2020/2/17

民間空港で感染者が出入りする・・・危機意識が低すぎる  新型コロナウイルス
 

■ 感染者が羽田空港を使用する!? ■

武漢からのチャーター機の5便目が羽田空港に到着した様です。クルーズ船のアメリカ人(非感染者)も羽田空港から出国しています。


ここまで読まれて???と思われた方は「安全保障」に興味がおありの方でしょう。

感染力の強いウイルスに感染しているかもしれない人々が、民間の国際空港から出入国しています。


■ 貨物機をチャーターし、空軍基地を使用するアメリカ ■

クルーズ船の乗客を受け入れるアメリカの対応は徹底しています。先ず、感染者は日本に置き去り・・・。

そして、非感染者を運ぶのは政府がチャーターした貨物機。到着するのは空軍基地で、防護服のスタッフが受け入れます。その後、乗客は基地内に14日間隔離されます。(多分、クルーズ船内の方が居心地は良かったでしょう)


■ 未知のウイルスに対する危機意識の違い ■

アメリカは世界を敵に回している様な国ですから、「生物兵器による攻撃」は安全保障上現実的な課題です。故に、対策も良く検討されています。

感染力や毒性の良く分からない新型ウイルスに対しても徹底した対応がマニアル化されているのでしょう。

当然、感染が拡大した中国からの渡航者はシャットダウン。自国民も感染が確認されている方は入国させない徹底ぶり。


一方、平和ボケの日本は、羽田空港を利用し、さらに民間のホテルに感染の可能性が有る人達を泊めています。感染者こそ「陰圧室」の病室に収容していますが、その過程で感染が拡大する可能性に無頓着です。

新型コロナウイルスが大した毒性で無い(一部の人を除き)から良かったものの、これがSARSやMARSの様な致死率の高いウイルスであったら大問題です。


■ 巨大な都市武漢を封鎖する中国と、未だにに中国人が入国できる日本 ■

安倍政権は「対策会議」などを開き、「やっている感」の演出に余念が在りませんが、今だに中国からの入国を許可しています。習主席の来日を意識しても事だと思いますが、中国が巨大都市の武漢を封鎖して、住人を半ば見殺しにしてまでウイルスの封じ込めに必死なのと比べると、能天気にも程が有ります。

ウイルス検査も民間の検査機関を使え数万人という人数も短時間で検査出来ます。検査試薬も日本の企業が中国に大量に供給しているので、足りなくなる事は有りません。

ところが、安倍政権は公立の検査機関のみで検査を行い、検査対象者も中国の湖北省や浙江省に渡航歴のある人や、その関係者に限定して来ました。「査能力に限界がある」というのが理由とされて来ましたが、前述の様に民間の検査機関を使えば問題は有りません。

要は、政府も厚生労働省も本気で対策などしていないのです。

いえ、安倍首相が「大ごとにするな」と言ったとか、言わないとかで、大規模な対策をする事がはばかられる雰囲気だったのだと思います。

聡明な加藤厚生労働大臣にしては対策が杜撰ですし、会見内容も危機感が在りません。


新型コロナウイルス程度の毒性だから良かったものの、これがもっと毒性が高いウイルスであったならば、安倍政権は倒れていた。いえ、政権などどうでも良いですが、日本で多数の死者が出ていた。


■ 幸運の安倍首相 ■

あまり否定的な事ばかり書くと、「お前は偏向している」と御叱りを受けるので、安部首相に好意的な事も書いておきましょう。


実は、一般の病院などで新型コロナウイルスの検査をしなかった事は、医療施設での院内感染を防ぐ効果が有ります。仮に、どの病院でも検査を受けられるとしたならば、不安に思った市民が病院に押しかけ、その何人かは感染者で病院にウイルスを持ち込んだかも知れません。

さらに、待合室に大勢いらっしゃる高齢者に感染が拡大し、その方々が家族や知り合いが入居している高齢者施設にウイルスを持ち込むかも知れません。

ですから、結果的には、検査機関を限定した事は、感染拡大を防ぐ意味では効果があった。

さらに、暖冬で気温が高めな事もウイルスの蔓延に歯止めを掛けているでしょう。まさに、何故か天も味方している。(こういう強運な所が安倍首相にはあります)


■ 市中感染が確実になり、国民が検査を望む様になると危険 ■

感染経路が分からない人達が日本国内で増えた事で、2次感染、3次感染により感染が拡大する「市中感染」が始まっている事は確実です。

「どこでも感染する可能性が有る」となると、神経質な方は、似たような症状が現れると「検査を受けたい」と要求する事になります。これを政府が制止すると「国民を見殺しにするのか」と批判されるので、保健所などで検査が受けられる様になるでしょう。

ただ、感染が拡大すると、民間の病院も使わざるを得なくなり、前述の様な経緯で「院内感染」や「高齢者施設への感染拡大」が起こる可能性が高くなります。

インフルエンザでもそうですが、家庭用の簡易検査キットが承認されれば、個人で感染を確認出来、院内感染のリスクを大幅に減らす事が出来ます。重症化した人は救急搬送して、それ以外は自宅待機で充分です。

ただ、陽性反応が出ても、マスクして会社に行ってしまう人は多いでしょうね。「お前がウイルスを持ち込んだ」って言われるの怖いですから。(今でもインフルエンザに罹ると「戦犯」扱いですからね、日本の企業は)


5

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ