもされずに、「ワクチン接種後2日以内に死亡しました」と言う報告だけがされる。

厚労省が火葬を止めて再検査を指示する事は100%無いので、ワクチンとの因果関係を調べる前に、証拠は灰となり、魂と煙は天に昇ります。


韓国ではアストラゼネカ製のワクチン接種後に亡くなった若い男性が、ワクチンとの因果関係が認められていますが、この方はドイツの例と同じで入院してからのデータが揃っていたのでしょう。


■ 「最期の一押し」をするのはコロナもワクチンも同じ ■

新型コロナで亡くなる方の40%程度が寝たきりの高齢者、その他は基礎疾患が悪化した方がほとんどです。健康な方は、コロナで亡くなる事はほぼ有りません。(症状すら出ない)

これらのコロナ死は「最後の一押し死」です。元々、脳や心臓の欠陥が細くなっていた所に、スパイク蛋白によって作られた血栓が詰まって亡くなる。或いはT細胞が不活性になっているので、通常の免疫系ではコロナに対抗出来ずにサイトカインストームのスイッチが入ってしまう。

ワクチンはコロナの毒素と同じスパイクタンパク質を体内で作り出しますから、ワクチン接種でも同様の事が起きていると考えられます。ワクチン由来の結線が「最後の一押し」になる。

「ハイリスク」と呼ばれる方達にとっては、コロナもワクチンも似たり寄ったりの脅威なのです。


■ 超過死亡でワクチン死の概要が分かる ■

イスラエルは日本やアメリカよりもワクチン死の情報統制が厳しく、国民はワクチンによる影響を殆ど知らされていません。ワクチンの効果を世界に宣伝するモルモット状態が続いています。

イスラエルは、元々、コロナによる死者は多くは無かったのですが、ワクチンの接種が始まってから超過死亡が上昇を始めました。それまでは、超過死亡とコロナ死者がほぼ同数だったのですが、この関係が崩れて、コロナ死者よりも多くの超過死亡が観測される様になります。これがワクチンによる死者では無いかと噂されています。

日本でもコロナ死者はかなり水増しされながらもキチント?カウントされています。昨年度の日本の超過死亡はマイナス3万人程度・・・要は例年よりも3万人死者が少なかった。最近はコロナ死者の増えたので、超過死亡は若干のプラスになっている様ですが、これがコロナ死者の数を越えて増えて来れば「ワクチン死」をカウントしている可能性が高い。

尤も、日本の超過死亡のデータの出どころは国立感染研究所で日本のコロナの総本山ですから、まともな数字が出て来るかは疑問では有ります。発表を遅らせたり、発表しない可能性も有る。
 
10

2021/6/24

 

FRB議長の緩和縮小前倒し発言で市場が動揺しましたが、緩和縮小は2023年と先の話しですから、市場はしばらくコロナバブルが続きます。

ただし、インフレ率には注意が必要です。これから、アメリカ経済が正常化する過程で、コロナによって物流や生産にボトルネックが存在すると調達価格の上昇で物価上昇が起こり易くなります。

これに米国債金利が敏感に反応すると、市場は再び不安定化します。FRBもインフレと市場圧力の板挟みで、だんだん動きが取れなくなる。

コレがコロナ後の一時期の問題なのか、それともグズズズと下落が続くのかは神のみぞ知るですが、「意外にコロナバブルは崩壊しないもんだな」というのが率直な感想。それだけ潤沢な資金が市場に流入していると言うことですが、こんなものはFRBの緩和縮小宣言で一瞬で崩壊する。バブル崩壊のスイッチはいつも中央銀行が握っています。
10

2021/6/24

ワクチン接種後の死者227人…t大切な人をコロナワクチンから守る為に  分類なし
 

6月4日の197人という数字を最後に、しばらく発表の無かったワクチン接種後の死者数が発表された様です。6月13日までの集計で277人。

私の母の元にも接種通知が届き、連日接種をやめる様に説得していますが、「もうこんな息苦しい生活はイヤ。皆んなも打ってなんとも無いっていうから私も打って解放されたいわ」って、新興宗教ならぬコロナワクチン教に完全に洗脳されてしまい説得は難しい。

そこで、微力ながらこのブログの読者の方を一人でも「人類史上最悪の薬害」から救うべく、雑文を書いてみます。親族や、親しい方達の「コロナワクチン教」の洗脳から解放する一助になれば幸いです。拡散もok。


ファイザーのmRNAワクチンは注射部位の筋肉注中に留まると考えられていましたが、日本のマウスの実験ではあらゆる臓器に拡散する事が分かっています。この報告書は極秘扱いでしたが、カナダからの情報公開請求で、世界中に知れる事に。ワクチンの成分の蓄積の多かったのは、脾臓や膵臓、卵巣な

全身に拡散して血管に入り込んだワクチンは血管内皮細胞内でスパイクタンパク質を生産し、コレは異物として細胞外に排出されます。最近の研究でスパイクタンパク質が血小板に結びつく事がわかっており、この際に血小板表面の糖鎖を切断します。その結果、免疫が血小板を異物として認識し、血小板が破壊されます。血小板の破壊に伴ってPF4という顆粒が撒き散らされ、血液凝固のスイッチが入り血栓が血管内に作られます。実際のコロナ感染でも同様な血栓症が起きるので、スパイクタンパク質を生産するワクチンはコロナ感染と同様の影響を接種した人に及ぼします。

全身の血管内で同時に多数の血栓が出来、コレが心臓の血管に詰まれば心筋梗塞、脳の血管に詰まれば脳梗塞やくも膜下下出血、脳の一部の細胞の死滅による失明や半身不随などが起こります。

高齢者は血管が細くなっているので血栓が詰まり易く、ワクチン接種後2日から4日後にポックリと亡くなるケースが多発していますが「自然死」にしか見えないので医師が報告しないケースも多い。

医師も「ワクチン接種しても大丈夫ですよ」と言っている手前、患者の死因にワクチンが関係していると思っても報告を上げないケースも当然考えられる。医療訴訟を恐れているから。

韓国やアメリカの死亡率から類推するに、日本の6月13日までのワクチン接種後の死者数277人は過少で、少なくとその2倍が世界標準と思われます。

ワクチンでアメリカの1/3の死者が日本で出ていると仮定すると1ヶ月に350人程度、一年で4200人程度のワクチン接種後の死者数となる。この内ワクチンが死因となったものが半数だと仮定すると、年間2000人程度、日本の交通事故死者の1/15程度の確率になるが、同数程度の永続的障害も発生している事は見逃せない。

この数字を「仕方ない」と感じた人は「コロナ脳化」の進行がだいぶ進んでいます。一般的な医薬品は死者が5人でれば要注意リスト入り、50人になれば永遠に使用が禁止されます。コロナワクチンは「薬害」としても過去に類を見ないレベルで有るという認識が必要です。(厚労省が因果関係を認め無い限り死者は0人ですが)

一方、コロナで亡くなった方の4割が寝たきり老人で、亡くなる人の年齢分布は全体の死者の年齢分布とほぼ一致する。

コロナで死亡せずともインフルエンザや肺炎で亡くなる事の多い人たちがコロナで亡くなっているだけというのが日本のコロナ事情です。ちなみに、昨年の日本の超過死亡は例年より3万人少なく、統計的には日本人はコロナで健康になったと言える。コレはコロナの流行がコロナよりも毒性が数段高いインフルエンザを抑え込んだ事によります。

ちなみに高齢者がインフルエンザになっても人口呼吸器を使用する事はほとんど無い。コレは回復の見込みが無いからで、医療虐待に相当すると医師会も指摘しているから。

日本や東アジアにおいてはインフルエンザに比べ非常に弱いな毒性のコロナに対して、さらに40代以下ではほとんど症状すら出ないウイルスに対して、死亡率が従来の医薬品と比較にならない程高いまワクチン、さらに将来的なリスクが全く分からないmRNAという遺伝子ワクチンを接種するメリットが有るのか?

メディアもワクチンによる死者が余りにも多いので、「あなたの大切な人を守る為にもワクチンを接種しましょう」という呪文を止めて「様々な情報を検討してワクチンを接種するか、しないかご自分で判断してください」というフレーズに報道姿勢を改めている。コレは厚労省のホームページの姿勢と同じで、厚労省はワクチン接種の最初から一貫して「ワクチンの接種は自分で判断して決めてください」と書いている。そして一度も「このワクチンは安全」とは書いていない。

未成年のワクチン接種の判断は親の責任です。

大切な人の命を守るために是非懸命な判断を。
22

2021/6/20

ファイザーのワクチンは感染する・・・自己増殖性ワクチン  新型コロナウイルス
■ 家内のファイザーワクチンに私が感染した?? ■

実は4週間程前、自転車で走っていて急な下痢になり、それ以降3週間程、「潰瘍性大腸炎」に似た症状が続きました。腸の内側の細胞がゴッソリやられた感じで、普通ならガンを疑うのですが、症状の発生が急激だったので、私は感染症を疑いました。

3週間経って症状は嘘の様に無くなりました。潰瘍性大腸炎は自己免疫疾患ですから、強いストレスなどで発症し、慢性化しますが、私の場合は症状は急激に表れ、そして終息する時も短期に改善した。

私は、風邪は「お腹に来る」事が多いのですが、普段はお腹を下すと直ぐに回復する。3週間もお腹の具合が悪いのは、私の経験では無い。2〜3日で全快します。

そこで、もしやと思いワクチン接種者の「被害体験談」をネットで読むと、「潰瘍性大腸炎の様な症状が長期間続いた」というものが有ります。これは私の症状によく似ています。

確かに家内は私が具合が悪くなる2週間程前に、ファイザーのワクチンを接種しました。(医療従事者なので仕方なく・・・)

しかし、常識的に考えて「ワクチンが感染する事」などあり得ません。


■ アメリカでワクチン接種者と接触があった人に不正出血の報告 ■

アメリカの学校で、ワクチン接種者の近くに居ると不正出血する恐れがあるとして、生徒のワクチン接種を禁止した学校が袋叩きに合っています。(ワクチン接種者の副反応に女性の不正出血の事例は多い)

私は最初は、「ワクチンを恐れるあまり荒唐無稽な噂話に怯えた」と思いました。しかし、火の無い所に煙は立ちません。陰謀論者たるもの、煙を見たら火元を探すのがサガ。

ネットの情報では、「ワクチン接種後に何等かの顆粒が体外に排出されているのでは無いか?」という説を見つけました。生物は細胞から脱落したタンパク質の一部などを顆粒として対外に排出する事は普通に起こる様です。

■ ファイザー(ビオンテック)のワクチンプロトコルには「曝露」という記述がある ■



クリックすると元のサイズで表示します

上の画像はファイザーのワクチンの治験のプロトコルの一部です。

https://ia803407.us.archive.org/35/items/c-4591001-clinical-protocol-nov-2020-pfizer-bio-ntech-070-146.ja/C4591001_Clinical_Protocol_Nov2020_Pfizer_BioNTech%5B070-146%5D.ja.pdf

私は専門家で無いので用語の解釈の正確性に欠けると思いますが・・・

1)治験中にワクチン接種者が母乳を子供に与えてしまった場合には24h以内にファイザーにy報告

2)職業曝露が発生した場合24時間以内にファイザーに報告

この様に受け取れます。1)は母乳を通じてワクチンが生成したスパイクタンパク質が乳児に移行するケースを想定、2)はワクチン接種者の血液や体液を医療関係者や研究者が誤って浴びてしまう様なケースを想定していると思われます。

1)の母乳による乳児へのスパイクタンパク質の移行は確かに乳児に影響がありそうです。
2)の職業曝露は・・・多少スパイクタンパク質と接触した所で、問題が無いと思えるのですが・・・。


このプロトコルの一部は、「ワクチン否定派」によって結構拡散しており「ワクチン接種者がスパイクタンパク質を呼気などを通して周囲にばら撒いている」という憶測を呼んでいます。

しかし、その程度で、ワクチン接種者への接触者に不正出血が起こるでしょうか・・・。私は起こらないと思います。その様な身体への影響を受ける程のスパイクタンパク質の移行はあり得ないと思われます。


■ ファイザー(ビオンテック)のワクチンは自己増殖性mRNAワクチン? ■

私の体験が家内のワクチンの影響によるものならば、「ワクチンが感染」したと言うしか表現のしようがありません。

もし、その様なケースが起こり得るならば、家内が排出したmRNAが私の体内に入ってmRNAを自己増殖したケースしか考えられません。

そこで、「自己増殖ワクチン」で検索すると、自己増殖RNAワクチンという研究がゾロゾロと出て来ます。しかし、ファイザーのワクチンはmRNAワクチンですから、これには相当しません。

もう少し調べると、自己増殖RNAを含むmRNAワクチンという研究が出て来ました。RNAの部分に自己増殖の命令がコードされていてmRNAの塩基配列も含めて自己増殖する様に作られたものらしい。

日本のベンチャー企業なども研究しており、新型コロナウイルスのワクチンにこの技術を利用するとワクチンの量が1/10で効果を発揮するとアピールされています。

ファイザー(ビオンテック)のワクチンにこの技術が使われていないか検索した所、次の記述を見つけました。

「BNT162b2は、融合前の安定化したスパイク蛋白質遺伝子をコードした自己増殖性のmRNAを、脂質ナノ粒子に封入したmRNAワクチンだ。投与後、mRNAから融合前の安定化したスパイク蛋白質が発現し、SARS-CoV-2への免疫を誘導する機序を持つ。」

久保田文の“気になる現場“新型コロナワクチンが「90%の有効性」ってどういうこと? 日経バイオテク 2020.11.11 より


BNT162b2とはビオンテックが開発して、ファイザーが世界中に供給している「ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン」です。


この記事の著者の久保田文氏が勘違いしているので無ければ、ファイザーの新型コロナウイルスワクチンは「自己増幅型mRNAワクチン」という事になり、接種者の細胞内でスパイクタンパク質を作るmRNAを増産する事になります。


■ スパイクタンパク質を製造するmRNAが体内で生産され続ける危険性 ■

自己増殖型のmRNAワクチンの利点は、接種量が少なくて済む事と、mRNAが体内で作り続けられる事によりワクチンの有効期間を延ばす事が出来る事です。

体内で自然に生成されるmRNAは一回タンパク質を合成すると役割を終えて分解されます。1回で分解されるmRNAをワクチンとして接種しても、抗体を得る為の十分なスパイクタンパク質を生産出来ないので、ワクチンの利用されるmRNAは分解を抑止する塩基配列が付け加えられています。それでも分解は数時間から数日で起こります。これでは抗体を獲得する為に十分なスパイクタンパク質(指標タンパク質)を作る事が難しい。2回接種が推奨されているのは、この欠点を補う為だとされています。

しかい、仮に自己増幅型RNAワクチンが使用されているとすれば、ワクチンの持続時間を3カ月以上など引き延ばす事が可能になります。要は、ずっと体内でスパイクタンパク質がワクチンによって製造され続ける可能性が有る。


■ ワクチン接種後に死亡した人のあらゆる組織からワクチン由来のmRNAが見つかった ■

アメリカでワクチン接種後に死亡した80代の男性を解剖して組織を調べたところ、体内のあらゆる臓器からワクチンのmRNAが見つかったと報告されています。

ファイザーのワクチンは筋肉注射によって筋肉組織内でスパイクタンパク質を生成すると説明されて来ましたが、どうやらワクチンは血流に乗って全身の組織の隅々まで運ばれるらしいというのがこの報告の示唆する所ですが、接種されたワクチンの多くが筋肉組織内に留まると考えると、この報告には違和感を覚えます。

しかし、自己増殖型のワクチンであれば、血流に運ばれた少量のmRNAが、全身の様々な組織内で自己増殖してmRNAを複製しまくる事は十分に考えられます。


■ 感染するワクチンを就学児童に接種して良いのか? ■


今回の記事は「ファイザーのワクチンは自己増幅型mRNAワクチン」であるという前提と、「自己増幅型ワクチンは接触者に感染する」という前提の元に書いています。

もし、仮にこの前提が正しかった場合、10代の学校に通う子供達の一部がワクチンを接種して学校に通ったらどうなるか・・・・多分、クラスの誰かにワクチンを「感染」させるかも知れません。

或いは、就学児童が居る家庭の高齢者や親がワクチンを接種したら、ワクチンが子供に「感染」するかも知れません。

安全が確立したワクチンならば問題はありませんが、このワクチンは血小板減少症により血栓症の引き金になる可能性が有ります。



全くもって「憶測」でしか無い記事ですが、ワクチン研究者が実際の「自己増殖型mRNA」ワクチンの開発に着手しており、それを新型コロナウイルスに対して使う事を躊躇していない以上、私達は、自らの命は、自ら守るしか無いのかも知れません。


私はこの記事を書きながら「優性思想」が墓場から蘇って来た様な恐怖と、そして人類の劣化した遺伝子を淘汰するという世界の経営者の合理的な思考に触れた気がしてある種の畏怖すら感じています。医学の進歩がもたらした延命と、生殖医療の進歩が生み出す劣化遺伝子の再生産という負のループに対する合理的な回答なのかも知れません。


コロナとワクチンの耐えられない人間は淘汰される・・・尤も、多細胞生物の発生以来、自然は当然の事の様にウイルスによる淘汰を進化を繰り返していた訳で、現実の「ゼーレ」もその法則に忠実なだけなのかも知れません。やっぱエヴァって現実を予言する作品だったのかも知れません。人類補完計画は現在進行中です。



まあ、色々と憶測で書いて来ましたが、私の下痢が「単なる感染」に由来する可能性は高い。その期間に母親に会いに行ったのですが、その後、母も1週間程下痢をしたと言っていましたし・・・。(それとも、これもワクチン感染か!?)


14


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ