2021/3/12

自転車が増えてしまった・・・  自転車/マラソン
 

クリックすると元のサイズで表示します

■ ストレスは経済を回す ■

最近、ストレスが多い毎日を送っています。やけ酒を飲んで体重が増える程に・・。
ストレスが溜まると、無意識にストレスを発散しようとするのが人間。
私の場合は、パソコンでついつい「ポチっとな」してしまう・・・。

その結果が上の写真・・・。
そう、自転車が1台増えてしまった。



クリックすると元のサイズで表示します

■ 新品のフラッグシップモデルが10万円って・・デフレじゃん ■

最初は使わなくなったカンパのコーラス1式をオークションで売ろうと思っただけ。
だけど、オークションって、見ている内に欲しくなるんです。
そして、気付いたら、ラクマで新品フレームをポチっとな・・してました。

2014年の CARRERA SL730。

定価38万円が10万円って、それは指も反応してしまいますよ。新品だし。
かつてはパンダーニが駆ったCARRERA。
今はレースへの機材提供はしていませんが、硬派なイタリアンバイクのメーカーです。


実はカンパのコンポは以前所有していた BASSO ASTRA から外したもの。
実はこれもホイールまでフルイタリアンなバイクでしたが、直ぐに手放してしまいました。
非常に乗り易いバイクでしたが、私の中の「イタリアン」とはだいぶイメージが違った。
「じゃじゃ馬」じゃなかった・・・「種牛」じゃなかった・・・。
優等生過ぎて・・・ソソラレなかった。

■ 今回はイタリアの暴れ馬だ! ■

今回の CARRERA SL730 は・・・「狂牛」です!「暴れ馬」です!
フレーム単体重量730gという超軽量でありながら、剛性は非常に高い・・
というか、ネットにインプレは

「素人では硬すぎて足がペダルに跳ね返させれる」
「非情に高いパワーを要求されるフレームだ」
「引退した体格の良いプロ選手が乗る様なフレームだ」
「素人には乗りこなすのは難しいが、いつかは乗りこなしてやろうという気持ちにさせる」
「直ぐに足が終わるので、1時間程度のレースが向いている」

とまあ、「硬すぎて素人にはムリゲー」って事ばかり書かれています。

・・・知ってたもん、これプロが乗る様なフラッグシップのフレームだって・・・。
ヒルクライムは体重が一番ハンデだから、730gというフレーム重量無意味だって・・・。


はきり言って「怖い物見たさ」以外の何物でも無い・・。
カミサンの怒る顔は容易に想像出来るけど・・・
「あんた!一体何台自転車買えば気が済むのよ!!」って。

■ 気付けば完成していた・・・ ■

確定申告が終わったら組もうと、コツコツパーツを買い集めました。
今回のテーマはケーブルに至るまで、フルイタリアン。

ハンドルとステム 3T
サドル      フィジーク

ハンドルとステムは、デダチャイという選択肢も有りましたが、敢えて3T。
何故なら、今回のバイクのテーマは「地味にスゴイ」デス。
「地味に速い」では無い点がミソで、エンジンが貧弱なので、バイクのポテンシャルが「スゴイ」。


日々、宅配便で送られて来るパーツを部屋の隅に積み上げて・・・
あれ、自転車が組み上がってるよ・・・オカシイ?
・・スミマセン、誘惑に負けました、組むの楽しいよね。ストレス発散になるよね・・。

(この組み立ての奮戦記だけで3本記事が書けるけど、皆さんご興味無いと思うので・・)


■ アレ、いつも乗っている自転車と変わらないや・・・・ ■


初めての自転車に乗る時は、どうして、あんなにワクワクするのでしょう。
さあ、乗るよ!!

アレ・・・・・
変わらない・・・・
いつもの硬さと変わらない・・・・

そうだった、私が常用しているレモンのチューリッヒって、
肉厚のレイノルズ853でフレームサイズの小さいからムチャクチャ硬かった・・・。
さらにフロントシングルだし・・。

私が常用しているKONAのラットも極太クロモリメガチューブだった。
さらに、フロント&リアがシングルだし

私が常用しているMTBもクロモリメガチューブだった。
さらにブロックタイヤでフロント42Tシングルだった・・・。


と言う訳で、ファーストインプレッションは「普通ーー」。



■ 蝶の様に舞う!? ■


最初の日は強風の中、10km程度走った程度ですが、
その後、二日続けて30km乗って印象が変わりました。

「このバイク、チョー楽しい!!」

実はストレートフォークって初めてだったのですが、
噂通り、挙動がクイックです。
そして、フレームがタワむ事が無いので、ハンドルを切るとバイクが即座に反応します。
まさに、レーシングバイクの血統。

これですよ、私がイタリアンバイクに求めていたものは。
ダンシングしても振りが軽い。もう蝶の様に舞う!!


■ 一部屋に自転車6台の末路 ■

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、SL730を加えた事で、部屋の中の自転車が6台に成りました。(折りたたみ2台)

もう置く所が有りません・・・・・。
壁以外は・・・。


クリックすると元のサイズで表示します


・・・あ、ホイールがアメリカのRolfですね・・・。
だって、カンパのユーラスより、ステルス仕様のRolfの方が似合うんだもん!!
9

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ