2018/7/3

園芸女子・・・娘のアパートに記念植樹  エコロジー
 
■ 目的は水やり ■

ところで日曜にに熱中症戦いながら自転車で鴨川を目指した重要なミションですが、それは「植物への水やり」。

クリックすると元のサイズで表示します

実は娘のアパートの駐車場に1年以上も前から大型のプランターが5個、土が入った状態で放置されています。車が建物に近づき過ぎて停車しない為の「車止め」として設置されているのですが、雑草がショボショボ生えていて「みすぼらしい」。

私、空のプランターとか、空き地があると、花を植えたくなる性質を有しています。多分、先祖が「花咲かジジイ」か、下町の路地を植木鉢でイッパイにしてしまう様なジジイだったのでしょう。

1年間以上、空のプランターに何か植えたいという欲求と戦って来ましたが、先週、娘のアパートで雨で降り込められて、暇をしていた時に、欲望に耐えきれなくなって園芸店に行ってしまったんです。雨の中、傘差して・・・。

プランターの中の土は、どこぞの山で掘って来た様なカチカチの粘土。雑草も大きく育たない様な土でしたから、腐葉土や肥料が必用です。重そうだから近くの園芸店で入手するつもりで、ネットで「鴨川 園庭店」で検索して行ってみると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

辿り付くと、こんな園芸店なんです。これ、栽培農家さんですよね。そんな事が2度3度あって、仕方なく大型ホームセンターのカインズ鴨川店まで歩きました。雨の中、田んぼの中を、ウシガエルの声を聞きながら、トボトボと、結構楽しく、アパートから3kmも。

クリックすると元のサイズで表示します

いやー、歩くって楽しいですよね。特に雨の中・・・・。私、実は雨、好きなんです。歩くのも。

■ 田舎のホームセンターってマジにワンダーランド ■


いやー田舎のホムセンってマジ、パナイですね。腐葉土なんて40リットル入りですぜ!!思わず40リットル入りの腐葉土を二袋、野菜の培養土、60リトル入りを一袋、大型プランター1つ、肥料、ハーブの苗、10リットルのジョウロ、シャベルなどを買い、レジへ。18000円になっちゃたよ・・・・。

ところで、カート山積みの荷物をどう運ぶのか・・・・。軽自動車を借りるという手は有るが・・ペーパードライバーなので、多分無理。(マニアル免許ですよ。33歳の時取りました)

タクシーも嫌がりそうだし。

「すみません、すぐ近くなので、カートお借りして宜しいですか?」と切り出すと、怪訝な顔をするも、レジのお姉さんは「良いですよ」と言ってくれた。

「普通、田舎の郊外のホムセンって車で来るでしょう??」って思ったかどうかは私には分かりません。

■ 土砂降りの中、カートを3km押すのは辛いよ ■

先程からの雨は止んで、雲間から日差しが差しています。これなら濡れずに帰れそうです。

しかし、ホムセンのカートは小口径タイヤなので段差に弱い。さらに道路は水勾配が着いているから、真っすぐに走らせる事が一苦労。こんなので、3kmを押して行けるのか不安になりながら田んぼの中を進んでいると・・・・いきなり土砂降りになりました。

ここから先は羞恥心は捨てます。カート押してる時点でヘンな人ですが、土砂降りの中を傘も差さずにカートを押してる人は、かなりヤバイ人に見えるでしょう。

そんな、こんなで延々とカートを押して娘のアパートに到着しますが、今度は3kmをカートを押して戻る必要が有ります。ただ、雨が上がっていたので土砂降りよりはマシです。かなり蒸し暑いですが。

再び、ウシガエルの声を聞きながらカートを返しに行きました。3kmの道のりを。

■ アパートの女子大生を労働力に徴用しよう!! ■

娘は園芸科の高校出身なので、用土と苗と肥料とシャベルを置いておけば後はどうにかするハズ。そう思って娘の帰宅前にトンズラするつもりでしたが、アパートの玄関の前の雑草が気になります。掃除のオバちゃん、雑草は全くアウト・オブ・眼中なんだよね。

1)雨上がりは雑草が抜きやすい
2)雑草はあまり大きくなる前の抜くべし

私の小学校では、校庭や学校周辺の雑草取りは生徒の日課でした。「雑草は敵」「雑草は根絶やしにしろ」と幼少の頃より刷り込まれています。だから、舗装の隙間から健気に生えて来た雑草でも私は容赦はしません。

「雑草という植物は無いんだよ」とは昭和天皇のお言葉だとか、有川浩の小説の主人公の言葉とかは知りませんが、カワイイ花を咲かせるヘクソカズラだろうが、カタバミだろうが、その気になれば食べられるヨモギだろうが、玄関先に生えていたら容赦はしません。

そんなこんなで30分程、無心に雑草を退治していたら、娘が授業から帰って来てしまいました。

「お父さん、アレ何?」「誰植えるの?」「アレ、2万円位い掛かってるよね。お金無いんじゃなかったの!!」

流石は園芸科出身です、さらっと苗や用土を見て、一瞬で費用を算出しました。

「いや・・・お前が皆に教えて、アパートの友達と記念植樹すると楽しいかと思って・・・・」

「エ?!バカじゃない、誰も手伝わないに決まってんじゃん。今時の女子大生だよ」


そう、プリップリに怒りながらも「手伝って、とっとと植えちゃうから」と言う娘は、流石は園芸科出身。本人は今時の女子大生のカテゴリーからは外れているらしい。

それでも娘は仲の良い友人の部屋の呼び鈴を鳴らしている。どうにか運の悪い娘が一人捕まりました。「〇〇子ちゃん、ご飯食べたら来てくれるって」

しばらく娘と二人で用土を混ぜ合わせていると〇〇子ちゃんがやって来た。真っ白な軍手を嵌めている。多分、わざわざ買って来てくれたのだろう。素手で土を捏ねている娘を見て、軍手しない方が良いかな・・・と娘に聞くが、「爪ボロボロになるから、してた方が良い」と娘。

そんな、こんなで女子大生まで徴用して、一しきり園芸作業に勤しんだ結果、それなりの見栄えのプランターハーブ園が完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

■ 誰が水やるの? ■

「ところで、お父さん、これ誰が水あげるの」と娘が問う。

「お前じゃねぇ?」

「ハァ、勝手に植えたのお父さんじゃん。水道代だって掛かるんだからね」

これは予想された反論です。そこで、私も隠し玉を出します。

「だって、お前、この前の就職面接で園芸科出身の事を聞かれて、家の植物に良く水をあげます・・って答えたっていうじゃん。本当は水やったら千円ちょうだいってお金取るくせに、水やりが甘くて、後ろの方の鉢とか萎れてるじゃん。面接で嘘言ったら内定取り消しになるかも知れないからねぇー」

「いいよ、ヤレばいいんでしょう。だけど、長期休暇とか居ない事もあるじゃん。それと水道代お父さん持ちだからね」


そこで私は一計を案じました。「PC貸て、張り紙するから・・・」

------------------------------

この度、このアパートの学生有志で卒業を祈念して、記念植樹をしました。

オシャレなハーブガーデンにしてみました。

丈夫な種類を選んでいますが、何分、学生なので、

長期休暇などで不在にする事もあります。

水が涸れて萎れている時は、お気づきの方はどうか水をあげて下さい。

尚、バジルやローズマリーなどは皆さんでお使い下さい。

-----------------------------


どうだ、女子大生のお願いとあれば、アパートの住人だって無下には出来まい。

「こんなの貼ってもダメだと思うよ。今時の若い人は気にもしないよ」と娘。

でも、一応、可愛らしいマスキングテープでエントランスのガラスに貼りました。

「よし、どう見ても女子大生が作った張り紙に見えるな」と自画自賛。


■ 初めの週にして速くも危機が・・・ ■

ところが、娘は木曜日から韓国に遊びに行き、来週一週間は浦安でダラダラと過ごすと言い出した。「梅雨だから、出発前にたっぷり水を上げておけば、しばらくは大丈夫だよ」と私も楽観的に考えていました。


・・・・週が明けたら、気象庁が関東地方の梅雨明けを宣言しました・・・。


こうして、翌週の日曜日、31℃の気温と5mを越える向かい風の中、パンクを修理しながら、熱中症になりながら、私は水やりの為に100kmの道のりを、自転車で鴨川を目指す事になったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

あまりに早い梅雨明けで、翌週1週間も水やり無しでは持ちそうにありません。そこでジョウロとバケツとペットボトルに水をセットしました。

娘に写メすると「隣の部屋の〇〇ちゃんが来週居るから水やり頼んだ」と娘からの返信。


どうやら、アパートの現代風の女子大生達は、こうして園芸の楽しさに目覚めて行くのだろう・・・多分。



家に帰ると娘が、「韓国行く前に、たっぷりと水あげといたよ。クラスの子が見かけたらしいんだけど、変な子が水あげてると思ったら〇〇ちゃんだったんだって言われちゃったよ。」だって。


変なオヤジと変な子で有名になりそうです。
6

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ