2019/11/29

北朝鮮の弾道ミサイルには「空気を読む機能」が搭載されている  時事/金融危機
 



「委員長、日本からお電話です」





「やあ、色々と騒がしいようですね、桜がどうとか・・・」

・・・・・

「そうですか、いつものヤツをご所望ですか」

・・・・

「松竹梅、いつでも準備できていますよ。」

・・・・

「梅では効果は薄いのでは?」

・・・・

「竹を2発、EEZのすぐ外側ですね。」

・・・・

「ええ、いつもの口座にお願いします」

・・・・

「ウィン・ウィンですよ」

・・・・

「首相によろしくお伝え下さい。」





「同志諸君、日本からオーダーだ。竹を2発、EEZの外側に落としてくれたまえ!」




■ 「空気を読む」機能搭載の最新ミサイル ■

< 「共胴通信」より引用 >

防衛庁は本日16時過ぎ、北朝鮮の東岸から二発の飛翔体が発射され、日本海に落下したと発表。高度100Kmに到達し、300km飛行したこの物体は、弾道ミサイルと推定される。落下地点は日本海上、日本の排他的経済水域のEEZの外側と見られている。

尚、この弾道ミサイルには今回も「空気を読む」機能が搭載されていると見られ、日本国内の政治的混乱を検知して発射されたと見られる。

<引用終わり>




■ ジャパンライフ問題は安倍政権のアキレス腱 ■

国会ではマルチ商法で捜査が入っているジャパンライフ会長に安倍首相が「桜を見る会」の招待状を出したのでは無いかとの追及が始まっています。この問題、「桜を見る会」の税金の私物化問題や、後援会の前夜祭が政治資金規正法違反や公職選挙法に抵触する問題よりも、安倍政権の命取りになりかねない。


ジャパンライフは高齢者に1着6万円程の磁気ベストを購入させ、それを他人にレンタルする事で6%の利益を還元するとうたったマルチ商法で老人達から巨額なお金を撒き上げていました。ジャパンライフが倒産した事で、これらの資金が戻って来なくなり、多くの被害者が出ています。中には老後の資金を数千万円も投資していた方も居る様で、社会問題化しています。

実はジャパンライフは消費者庁から度重なる立ち入り検査や、行政指導を受けており、一部業務の停止命令も受けていました。しかし、明らかな「マルチ商法」にも関わらず、営業は継続されていました。

消費者庁内部からは、もっと厳しい行政処分を求める声も出ていた様ですが、官邸からの横やりで実行には移されず、被害が拡大しました。

ジャパンライフは警察のマルチ商法捜査のOBや、消費者庁のOBを天下りさせる事で、捜査や査察に手心を加えさせていたと報道されています。さらに、下村元文科大臣に10万円を献金したり、安倍首相や麻生財務大臣、菅官房長官にお中元を贈るなどしていた様です。

10万円の献金やお中元などというのは「表」であって、多分、「裏」の献金額は相当なものだったと私は妄想しています。無所属の柿沢未途衆院議員が代表を務めていた政党支部に、平成22〜25年に計1940万円を献金していると報道されていますが、こんな下っ端の議員にこの額ならば、政権中枢にはどれだけの金が流れていたのか・・・もう、妄想が止まりません。

モリカケ事件は安倍首相が行政手続きを捻じ曲げてオトモダチを優遇した事件でしたが、ジャパンライフ問題は、「悪徳企業」が政治献金(多分巨額の裏献金)で捜査や処分を免れていたという、かなりショッキングな「疑獄事件」です。(多分)


仮に、官邸中枢部が消費者庁の処分や調査に介入していた事実が明らかになれば、政権の維持は難しくなるでしょう。


■ ジャパンライフの問題の本質をボカして報道するメディア ■

今回、野党は、ジャパンライフの山口会長を首相か昭恵夫人が「桜を見る会」に招待したのでは無いかと追及しています。招待状に記載されている60番という整理番号が「首相の招待枠」では無いかと。ジャパンライフは、この招待状をリーフレットにして、会員に安倍首相との関係をアピールしていた。

ジャパンライフの取締役を務めていた48HD(詐欺企業)の渡部道也社長と昭恵夫人との(多分パーティー会場での)のツーショット写真がネットで話題になっています。この事から、招待状は昭恵夫人枠で出されたのでは無いかとの憶測を生んでいます。

メディアもこの問題を報道し始めていますが、その伝え方は「マルチまがい商法で問題となっているジャパンライフの会長を総理あるいは昭恵夫人が招待したのでは無いかと野党が追及しています」程度の報道です。

これでは視聴者は「安倍首相はあれだけ沢山の人を招待したのだから、たまたまジャパンライフの会長も紛れ込んでいたのだろう」程度の認識しか持ちません。

1) ジャパンライフの山口会長が1980年代からマルチ商法を行っていた札付きの経営者
2)ジャパンライフは警察OBや消費者庁OBの天下り先になる事で、捜査や処分を免れていた
3)政治家に巨額の献金をしていた
4)桜を見る会の招待状をリーフレットで配っていた
5)消費者庁の追加処分に官邸が横やりを入れた


少なくとも、これらをセットで報道しなければ、ジャパンライフ問題に国民が強い疑念を抱く事は出来ません。


■ ジャパンライフ問題は重大なだけにミサイルがオーダーされた? ■

これまでも、安倍政権が窮地に陥ると何故か北朝鮮が弾道ミサイルを発射して来ました。

既に陰謀論者の多くは、安倍政権の危機と弾道ミサイルの関係を妄想していますが、さすがに沢尻エリカ逮捕同様に、これが「スピン」では無いかと疑う人達が出て来るでしょう。

Jアラートが発令された時も、「前日から首相公邸で安倍首相が待機していたのは、北朝鮮がミサイルを発射する事を事前に知っていたのでは無いか」と一しきりネットで話題になりました。

こうも「アカラサマ」に安倍政権の危機と、ミサイル発射のタイミングが重なると、「スピンミサイル」とか「お助けミサイル」という言葉がネットで定着してしまいまそうです・・・。



「安倍っちと、ジョンちゃんは実は仲良し」などとネットで書かれない様に、北朝鮮はミサイル発射のタイミングをもう少し慎重に選んだ方が良いのでは無いか・・・そんな、要らぬ心配をしてしまう今日この頃です。


本ブログは、時事問題をネタに妄想を垂れ流す「陰謀論ブログ」です。内容は陰謀脳が生み出す「妄想」なので、決して鵜呑みにはしないで下さいね。


19

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ