2019/5/29

久しぶりに風邪を引いた  分類なし


ブログのアップが滞っていますが、
こういう時は大体、自転車を改造している時です。

コンパクトクランクをNIELPRYDEに載せ替えてしまったので
bassoにノーマルクランクを乗せ替えようとしましたが、
よく考えなくても、チェーンの長さが足りないハズ。

そこで人生初のセミコンパクトのチェーンリングを試してみる事に。
ヤフオクで52-36tの程度の良い物をゲット。
4アームクランクなので、クランクは共用出来ます。

ところが、ノーマルチェーンリングを外そうとして
トルクスのネジ山をナメてしまいました。

そこでアマゾンで逆ネジを切ってネジを外すキットを注文して
どうにかこうにか、ロックボルトを外します。

フロントギアーの直径が変わるので、
フロントディレーラーの位置を調整しますが、
ワイヤーの長さが足りません。

そこでワイヤーを交換しようとしたら...
ワイヤーと一緒に内装ワイヤーのガイドチューブも外れてしまった。
これ、万事休すデス!

BBを外して、隙間から指を突っ込んで
指先の感覚を頼りにワイヤーの先端を
直径2mm程度のフレームの穴に導きます。
1時間程格闘した後に、奇跡的に成功。

私思うんです。
ワイヤー内装って殆ど無意味じゃないかと。
空気抵抗なんて知れたものだし、
点検や交換や調整も外装の方が圧倒的に有利。

focusのizalcoの最上位機種は未だに外装を採用していますが
これは全くもって正しい判断です。
同様にBBはネジ切りのBBが正義。
圧入BBってチョット斜めに入るとクランクがスムーズに回りません。

そんなこんなで、真夏の気温となった日曜日に試走します。
セミコンパクト、違いが分かりません。
私、鈍感なのでクランク長やQファクターの違いに無頓着。

ただ、フロントインナーの時のチェーンテンションが
コンパクトクランクに比べて高い事は好感です。

因みに浦安から蘇我までメーター読みのAVが31km/hでしたが、
コレは明らかに踏みすぎ。
セミコンパクトの恩恵では有りません。
その証拠に上総牛久で完全に足が終わってました。

その後は、足が攣りまくるので、
騙し騙し、養老渓谷から麻綿原を抜けて安房小湊へ。
ここで暑さに負けて電車で浦安に戻ります。

翌日は全身筋肉痛で....首や肩まで痛い始末。
しかし、この痛み、どうやら夏風邪だったみたいで
鼻は出るは、熱っぽくなるは、喉は痛いわ...


軽い熱中症で免疫が低下したのでしょう。
そういえば、先週から鼻がムズムズしてた気がします。

本来ならば鼻水程度の風邪だったのでしょうが、
無理をしたのがいけなかったのでしょう。

と言うわけでで、ブログ更新の気合が入らず
スマホからダラダラと入力しています。

まあ、経済も市場も目新しい事件は無いし、
トランプ来日ったって興味無いし。
大体、トランペット(トランプのペット)のヘツラウ姿だけで、
気分が暗くなるし....。

アニメもワンパンマンしか観てないし...。


仕方がないので禁書目録の新約を読破中。
コレ、面白いのか、面白くないのかよく分かりません。

西尾維新の化物語シリーズと一緒で
語り口を巻毎に変える実験小説ですが、
それが成り立つのはライトノベルと言う
キャラクター小説だからで、
現代小説としてのレベルはそれ程高い訳では有りません。

SFとしてもネタ切れですね。
でもツイツイ読んでしまうのは、
やはり他のラノベよりはSFとしての出来が良いから。

風邪が治るまでは、大人しく禁書目録読んで過ごします。
0

2019/4/2

新元号「令和」・・・初の国書からの採用  分類なし
 

■ 「令和」となった新元号 ■

新元号が発表された4月1日の午前中、私はミーティングの最中でしたが、発表時刻が近づくと、皆さん、携帯を取り出して机の下でチェックを始めました。テレビの無い我が家では、新元号発表というイベントに、あまり興味が在りませんでしたが、世間の関心は高い様です。

誰かが「オ、発表された。レイワだって」と言うと、「え、どんな字書くの?」との質問が。他の人がホワイトボードに「令和」と書いた瞬間に、女性数人から「コワ〜〜〜」との感想が漏れます。中のは「エイプリルフールのガセじゃない?」なんて声も。

「令」の字で皆同様に想像したのは「命令」「号令」「律令」と言った言葉だと思います。そして「昭和」の「和」の字。「和をもって貴しとなす」という聖徳太子の十七条の憲法を想起もさせますが・・・何となく「全体主義の昭和」をイメージさせるものが有ります。

「命令に従って国民が団結しろ」と言われている様で、「コワイ」と感じてしまったのでしょう。私も同様に感じました。

■ 万葉集から採用された「令和」 ■

官房長官や首相の記者会見で説明された様に、「令和」の原典は「万葉集」だそうです。

<引用開始>

新元号「令和」の引用元は、『万葉集』の「梅花(うめのはな)の歌」三十二首の序文だ。

天平二年正月十三日 萃于師老之宅、申宴会成、于時、初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香
(天平二年正月十三日 師の老の宅に萃まりて宴会を申く。時に初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす)

<引用終わり>


「令月」とは「めでたい月」といった意味です。「春のめでたい月に、気候も淑(よ)く、風も和(なご)やかで・・・」という感じです。

■ 日本会議が切望していた「国書」からの採用 ■

日本の元号は1400年程続いていますが、今までの出典は全て「漢書」からの引用でした。これは日本の元号が中国の制度を真似ている為です。今の感覚で言えば「カッコイイから英語のタイトルを付ける」みたいな感じ。

当時の中国大陸は世界の先進国でしたから、その制度を輸入する事で大和朝廷は「箔を付け」たかったのでしょう。

今回の元号改正にあたり、国書からの採用を切望していたのは日本会議だと言われています。安倍首相も「国書からの採用が望ましい」と事前に述べていたので、日本会議の影響があった事は間違い無いでしょう。

日本会議は神社本庁と一部の新興宗教の共同運営の団体ですが、自民党に強い影響力を持つロビー団体だと考えると分かり易い。一般的には「戦前の日本を理想とするアナクロ集団」だと思われていますが、私は宗教法人を隠れ蓑にした、マネーロンダリングの為のシステムだと妄想しています。宗教法人は納税の義務が有りませんので、お金の出入りは不透明です。ブラックマネーがお布施として納められ、それが政治家に流れても全く分かりません。

宗教法人が非課税なのはアメリカも同様で、友人のアメリカ人も、「あれはまマネーロンダリングの為のシステムだよ」と言っていました。世界、どこも同じなのでしょう。

日本会議に属する宗教法人は、ロビー活動の名目が必用ですから、「戦前の良き日本への回帰」という分かり易い看板を掲げていますが、既にそんなものは建前に過ぎず、実質的にはマネロンの甘い汁を吸う団体だと私は妄想しています。看板は派手な方が実体に目が向かなくなりますから。

日本会議周辺には「本当の日本に幻想を抱く知識人」が集まっていますが、彼らは勝手に集まって来ただけの存在でしょう。アナクロ主義の人はいつの時代にも居るものです。又は、そこにお金と権力の匂い嗅ぎ取ったか・・・。

安倍首相がどこまで「国書」からの採用に個人的に拘ったのかは不明ですが、日本会議にアピールする事は間違い有りません。

■ 皇室の伝統を軽んじる日本会議 ■

戦後、天皇の国事行為は憲法で禁じられていますから、元号は内閣が決定する事になっていますが、竹下内閣は皇室の伝統を重んじて「漢書」から出典を仰ぎました。「平成」の決定の過程には、皇室に関係の深い方が関わっていた可能性も高いと思います。

「日本の元号を中国の古典から採用する」皇室の伝統は、元々は「中国かぶれ」から始まっていますから、これを良しとしない日本会議の考え方も多少は理解出来ます。明治以降の日本を理想とし、中国を抑えてアジアの雄たる日本に回帰する事を望む日本会議としては、「漢書」からの採用は避けたい。

日本会議は「日本の伝統を重んじる」と言いながら、彼らの言う所の「日本の伝統」とは「明治以降の日本」であって、本当に日本の伝統に彼らの興味が向く事が有りません。確かに神道や天皇制に拘りを持ってはいますが、それは「明治フィルター」の掛かった伝統の解釈です。

陰謀論的には明治政府なんてロスチャイルドの傀儡政権に過ぎず、明治天皇の自出だって怪しいと噂されていますから、それを理想とする日本会議なんて、欧米権力の走狗となってしまいます。(陰謀脳の思考ですからご勘弁を)

■ 問題は「令和」の出典では無く、オママゴトの記者クラブと会見 ■

私個人としては、新元号な「漢書」から採用されようが、「国書」から採用がされようが、大して拘りは有りません。「安心」なんて元号にならなくて本当に良かったと胸を撫でおろしています。

しかし、新元号の発表記者会見には胸糞が悪くなりました。

発表は、官房長官も首相も原稿を読むものでした。(安倍首相は透明なスクリプトボードを上手に使っていましたし、相当、事前に練習した事が伺えます。この勤勉さだけは、いつも頭が下がります)

発表は、一種の「式典」ですから、原稿を読む事に問題は感じません。しかし、その後の記者からの質問が、産経新聞とフジテレビからのものしか無く、その返答も、官房長官も首相も原稿の朗読とはこれ如何に?!

記者クラブ制度自体が、政府の制作発表の場である、或いは政府のプロパガンダの場所である事は理解しています。しかし、日本のリーダーが自分の言葉で語れないというこの状態を国民は「問題」とは感じていないのでしょうか?

これでは、首相は「操り人形」も同然です。

かつて大平元首相は「あーーーーー、うーーーーー」と長い間を取って話す事を国民に笑われましたが、彼は相当に頭が良く「あーーーー、ウーーー」の間に常人など想像を付かない様な思考を高速で繰り返していたと言われています。だから、政敵であるハズの田中角栄の信頼も篤かった。

「日本の首相はバカにしかやらせない」と言ったのは,ジャパンハンドラーのマイケル・ジョナサン・グリーンですが、元号発表の記者会見を見て、暗澹たる気持ちになったのは、私だけでは無いでしょう。


「令和」、なかなか美しい響きで慣れれば「良い元号」となるかも知れません。しかし、一歩間違えると「暗い時代の象徴」となってしまう可能性も・・・。


グローバル化の時代、世界と日本は密接に繋がっていますが、「日本の古典から新元号を選ぶ」こと位しか日本の独自性が発揮できないのであれば、それに浮かれている人達は・・・〇〇なのでしょう。
10

2019/3/6

IKEAの家具は引っ越しで苦労する・・・杓子定規な日本人  分類なし
 

■ IKEAの家具は引越屋が運んでくれない ■

この春で娘も無事大学を卒業します。ようやく親業が終わるのでホットしています。

娘は大学が借り上げていたアパートから職場近くのアパートに引越す事になりますが、一つ問題が発生しました。・・・それは、IKEAの家具を引越業者が運んでくれない

オシャレで安くて大人気のIKEAの家具ですが、引越業者(大手のアー〇)は、先ず「IKEAの家具は有りますか?」と聞いて来たそうです。

娘の部屋は、ベット、学習机、ダイニングセット、本箱と、IKEAの家具のオンパレードな訳ですが)私、実はIKEAの家具を作るのが大好きです)、「ベットはご自分で分解していただかないと運べません」と言われたとか。「スエーデンは日本と違い、引越す事を前提に家具が作られていないので、分解すると壊れてしまうんです」という意味不明な説明があったらしい。

娘は「だって、ベットはシングルだし、ベット自体、マットレスと同じ大きさだから、玄関のドアだって分解しないでも通るハズですよ」と食い下がったらしい。しかし、業者は下見に来て、ベットの組み立て方法を確認すると「やはり、このタイプはご自身で分解して下さい」との一点張りだったそうな。

「はじめ引越し代金は15万円って言われたんだけど、〇〇ちゃんは〇〇引越しセンターで〇〇万円だって言われたから〇〇万円にして!!と値切ったのがイケなかったのかな・・・」と娘は憤慨しています。

尤も、被害は私に来る訳で、「お父さん、ベット分解してよね。引越し出来ないから」・・と命令が下る訳です。

■ ネットで調べたらIKEAの家具は本当に業者が運んでくれないらしい ■

まったく女子大生だからって引越業者も舐めてるな。きっと値切られたから、断らせる為の口実だろう・・・そう思ってネットを検索してみました。

本当にIKEAの家具は分解しないと引越業者が運んでくれないと様々な所に書いてありまあります!

1) 日本の家具は引越しを前提に、いくつかのパーツに分解できるように出来ている
2) 日本の家具は分解でネジを外す場所には、ネジ穴が金属になっている

3) IKEAの家具は部分的に分解する事を前提に作られていない
4) 分解するとバラバラになってしまう
5) 部分的に分解したパーツの強度が保てない
6) 木ビスを直接,木にねじ込んであるので、一度外すとネジ穴がバカになってしまう

7) 分解と組み立てに時間が掛かるので、引越しに時間が掛かる
8) 分解・組み立てで壊れてしまうケースが多い


だいたい、この様な理由が挙げられています。

一方で、「IKEAの家具を運びます」とか「専門のスタッフが分解、組み立て致します」などという小さな業者も有る様ですが、1点組み立て5000円などと別途料金を取る所もある様です。

■ 分解したら・・・・ジョイントパーツが壊れた・・・ ■

クリックすると元のサイズで表示します

これが問題のIKEAのシングルベット。引出しが付いているタイプです。

ヘッドボードが無いので、大きさは本当にマットレスと同じで、これを分解しないと玄関から運び出せないという業者はバカか・・・と思いますが、そこは杓子定規の日本人の事、会社の規定で仕方無いのでしょう。

尤も、私だったら、引越作業に来たお兄ちゃんに「袖の下」で解決させるでしょう。1枚も渡せば、喜んで分解せずに運ぶハズ。運ぶ、運ばないで揉めている間にはトラックに収まりますから。

クリックすると元のサイズで表示します

IKEAの家具は本当に合理的に出来ていて、私は大好きです。特に、コーナーのジョイントパーツが秀逸。ネジを使わずに、金物のソケットを金属パーツで固定する方法。ドライバーで受け側のパーツを90度程捻れば固定完了。

この、木工加工は穴あけだけしておけば良く、固定金具を同梱して出荷するだけ。誰でも簡単に組み立てが出来るの。

1) 組み立て工程は購入者の役割
2) 分解して梱包されているので、在庫がかさ張らず、輸送コストも安い

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

問題となるのは、木部に直接ネジ込まれているパーツやネジ類です。下手に外すとネジ穴が広がってしまい、次に組み立てた時に固定力が不足します。

又、柔らかな木で出来た位置出しようの丸棒も曲者です。真っすぐに抜かないと穴が広がりますし、丸棒の素材が柔らかいので、無理にペンチで挟んで外そうとすると棒が潰れて使い物にならなくなります。

コーナーのジョンと金物も曲者で、外れる角度が回転の終点で無い・・・。これを知らずに無理に外そうとすると・・・ジョイント金物が破損します。

クリックすると元のサイズで表示します

小一時間掛かり、なおかつ、途中でペンチを買いにダイソーに走りましたが、どうにか分解が完了しました。引出しは分解しなくて良いとの事で助かりました。まあ、ベットなんて分解してしまえばこんなサイズになってしまうのが流石はIKEA。

尤も、ジョイント金物1つと、木の丸棒二つが使い物にならなくなりました・・。

クリックすると元のサイズで表示します

壊れたジョイントパーツですが、IKEAのお店に行けば予備パーツが手に入ります。在庫が無くても2週間で取り寄せ出来ます。後日、船橋のIKEAで手に入れて来ました。


■ IKEAの商品は「定番」を買うべき ■

船橋のIKEAが近いので、様々なIKEA家具を買った経験から、「IKEAの家具は定番商品を買うべき」という鉄則が私の中には成立しています。

IKEAの家具の板材は、細かなチップを接着剤で固めた「パーティクルボード」が用いられている事が多いのですが、この密度が低い。だから、固定用の穴がすぐにスカスカになってしまいます。特に、安い商品でこの傾向が強い。引出しもすぐに底板がたわんでしまったり、引出し自体が分解してしまったり、レールの固定ネジが外れて来ます。

ある程度、定番の商品は、そこそこの強度を持っていますが、やはりネジ類が緩みやすい傾向が有ります。分解しないのであれば、組み立て地にネジ穴に木工ボンドを流し込んだり、ネジ穴補修材を入れておくと良いのでしょうが・・・。

同じ北欧系の家具でも、高級家具は「MDボード」を使用しています。これは非常に細かなおが屑を高密度に接着剤で固めたもので、ノコギリなどでは容易に切断出来ません。当然、重く、強度も高く、変形もしません。倒産してしまいましたが、村田合同という会社の北欧系の家具がMDボードです。後はフリッツハンセンのテーブルの天板など。

最近ではBoConcept.など、中国生産でIKEAよりもしっかりした北欧系の家具も有りますが、これもパーチクルボード。ただ、組み立ては専門のスタッフがやってくれますし、ボードの厚さがあるので、強度には問題は有りません。


■ 日本の家具屋は衰退の一途 ■

世界を相手にする北欧家具は、安い家具も、高い家具も本当に良く出来ています。それに比べると「一点もの」や「匠の技術」で勝負して来た日本の家具屋は勝負になりません。

ただ、IKEAの家具は、狭い日本の家屋には大きすぎる事や、引っ越しに不便なので、ニトリが上手にそのすき間に入り込んで成長しています。

工業化やグローバリゼーションの荒波は、あらゆる分野に及んでいますが、街中から家具屋さんが消えて久しい。

次に消えるのは大塚・・・ゲフン、ゲフン。
4

2019/2/26

「統合通貨」という幻想・・・バランスシート的には  分類なし
 

■ バランスシート的に「統合通貨」を考える ■

昨日に続き「統合通貨」の幻想をぶっ潰します・・・って、上条当麻じゃないんだから(オタクしか分からないですよね)


バランスシート的に考えます

1)政府の発行した国債は政府の負債
2)日銀の購入した国債は日銀の資産
3)日銀は政府の子会社なのだから、連結決算的には資産と負債は相殺される

ここまでは、一部のリフレ論者がバラまいた「幻想」

4)日銀の国債購入は市場で民間銀行の国債を購入する事で行われる
5)民間銀行が国債を購入した資金は個人や企業の預金や銀行の自己資金を原資にしている
6)預金は国民の資産であり、銀行の負債

7)民間銀行は国債を日銀に売却して円(日銀券)を手に入れる
8)日銀券は日銀の負債

9)民間銀行は日銀券を日銀の当座預金に積み上げる
10)日銀は当座預金で国債を購入する


要は、日銀が異次元緩和でマネタリーベースを増やすと言っても、勝手に日銀券を刷りまくる訳では無く、市場から国債を購入して日銀券を発行してマネタリーベースを増やしています。

増えたマネタリーベースが銀行を介して融資や市場運用に流れれば、資金が民間市場に流れ出しますが、残念な事に銀行は手にした日銀券を日銀の当座預金に積み上げ、これが日銀が国債を購入する原資となります

「国債」 - 「日銀当座預金」 - 「民間銀行の預金」

この三者がバランスしている訳なので、「国債」と「日銀券」が相殺して消えてしまうとするならば、「民間銀行の預金」も消えてしまう事になります。これでは預金者が激怒します。

■ 異次元緩和が「財政ファイナンス」では無いと市場が判断する理由 ■

日銀の異次元緩和は「隠れ財政ファイナンス」と私はいつも書いていますが、実際に市場は「財政ファイナンスでは無い」と判断しています。

これは、日銀が市場から国債を購入する限り、「民間の預金」というお金の裏付けが存在するからに他なりません。

一方、仮に日銀が直接国債を購入し始めたら、市場は即座に「財政ファイナンス」と判断して、日銀券の価値は暴落するでしょう。何故なら「国債」=「日銀券」となり、相殺されてしまえば、円は「無価値」になってしまうからです。

■ 「府の負債=国民の資産」というデマ ■

一部のリフレ論者たちは「政府の負債(国債)」=「国民の資産(預金)」というデマもバラまいています。

ここに欠けているのは「国債は将来的な税金で相殺される」という原理原則です。要は、将来的には税負担によって預金が食いつぶされる「時間軸」を無視しているのです。

国債を発行すればするだけ、本来は税負担が重くなりますが、それを時間軸的に猶予期間を与えるのが「ゼロ金利」です。政府は国債金利がゼロならば金利負担無に国債を発行し続ける事が出来ます。マイナス金利ならば「国債発行益」すら出す事が出来ます。

しかし、これは、未来永劫に国債金利がゼロに張り付いているという前提でのみ成立します。仮に日銀がテーパリングに入れば、国債金利はゼロに固定する事は不可能です。

結局、「国債のゼロ金利」は新発国債のほとんど全額を日銀が市場から高値で買い入れる「異次元緩和」の状況でしか維持出来ません。

■ インフレ率が上昇しなければ異次元緩和は継続出来る? ■

「日本は低成長で成長率は将来的にもゼロかマイナスなのだから、異次元緩和を永遠に継続すれば良い」という意見もあるでしょう。

しかし、仮に中東で戦争が起こった場合、原油価格の高騰はあらゆる物価に影響を与え、インフレ率は上昇します。不景気なのにインフレが進行する状況を「スタグフレーション」と言いますが、実際にオイルショックの1970年代にアメリカやヨーロッパで発生しています。

原油価格高騰の様な外的要因でインフレ率が高まった場合、金融機関はゼロ金利の国債を大量に保有していたらどうなるでしょうか?

本来は国債金利は市中金利と連動するハズですから、国債金利も上昇(価格は低下)すると市場
は予測します。そこで、金融機関は損をする事が確実なゼロ金利の国債を手放そうとします。ここで、「日銀は無制限に国債を購入する」と発表するハズです。

この状況でも、銀行が国債を売却したお金を日銀の当座預金にブタ積し続ければ、国債は破綻しません。しかし、インフレが進行すれば、銀行は預金金利を引き上げなくてはなりませんから、ゼロ金利やマイナス金利の 日銀当座預金に資金を置いて置くと経営が破綻してしまいます。

一方、国債金利をゼロに固定したままで、日銀が日銀当座預金に利付けすると、日銀の負債が膨らみ、今度は日銀が破綻します。

この様な状況になった時、銀行が充分な金利を預金に付けられなければ、国民は預金を引き出そうとします。国民とて損はしたく無いからです。預金が引き出されてば、国債購入を支えていた民間の預金が減る訳で、ここで「異次元緩和」は継続が不可能になります。

ここから先は、日銀の国債の直接買い入れへと進む訳ですが、ここに至れば市場は「財政ファイナンス」と判断し、為替市場で円は暴落するでしょう。そしてインフレ率はさらに跳ね上がり、預金の価値や通貨の価値は大幅に失われます。

■ 問題はソフトランディングかハードランディングか ■

上述の状況は「ハードランディング」と呼ばれるシナリオで、「ハイパーインフレ」などと呼ばれます。戦後の日本や、第一次世界大戦後のドイツがこれに相当します。現在のベネゼエラもこれに当たります。

一方、「ソフトランディング」と呼ばれる状況も起こり得ます。これは戦後のアメリカやイギリスで起こりますが、中央銀行が上限金利をインフレ率よりも低く設定して、徐々にお金の価値を失わせる方法です。これを「金融抑圧」と呼びます。その結果、政府債務はインフレによって減価します。(インフレ時には借金は実質的に減価する)こうして、アメリカやイギリスは第二次世界大戦時に発行した大量の国債の価値を下げて、国債償還を達成しました。

日銀の異次元緩和も「ソフトランディング=マイルドなインフレの進行」で財政をリバランスする事を目的としていますが、低成長の日本においては、なかなかインフレが達成出来ません。そうしている内に、国債残高の大部分を日銀が保有する事になって行くハズです。によって

こうなると市場も流石に???となる訳で、「金利上昇による日銀の債務超過」の懸念が噴出します。日銀が債務超過に陥れば「日銀の債券」である「日銀券」って価値があるのかが疑われる事になります。経営破綻しそうな会社の社債が価値を失うのと同じです。

■ 怖いのは「外的要因」 ■

少子高齢化によってよって内的要因によるインフレは発生する可能性は低いのですが、原油価格の高騰の様な外的要因によるインフレは日銀にも政府にもコントロールする事が出来ません。


こう考えると「異次元緩和の限界」は「外的要因によるインフレ」である事が理解出来るかと思います。

もう一つ怖いのが、国内の巨大金融機関の経営破綻。私は「世界最大の投資銀行」と化している「ゆうちょ銀行」が危ないと危惧しています。リーマンショック級の金融危機がもし発生するとすれば、「ゆうちょ銀行」が被る損失は甚大でしょう。ここで「ゆうちょショック」が起きて、全国的に預金引き出しの動きが高まると・・・異次元緩和が継続出来なくなります。


はてさて、異次元緩和に引導を渡すのは「中東戦争」か、それとも「ゆうちょショック」か?
13

2018/10/4

緊急地震速報・・・人は情報にどう接するのか  分類なし
 

■ 未明の緊急地震速報には驚きましたね ■

未明の緊急地震速報に飛び起きた方も多かったのでは?

我が家では布団から飛び起きた私と、布団に入ったまま、「未だ揺れないねー」と強い揺れの到来を待っている家内との間で、緊急時の生存率の差が明確になりました・・・・。

■ 人々の反応は? ■

緊急地震速報の誤報の原因が知りたくて、しばらくネットを徘徊していたのですが、人々の反応が面白かった。

「誤報でも鳴らないよりはイイ」
「予行練習だと思えば」
「初めて鳴ったの聞いた。きちんと機能しているんだ」

という類の肯定派7割。

「夜中にビックリして起こされた」
「誤報で安眠を妨害された!!」

といった迷惑派が2割

「誤報の原因は何だろう」
「二次、三次の警報で震度予測が大きくなった原因は何?」
「蓮沼の計測器が大きな揺れを観測したのが原因?」
「一瞬M7.1が表示され、今はM4.6になってる。震源も銚子沖から茨木沖になった」

という分析派が1割。

■ 人は情報をどう受け取るのか ■

緊急地震速報の誤報に対する人々の反応は、凡そ社会の縮図の様でした。

人々は、日々様々なニュースや情報に触れますが、9割の人は「良い」「悪い」と主観判断でその情報を受け止め、それ以上の思考をする事は有りません。

それに対して1割の人が、起こった事象の原因や背景は何か、他の別の事象との因果関係は有るかなどと思考を巡らせます。


■ 世論操作は容易に達成される ■

新聞やTVニュースを始めとするマスコミは世論形成に重要な役割を担いますが、9割の人は情報に対する「主観」しか持ちませんから、世論操作は容易に達成されます。

発信する情報に、好感度の少しのバイアスを掛けたり、情報の量に偏りを持たせる事で、人々は容易に誘導されてしまいます。ワイドショーなどは、それを露骨に行い、ニュースなどは控えめに行います。

■ Twitterやgoogle などの分析プログラムには別の情報の姿が見えている ■

興味深かったのはtwitterの分析サイトで、「現在投資家のtwitterで「緊急地震速報」が急増ワードとなっています」と出てきた事です。

人々が緊急地震速報の誤報で、「驚いた」とか「きちんと機能している」なんて考えている時に、ネットを徘徊するBOTは、全く違う情報を情報の海から抽出しているのです。そして、その情報を利用する自動取引のプログラムは、瞬時に地震関連銘柄に買注文を入れて、人間より先に利益の機会を獲得します。

或いは、市場の混乱を予測して大量の売り通門を出すかも知れません。

今回は誤報でしたらか空振りでしたが、これが本当に大地震だったら人間がコンピューターの自動取引に敵うとは思えません。


深夜の緊急地震速報の誤報に、今という時代が透けて見えた気がしました。
7


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ