2022/5/27

gooブログに記事を書きました  分類なし
 

「人力でGO」 gooブログ



しばらくブログをサボっていたら、筆が重くなってしまった。
gooブログに久しぶりに記事をアップしました。
2

2022/5/18

ブログの引っ越し  分類なし


「人力でGO」はブログのお引越しをします!!



■ 人もすなるブログというものを始めた ■

2008年7月17に初めてブログというものを始めてみました。

最初は自転車旅行の「備忘録」として書き始めましたが、当時は一つの記事を書くのに、かなり時間が掛かっていた。最初はAOLブログから始めましたが、ここが閉鎖されたので、Teacupブログに引っ越しをしてからも、かなりの時間が経ちました。

■ 「低線量率放射線は安全」という記事でバズった ■

最初の頃は、自転車旅行やアニメネタなど、趣味の内容が多かったのですが、その頃の1日の訪問者は5人程度。ほぼ自己満足以外の何物でも無いブログでしたが、徐々に読者が増えて1日100人程が訪れる様になった頃、東日本大震災が発生し、福島第一原発で事故が起こります。

最初は「放射能はとても怖い」という記事を書いていたのですが、調べる内に「放射能は怖くない」という情報に行き当たり、「目からウロコ」で「低線量率放射線はむしろ身体に良い」という情報を発信し始めました。それが今で言う「バズって」一日の訪問者が5000人を超える日が続きました。

■ 誤字とオタク記事は、ファイアーウォールだった ■

サスガにこの数には多少の恐怖を覚えました。個人の発信する「いい加減な情報」がこんな多くの人の目に触れて良いのか・・。コメントも多くは共感や励ましの内容でしたが、「放射線が安全なんてケシカラン」的な内容も有り、「楽しいブログ運営」について悩んだ時期でも有りました。

そこで、一つの解決策を施してみました。

1)誤字や誤変換はなるべくそのままにする。
2)アニメやオタク記事と適度に入れる

そうした所、読者は半分程に減りましたが、「常識的な意見で粘着する」方は皆無になりました。「常識」に縛られる方の多くは「いい加減」を許容できないのでしょう。

コメントの返信に「謎文字」が多いのは、電車の中でiPhoneのローマ字入力で書いている為で、小さなキー表示を太い指でポツポツするので、ご入力が多い事と、iPhoneの謎変換で、気付かぬうちに「とんでも無い変換」をされる事が原因。入力画面の表示がスマホだと極端に小さいので、全文の確認が出来ない事と、修正したくても、思う様にカーソル位置が移動出来ないので、「謎変換」を放置しています。まあ、元の文章を想像して楽しんで頂く「ナゾナゾ」として楽しんで頂きたい。


■ 陰謀論ブログになってしまった ■

そんな個人の楽しみのブログが「陰謀論ブログ」になっていったのは「新型インフルエンザ」騒動が切っ掛けでした。それまでも「陰謀論的」な内容はアップしていましたが、私自身が陰謀論に半信半疑の面もありました。

しかし、「新型インフルエンザ」に関する報道は、数字を細かくチェックすると明らかに「異常」でした。季節性インフルエンザ以下の毒性のウイルスに世界が大騒ぎした。「新型コロナ騒動」と同じ事が当時も起きていたのです。

この出来事が私が「陰謀論」に確信を持た瞬間でした。このブログがGoogle検索から消えたのもその頃でした。それまでは、「世代間格差」などの検索ワードではトップに表示されていたのですが、それも突然消えました。面白いのは「三橋貴明 嘘」で検索すると、ご本人のブログでは無く「人力でGO」が一番上に表示されていた(笑)。これも消えてしまいました。まあ、ご本人に申し訳無かったので、内心はホットしましたが。


■ 陰謀がアカラサマに行われる時代に、このブログはどうあるべきか・・・ ■

トランプの登場により、それまでは日陰者だった陰謀論に脚光が当たり、それを信じる人も増えました。ネットには玉石混淆の陰謀論が溢れる様になった。

陰謀論が広まるのと並行して、陰謀サイドの「仕込み」が雑になって行きます。「新型コロナ騒動」やそれに続く「コロナワクチン疑惑」など数字をきちんとチェックしていれば明らかに「異常」なのですが、これらを指摘する意見をメディアは「くだらない陰謀論」として一蹴する様になります。陰謀論は広く広まった事で「負け組の妄想」というレッテルが貼られてしまった。

更にはダボス会議(世界経済フォーラム)が「グレートリセット」を発表するなど、陰謀サイドが「仕掛け」をアカラサマに宣伝する様になった。

そして「ウクライナ戦争」では、西側メディアが過去に報道していた事までが「無かった事」にされるという、どうツッコミを入れていいか分からない状況にまでなってしまった。

世界は「陰謀論を信じる人」と「陰謀論を信じない人」に二分されたと私は見ています。それぞれ信じたい情報しか信じない世界・・・。

陰謀論者の楽しみは、陰謀論に懐疑的な人達に、世界の裏側で「密やかに行われている陰謀」を開示して、「えーー世界は本当はそんなになってるんだ」と言わせる事だと私は考えています。ところがコロナ騒動とウクライナ戦争が突きつけた現実は、「陰謀論を信じない人は、どこまでも騙される」という現実でした。

ここで私の「ブログを書く楽しみ」が大きく削がれてしまった。結局、陰謀論を信じる人しか集まらない現実とどう向き合うのか、絶賛お悩み中です。


■ ブログの引っ越し ■

最近、記事のアップが滞る原因に「Teacupブログの閉鎖」も有ります。記事を増やしても、はたしてブログの引っ越しが成功するか分からない状況で、ブログを書く事に戸惑いがあった。

この問題はgooブログがTeacupブログからの引っ越しサポートをして下さった事で解決しました。
但し、エクスポートしたデータを圧縮すると10Mを越えてしまったので、引っ越しにはだいぶ苦労しました。文字化け問題を解決するのに時間が掛かりました。それが解決したのが昨日の事。

人力でGO


上からgooブログに飛べます。明日からは、こちらでブログをアップデートする予定です。しばらくブログ運営をどうするか悩む日々が続くと思いますが、今後とも末永くご愛読の程、宜しくお願い致します。



最後に、「人力でGO」の第一回目の記事を再録します。
この記事1つ書くのに、本当に時間が掛かりました・・・・。
誤字も丁寧に直していたなぁ・・・。




「房総縦断・自転車の旅」 人力でGO  2008.07.17 より


皆がやっているブログというものを、
43歳の私もやってみようと思って、
チャレンジします。
・・・って感じで始まるのは「土佐日記」でしたっけ?

さて、日記も書かない人間がブログなんて続くのでしょうか?
何を書けばいいのでしょうか?

とりあえず、自己紹介から。

私は、小学生の時から変な子供でした。
放浪癖があるというか、
とにかく一人で野山も歩くのが好きな、年寄りじみた子供でした。
坂があれば本能的に登る。
自転車があれば、腹が減って動けなくなるまでこぎ続ける。

それで、どんな大人になったかというと、
全く、そのまんま、大人になってしまいました。

坂は富士山に代わり、走って登ります。
子供の自転車は、スポーツバイクに変わり、結構遠くまで行けます。
50kmまでなら、足で走って行きます。

先日、yahooオクで、ロードの自転車を落札しました。
遊びで入札していたら、落札通知が来てしまいました。
10年くらい前のカーボン・モノコック。(ちょっと不安)
コンボはオール・カンニョーロで8速のコーラス。(ちょっとラッキー)

てな訳で、中古ロードバイクはどこまで走れるのか、
体力の限界にチャレンジしてみる事にしました。

未だ、車体に慣れないので、フラットペダルに交換して、
チューブラタイヤも新品に交換。
準備万端で、6月13日(日)の、午前5時、津田沼の自宅を出発!!
目指すは、学生時代に自転車で行った、養老渓谷。

さて、自転車の走りはというと、
加速はミニベロの方が早い気も・・・・。
ただ、時速30km/h以上での巡航がとても楽。
国道357で八幡宿まで向かいますが、車の後ろに付けば
40km/hでも、スイスイ進む感じ。

八幡宿で大多喜街道に、ここからは緩い登り下りが連続しますが、
緩い登りなら、トップギアでも加速しながら登る。
やはり、車体の軽さは効果絶大か?
道の両側は、青々とした田園風景。
ちょっと、朝霧が掛かって、とても気持が良い。
車も少なくて、とても走り易い道です。
(茂原街道は大型車の交通量が多くて、
 路肩も荒れているいので、外房に抜けるのには、大多喜街道は便利かも)

上総牛久で大多喜街道と分かれて、清澄養老ラインへ。
ここからは、蛇行する養老川を渡る度に、
結構アップダウンを繰り返します。
高滝湖を越えた、養老渓谷はあと一息。
結構、長くて急な上り坂を2つ3つ超えると、
養老渓谷に到着。

ここまで、ほぼ60km。
2時間45分。
学生時代、ロードバイクの形をした鉄の塊(ヨーカドーで\29,800)で来た時とは
疲労感が大違い・・・っていうか、全然疲れてない。
ウーン。やはり軽いロードバイクは楽だ。

クリックすると元のサイズで表示します
疲れたらこのまま帰ろうかとも思ったけれど、
まだまだ行ける感じ。
とりあえず養老の滝でも見に行くか。
養老渓谷駅から5km程、途中、急坂を一箇所越えると
渓谷沿いの遊歩道がある所に出ます。
自転車をどうしようかとも迷いましたが、
軽いので、かついで階段を下って河原へ。
ここからは、いくつかの滝を見ながら2kmの楽しい散策タイム。
岩床を清流が滑る様に流れていきます。
木に集まっているのはエナガでしょうか?
ホトトギスの鳴き声もします。
しばらくは、日頃の喧騒を忘れて、命の洗濯って感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

そうそう、妻や子にこの自然を分けてあげなきゃ・・・
なんと、養老渓谷でも携帯は繋がります。
妻「もしもし、今何処?」
私「養老渓谷、知ってる?川の音聞こえる?」
妻「そお?ザーって雑音がしてる。」ガチャン。
・・・・・っまいっか。

遊歩道は養老の滝で終わり、また自転車を担いで階段を登ります。
さて、次は・・・7月下旬は麻綿原高原のアジサイを見なければ!!

という訳で、とりとめも無いブログが明日に続きます。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
11

2022/5/10

GWの悲劇・・・二度ある  分類なし
 

ブログの更新と、コメントへの返事が滞っておりますが、コメント欄は皆さまが盛り上げて下さっているので、頂いたコメントは随時公開いたします。


天気が心配されたGWですが、後半は晴天の日も続き絶好の行楽日和。
私は、伊豆の湯ヶ野温泉にある「伊豆の踊子の宿」の福田家に予約を入れていたので、家内と自転車で、「伊豆の踊子」の旅を楽しんで来ました。

ところが、悲劇は温泉を堪能した夜に起こりました・・・。

川沿いの旅館の部屋の中には何匹か蚊が居たのですが、夜寝ている時に、その内の一匹が私の腕に止まった。

すかさず家内が、横から飛び付いて、私の腕の蚊を潰しました。猫がゴキブリを狩る様なスピードで、或いは、『ちはやぶる』の千早ちゃんが百人一首を払う様な勢いで、思い切り、私の上に「ダイブ」して、蚊をパチンと潰しました!!


「取ったぁーー」という家内のオタケビに
「アイター!!」という私の悲鳴が重なります・・。

私は2週間前に肋骨を骨折して、ようやく痛みが少し取れて来た所でした。温泉療養で、さらになる回復を目指す矢先の出来事でした。


家内に怒る事も出来ず、翌日は痛みと戦いながら下田まで辿り着きました。


背骨がズレたのか、肋間神経痛も出て、昨日までは痛みと戦っていたので、PCに向かう気にもなれませんでしがが、昨晩、試しにで板の間に敷布団を敷かずに寝たら、朝起きる時にパキンという感じで脊椎のズレがも戻った。ミゾオチの辺りの刺す様な痛みも、脇腹の疼痛もウソの様な消えました。

これ「西式健康法」で推奨されている睡眠方法です。

単に布団を敷かずに板の間の仰向けに寝るだけですが、これで寝ている間に身体の歪みが取れます。慣れるまでは2週間程、背中が痛いですが、慣れてしまえば朝まで寝がえりを打たずに寝れます。



温泉旅行記は改めて。

MMTは分かった様な、分からない様な・・・。
多分、インフレを止められるかどうかの問題で、インフレが適正のレベルに抑えられるならば別にMMTだろうが、政府通貨だろうが、木の葉のお金だろうが問題は無いのでしょう。

ではインフレ率が上った場合はどうなるか・・・。
問題は二つで、一つは物価上昇にる実質賃金の低下。
そしてもう一つは、超低金利でバランスしていた債権市場の崩壊。

大きすぎる市場を抱える現実の社会では、債券市場の崩壊の影響の方が、多少の物価上昇よりも大きな被害をもたらします。

嫌らしいのは「経済学の枠の外」で、ウクライナ戦争でエネルギーコストが上昇したり、中国のコロナ対策で供給制約が発生する事。(明らかにインフレを狙ったタイミングですけどね)

ここら辺の考察は、また改めて・・・というか、市場、そろそろヤバく無いか?円キャリーで支えるにも限界は有ります。
6

2022/4/4

合理性を欠く情報は疑え・・メディアの馬脚  分類なし

私はニュースや新聞記事を全く信用していません。

多くの人がコロナ騒動で「メディアの役割」に気付いた様に、

ロシアのウクライナ侵攻でも「メディアの役割」が遂行されています。



西側メディアは西側の、東側メディアは東側の都合の良い情報を提供します。

分かりやすくメディアがその役割を果たせば果たす程、

人々からメディアに対する信頼が失われて行く。



気を付けるべきは、それぞれのメディアが「共通の利益」の為に情報を流しているケース。

表面的には反目しあっている様に見えても、

実は何か別の隠れた目的の為に世論誘導したり、経済を誘導するケースには注意が必要です。



双方の報道の、ほんの少しの違和感に注意を払い、

非合理的な報道を注意深く集める事で、

裏に隠れた「何か」に気づけるかも知れません。



コロナもウクライナ侵攻も、違和感の塊の様な出来事ですが、

その先に何が待ち構えているのか・・・・。




私の様な陰謀論者は、怖いもの見たさや、陰謀論の正しさを証明したいが故に

「ドル崩壊」などという、いかにも陰謀論者が好きそうな未来を思い描く傾向にありますが、

そんな先入観も捨てて、今は小さな違和感を少しずつ集める事が肝要なのかも知れません。

21

2022/3/17

ウクライナ情勢は市場には値動きのネタ  分類なし

ダウも日経平均ももう少し落ちてから回復すると思っていましたが、

ウクライナ侵攻後の下落期間は意外に短く

FRBの利上げも予測通り0.25%だったので、

市場はイベントを消化してリカバーモード。

意外に、底を狙っていた人は肩透かしだった。



ウクライナ情勢は、ドイツはそろそろ息切れして

ゼレンスキーにロシアと仲直りを薦めている。



中露の通貨スワップにインドも乗りそうで

成長力と資源を有するこタッグに擦り寄りたい国も多い。


トルコはアメリカと距離を取り始めたし

サウジアラビアも石油の元による決済を検討し始めた。



ルーブル、元、ルピー辺りを束ねて新基軸通貨が模索される。




一方、意外に上手な役者ぶりのゼレンスキーは

アメリカとNATOに裏切られた「悲劇の大統領」を演じ始めた。


今後、批判の目はネオナチに向けられた、ウクライナ軍も動きが取り易くなる。

場合によってはネオナチ掃討や、クーデター的な政府高官の拘束もあり得る。



「ネオナチが悪い」という空気が広がればウクライナ国民も振り上げた拳の置き場ができる。



アメリカとNATOに見捨てられたウクライナ人はロシアに擦り寄るしかし無い。



そんな妄想をしていたら、地震で停電。断水でトイレも使えなくなった。
こっちの方がリアルな危機だった。
14


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ