2010/1/31

したたかな日本の官僚  危険なワクチン
クリックすると元のサイズで表示します


■ ほとんど使用されない輸入ワクチン ■

厚生労働省が輸入ワクチンの初出荷を募った所、
山梨県から200回分の発注があったのみという報道がありました。

グラクソとノバルティス社合わせて
474万回分の摂取量を確保しているのに、
国産ワクチンも余っている状況下で、
輸入ワクチンはほぼ全量が無駄になりそうです。

■ 厚生官僚の巧みな戦略 ■

ところで、この200回分の発注しか無かったという
ニュース・ソースは誰が流したのでしょうか?
当然、出所は厚生労働省です。

彼らは何故、自分達の不利になるような情報を流すのでしょうか?

それは、輸入ワクチンを接種させたくないからです。

私はグラクソのワクチンがカナダで比較的高率で
アナフラキーショックという副作用が発生したという
年末の報道の時に、この事を疑い始めました。

副作用は1つのロットに集中しており、
副作用の実態は、国産ワクチンに比べても
大差無いものでしたが、
厚生労働省はマスコミ各社にこの情報を流し、
調査団をカナダとスイスに送っています。

あたかも、「輸入ワクチンが危険」と思わせる情報を
輸入ワクチン接種前に流す事で、
輸入ワクチンに対する国民の不安を煽っています。

■ あえて発注量を低く抑えた? ■

今回の「200回分だけの受注」報道にも裏があるようです。

http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2010-01-28
この医師のブログによれば、
輸入ワクチンの第一回目の受注は、
締め切り直前に連絡が来た為に、
ほとんどの自治体で、発注量の確認が出来なかった為に
山梨県の200回分の発注しか発生しなかったと疑っています。

この「200回分のみ発注」の情報にマスコミは飛びついて、
「ほとんど使用される事の無い輸入ワクチン」という
ネガティブ・キャンペーンが実施されるでしょう。

輸入ワクチンの接種時期も、
諸外国に比べて遅く設定し、
新型インフルエンザの流行が収まる頃にしています。

■ 輸入ワクチンの導入を薦めたのは誰? ■

クリックすると元のサイズで表示します

上記ブログでは、枡添厚生大臣のブレーンが
輸入ワクチンの導入を強く勧めたと書かれています。

木村盛世氏が自身のブログで、
輸入ワクチンの導入を強く訴えていました。

又、上の写真は講談社が出版を取り止めた、
厚生労働省の技官「村重直子」氏の
厚生労働省批判の書籍ですが、
村重氏も、輸入ワクチンの導入を躊躇う官僚を批判している様です。

この2人に共通しているのは、
海外での臨床経験があり、
臨床経験が殆ど無い厚生労働省の官僚を
頭でっかちの無能と批判している事です。

彼女達が厚生労働省という組織に所属しながらも、
上層部を徹底的に批判し、
それでも厚生労働省に居られる理由は何でしょう?

・・・強力なバックアップがあるからでは無いでしょうか?

厚生官僚が反対する輸入ワクチン導入を実行させる誰かが
彼女達をバックアップして、
「厚生官僚は無能」というプロパガンダをさせているのではないでしょうか?

■ 一枚上手の厚生官僚 ■

厚生官僚は、輸入ワクチンの導入では押し切られますが、
ワクチンを実質使わせないという高等戦術に切り替えます。

1) ワクチンの輸入時期を遅らせる
2) 輸入ワクチンのネガティブな情報をリークする


これらの試みは見事に成功しようとしています。

さらに、組織培養ワクチンの開発研究費を、
新型インフルエンザ対策費と称して獲得しています。

木村氏はこの事を問題視していますが、
国の安全保障に係わるワクチン製造技術が
諸外国より遅れている現状を打破する事がいけないのでしょうか?

■ 厚生官僚の目的 ■

厚生官僚の目的は明確です。

1) 国産メーカーの保護
2) 国産メーカーの技術力向上


新薬開発を柱とする化学薬品が低迷する中で、
ワクチンは次世代医療として、
癌の治療などで期待が集まっています。

諸外国に比べ遅れているワクチン技術を
向上させる事は、日本の国益に合致します。

又、外国からウイルス攻撃を受けた際にも、
国産ワクチンの製造は重要な安全保障です。

この事を批判する人物は、誰の便宜を図っているのでしょうか?

■ 国産ワクチン産業は両刃の剣 ■

有事の際に国産ワクチンを量産する為には、
平時でも、相当な量のワクチン製造ラインを
維持する必要があります。

その為にはワクチンの需要を維持する必要が生じます。

組織培養ワクチンの製造技術が確率すれば、
短期間に大量のワクチン製造が可能ですが、
「国民全員分」のワクチンを供給できる設備を維持する為には
平時でもある程度のワクチンの需要が必要です。

結局、我々は「国産ワクチン漬け」にならざるを得ません。
国産ワクチンも「両刃の剣」なのです。

■ 有事に間に合わないワクチン ■

さらに、国産ワクチンが本当に有事に役立つかという問題があります。

軍事利用されるようなウィルスは、
「感染率が高く、死亡率も高い」人工ウイルスです。

今回の新型インフルエンザの例でも分かる様に、
ウイルスは全国に瞬く間の伝播します。

ウイルスを同定し、ワクチンを開発し、ワクチンを量産する期間と、
ウイルスが全国に蔓延する期間はどちらが早いでしょうか・・・。

経済活動を継続する限り、人と人の接触は避けられません。
結局、経済をストップして、人々の接触を絶たない限り、
ワクチン製造までに感染はピークに達します。

安全保障としてのワクチンの有効性には
この様なジレンマが付きまといます。

一方、有事を想定したワクチン製造ライン維持の為に
我々はワクチン漬けを余儀なくされます。

結局、自分を守るのは自分です。
免疫力を日頃から向上させ、
なるべくワクチンに頼らない生活を送るしか無い様です。




0

2010/1/12

新型インフル・・・欧州委員会がWHOを追及  危険なワクチン


クリックすると元のサイズで表示します


■ 欧州委員会がWHOと製薬会社の関係を追及 ■

インターネットの情報が常に正確とは限りませんが、新聞やTVなどが伝えない情報に溢れている事は事実です。新型インフルエンザに関して言えば、各種報道は冷静さを取り戻しつつありませが、未だにワクチン接種を勧める記事が多い様です。

一方、ヨーロッパでは欧州委員会がWHOと製薬会社の関係について、とうとう追及する姿勢を見せ始めました。

http://satehate.exblog.jp/13459441/

実体が何処まで明らかになるかは予断を許しませんが、今回のパンデミック騒ぎはWHOの良く言えば「勇み足」、悪く言えば「製薬会社への利益供与」であった事は明確になりつつあります。

新型インフルエンザの毒性が極めて低い事が判明し、各国で大量のワクチンが余り、国民からその責任を追及されつつある各国政府や欧州委員会が、WHOの責任を追及するのは至って自然な成り行きです。

■ 問題なのは日本のマスコミ ■

問題なのは日本の大手マスコミの閉鎖性と画一性です。日本の新聞はまるで政府の報道機関であるかの如く、新型インフルエンザの危険性しか報道してきませんでした。ちょっとネットで海外の感染状況や、国内の感染者と死者の数字を調べれば、誰でも今回のインフルエンザが極めて毒性の低いものである事に気付くはずですが、その事に言及する報道はほとんどされて来ませんでした。

むしろ、国産ワクチンも輸入ワクチンも臨床が不十分で、副作用の発生率の通常の季節性に比べ高率である事を全く無視して来ました。その結果、インフルエンザに感染して死亡した人よりも、ワクチン接種後に亡くなった方が多くなるという大変悲惨な事態を招いています。ワクチンが死亡原因とは限りませんが、接種後に健康だった高齢者が心筋梗塞にったり、肺水腫に陥ったりと似た様な症例が多い事からも、ワクチンの影響を全く無視する事はむしろ不自然です。

http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2010-01-07

まして、今後は国内的には安全性の確率していないアジュバント入りの輸入ワクチンの接種が始まります。「スクワレン・アジュバント=不妊化」というのは確かに根拠の無い風評なのでしょうが、アジュバントの安全性が100%確認出来ていない事も事実です。

この様な問題点に、ネットは非常に敏感ですし、マスコミは常にグレーゾーンは隠蔽する傾向があります。そして、そこでは常に国民の命や財産が危険に晒されています。

■ ネットの力を見誤ったWHO ■

インターネット時代以前であれば、ワクチンがこれ程余る様な事態にはならなかったでしょう。しかし、ネットは風評の拡張装置であり、悪い噂程迅速に広がって行きます。

風評というと根拠の無い噂のように感じられますが、火の無い所に煙は立たない様に、疑いの無い風評は伝播しません。誰もが漠然と「不自然さ」を実感しているからこそ風評が広がって行くのです。これはある種の社会の防衛反応かもしれません。

WHOはネットを甘く見ていた様です。パンデミックを声高に叫べば、人々は恐怖してワクチンを接種すると思っていたのでしょうか?

■ 一度疑いの目で見始めると・・・ ■

私も新型インフルエンザ騒動まではWHOは善意の機関だと思っていました。しかし、一度疑いの目で見始めると、彼らの政策の全てに、何か利権や、或いは計り知れない悪意が潜んでいる様に思えてきます。エイズのワクチンも、子宮筋腫予防ワクチンも、WHOの推進するワクチンを疑念の目で見てしまいます。

ワクチンによる人口統制というのは、荒唐無稽かもしれませんが、製薬会社に対する利益供与となれば、あながちウソでは無いかもしれません。

■ さらに疑いの目で見れば ■

さらに疑いの目で見れば、WHOと製薬会社の癒着はベタな内容だけに、世の中の理解が得やすく、それによって何か重大な事を隠しているようにも思えます。

スキャンダルがより重大な事象をもみ消す為に使われる事は世の常です。ネットはWHOの色々な噂に溢れています。彼らははたして製薬会社に利益誘導するようなチンケな目的の集団なのでしょうか?それとも・・・。


■ 51週(12月14日〜12月21日)の日本の感染状況 ■

クリックすると元のサイズで表示します

51週の日本に感染状況がアップされていました。
日本でも新型インフルエンザは確実に収束に向かっています。

国産ワクチンですら余っている状況で、輸入ワクチンはどうなるのでしょうか?責任追及の矛先は、厚生労働省の小役人では無く、WHOに向けられるべきです。
1

2010/1/6

新型インフルエンザの終焉  危険なワクチン
クリックすると元のサイズで表示します

 新型インフルエンザは終焉しつつある ■

上のグラフは第50週(12/7〜12/13)のインフルエンザの感染者数(定点)データです。感染のピークが明らかに過ぎ去った事を示しています。この間、ワクチンが接種されたのは妊婦やハイリスク層だけなので、ワクチンに関係無くインフルエンザが終焉しつつある事が分かります。今週金曜日には第51週のデータが発表されます。患者数はさらに減少している事でしょう。

■ 無症感染者が発症者の5倍 ■

イギリスやフランスで新型インフルエンザの抗体検査をした所、発症者の5倍の無症感染者が確認されたようです。日本では14歳以下の子供達が新型インフルエンザの抗体を持って居なかった様ですが、40人のクラスで10人発症していれば、残りの30人いは発症せずに抗体を獲得した可能性が高くなります。

未だにインフルエンザを発症せずに心配されている受験生のお母様方も、新型インフルエンザがこれ程流行して発症しなかったのですから、お子様は抗体を既に獲得していると考えて、安心なさっても宜しいのでは無いかと思います。

中3と高3の受験生に対する新型インフルエンザワクチンの接種が1ヶ月前倒しで12月から実施されている様です。抗体獲得の期間を考えると賢明な選択だと思われます。副作用の発生確率と、受験当日に発症するリスクのどちらが高いかを考えれば、受験生はワクチンを接種した方がメリットがあるとも言えます。

尤も、先述した様に無症感染で既に抗体を獲得している可能性も高いので、あくまでも気休めとしての接種になるのかもしれませんが・・。

■ 季節性インフルエンザのご注意を ■

先日もこのブログに書きましたが、娘が年末に発症したのは季節性のインフルエンザだと思われます。私も元旦にジョギングをしていて激しい下痢に襲われましたので、多分娘から感染したのかもしれません。(私は風邪はだいたい下痢症状だけ現れて直ります)

娘のインフルエンザの簡易検査の結果が、非常に早く顕れ医者もビックリしていましたが、新型インフルエンザではなかなか顕著な反応が顕れません。一説には新型インフルエンザは季節性インフルエンザよりも高い温度で繁殖する為、鼻の穴から長い麺棒を突っ込んでウィルスを採取する上部咽頭でのウィイルスの増殖が少ないのかもしれません。ウィルス性肺炎が多発するなど、明らかに季節性インフルエンザと違う部位で、ウィルス増殖をしている様です。

さて、今年の季節性インフルエンザですが、国内で流行する可能性があるのはA香港型では無いかと言われています。ブリスベン株というのがA香港型の最新のトレンドの様ですが、こちらも遺伝子が変異しているらしく、感染力が強いようです。

現場も混乱し始めている様です。

http://www.asahi.com/national/update/1215/OSK200912150055.html


■ しっかり発熱してしっかり直そう ■

発症しても従来の季節性インフルと差は無いので38度以上の高熱が1日程度で、後はタミフルを飲まなくても勝手に直ってしまいます。発熱する時点で免疫反応が働いているのですから、当たり前といえば当たり前です。動物は発熱する事で、熱でウイルスを死滅させているのです。しっかり発熱出来る体力が早く直るかどうかの分かれ道とも言えます。

■ 異常行動に注意!! 高熱時に子供を一人にしてはいけない!! ■

ところで、一時期若年者のタミフルによる異常行動が問題になりました。今でも16歳以下にはタミフルを処方しない良心的な医者も多いようです。

娘は先日のインフルエンザの際に、発熱した初日だけタミフルを飲ませました。午後になって、突然布団から飛び出して来て、「お父さん、部屋がお花畑!!枕の横は崖だし、コワイ・・コワイ」と5分程訴えていました。寝ぼけたというよりは、完全に幻覚を見ている様でした。同じマンションの小学校5年生の男の子も「変なオジサンが見えた」と言って怯えたようです。

インフルエンザ発症時の異常行動の原因がタミフルにあるのか、インフルエンザ自体にあるのか判明していませんが、子供達が幻覚を見る可能性があるようなので、発症一日目の高熱がある間は、親が傍に付いて監視していた方が良いようです。娘の様子を見ていると、窓から飛び出した子供が居ても、あながち不思議には思えないものがありました。

■ 季節性インフルエンザのワクチンは品薄 ■

フランスでもドイツでも、そして日本でも新型インフルエンザのワクチンは大量に余っています。フランスのワクチン接種率は10%程度。ドイツは5%程度で両国は余ったワクチンをウクライナなどの他国に売り込むのに必死です。

一方、日本において季節性インフルエンザのワクチンは不足しています。生産量が例年の8割程度で、高齢者などハイリスクに優先的に接種されているので、受験生や一般の方まで行き渡るかどうか微妙な状況です。

血液抗体しか作れず、感染を防ぐ事の出来ない日本の不活性ワクチンがどれ程の効果を示すかはいささか疑問もありませす。

やはり受験生などは、ストレスを溜め込まないように留意して(無理でしょうが)、温かい鍋で野菜をたっぷり取って、ゲームなどせずにぐっすり寝て、免疫力をアップさせるしか無いでしょう。

■ 新型インフルエンザが季節性を押さえ込んでいる? ■

年末の報道で、「新型インフルエンザが季節性インフルエンザを押さえ込んでいる」との感染症研究所の発表がありました。

町医者のブログなど見ると、子供達が今年2度目のインフルエンザに感染し始めた様ですが、遺伝子検査に数万円掛かるので季節性と特定されずに、新型インフルエンザとして処理されている様です。

そもそも、季節性インフルエンザの流行時期はこれから本番を迎えます。厚生労働省はワクチンを大量購入した手前、季節性インフルエンザも新型インフルエンザとして処理したいのでしょうが、高齢者に感染者の多い季節性インフルエンザは新型よりも致死率が明らかに高いので(高齢者において)注意が必要です。

0

2009/12/21

自業自得?・・・ワクチンが余って損失発生?  危険なワクチン
クリックすると元のサイズで表示します



■ インフルエンザの世界的権威に疑惑に目 ■


面白い記事を見つけました。

http://satehate.exblog.jp/13241164/

「ドクター・インフルエンザ」の異名を持ち、WHOにも多大な影響力を持つエラスムス大学(オランダ、ロッテルダム)のアルバート・オスターハウス博士が、「新型インフルエンザのパンデミック」というパニックを引き起こした張本人として非難されています。オランダ議会下院は、利益相反と財政上の不正があるという申し立てを受けて調査に着手したようです。

オスターハウスは博士はSARS以降、鳥インフルエンザ、新型インフルエンザなど、新しいウィルスのパンデミックを警告し続けてきまいた。彼はWHOの科学アドバイザー集団、SAGE(戦略的アドバイスを行う専門家集団)のメンバーの一員す。彼は製薬会社から利益を得る立場にあり、彼がインフルエンザのパンデミック危機を煽る事で製薬会社は多大な利益を得る結果となりました。


■ WHOの活動資金を製薬会社が出資 ■

Wikispediaでは、WHOの活動資金は各国政府の拠出金によって賄われると書かれていますが、この記事によると、「過去十年の間に、WHOは、自由に使える資金を増やすため「官民提携」と呼ぶ方策を採用している。当初の目的に沿った形で国連加盟の政府のみから資金を受け取るのではなく、今日のWHOは通常の国連予算の二倍近い金額を私的業界からの助成金・資金支援の形で受け取っている。」という事の様です。

今回の新型インフルエンザのパンデミックが製薬会社の利益の為に演出されたものだとすれば、WHOの不可解な行動にも納得出来ます。

WHOが製薬会社の資金で運営されているという事は恐ろしい事です。これは麻薬捜査が麻薬の密輸組織の資金で運営されている様な物です。

■ 自業自得? ヨーロッパで大量に余るワクチン ■

しかし、製薬会社の思惑は外れた様です。ヨーロッパ各国では無料で新型インフルエンザワクチンが接種出来るにも係わらず、ワクチンを接種する人が少なく、大量にワクチンが余っています。

http://nxc.jp/tarunai/index.php?page_id=26から引用>

欧州でA/H1N1ワクチンが接種希望者数が少ないため余っていて、発注量取り消しや量の減少、さらには返却問題がこの2週間に起きてきていた。
 日本のマスコミがそうした状況を一切取り上げないことを不審に思っていたが、本日の朝日新聞が取り上げた。ようやくと言った感じではあるが。
 {…新型インフルエンザの流行に備えて大量のワクチンを確保した欧州主要国で、ワクチンがだぶついている。接種率が極めて低いためだ。ワクチンの有効期限は1年のため、最悪の場合、廃棄せざるを得ない。先ごろまでのワクチン争奪戦から一転して、売却先を探す動きが加速している。
 英国では今月10日までに1320万回分のワクチンを病院に配布。10月21日に医療従事者や妊婦など優先対象者から接種を開始したが、まだ230万人(12月10日現在)しか接種していない。
 フランスでは、優先対象者2500万人のうち、接種済みは16日段階で365万人にとどまっていた。このため接種対象を一般の成人4千万人にまで拡大し、18日現在では約400万人となった。
 他の主要国でも状況は同じだ。イタリアでは各自治体に計743万回分が配布されたが、15日現在で接種したのは約69万人だけだ。ドイツでも接種済みは約670万人と、人口の8%にすぎない。
 ほとんどの国で接種は無料。にもかかわらず接種率が低い理由の一つが、ワクチンの副作用に対する不安だ。接種の際の頭痛や熱、めまい、吐き気といった症状が繰り返し報道されたうえ、カナダ国内で想定より高率の副作用が報告されたことで警戒感が強まった。季節性インフルエンザと比べて死亡率が低いと解釈し、感染に対する危機感が薄いこともある。仏の世論調査では、4割が「全く心配していない」と答えている。…}
 また”FINANCIAL TIMES”でも類似の論説を展開しているが、こちらはワクチン製造メーカーが大きな経済的打撃を受ける予想を中心としている。A/H1N1ワクチンに販売収益の予想は、グラクソスミスクライン社が35億ドル、サノフィ・アベンティス社は10億700万ドル、ノバルティス社は8億5800万ドルと見込まれていた。
 西ヨーロッパでは流行は完全に下火になっており、北米では終息に近い状況である。
 WHOとしては、このA/H1N1インフルエンザの発生を抑えてゆくには、出来るだけ多くの人にワクチン接種が必要と考えているようではあるが、問題はそのポリシーが、H5N1鳥インフルエンザを対象にしたものと本質的に変わっていないことである。

<引用終わり>

もし、製薬会社が大量の在庫を抱える事で、多大な損失を被るならば、それは自業自得としか言いようがありません。

日本ではマスコミの一大キャンペーンもあって、幼児の母親や受験生がワクチン接種を希望しているようですが、当のインフルエンザの発生が下火になっていますし、輸入ワクチンの副作用も取りざたされた影響でワクチン・フィーバーも収束に向かう事でしょう。

果たして大量に購入される予定の輸入ワクチンは発注中止や返品が出来る契約になっているのでしょうか?もし返品出来ないのなら、多大な税金を投入した責任は誰が取るのでしょうか?

新型インフルエンザの恐怖を煽ったマスコミ各社は深く反省すべきです。
尤も反省という言葉から一番遠い日本のマスコミではありますが・・。


■ マスコミは有害な存在に成り下がっている ■

温暖化問題でも同様な事が待ち受けています。さんざん温暖化の恐怖を煽っておいて、結局各国が協調した温暖化対策など絶対不可能で、削減義務を追った日本は高いお金を払って排出権を買い、運が悪ければ年間1兆円もの途上国支援を負わされる可能性があります。

マスコミ各社は今更の様に、鳩山首相の「25%削減」発表を責め始めましたが、温暖化の恐怖を煽り続けた自分達の責任には一切言及しません。

インターネットの時代、誰もが手軽に自分なりの真実を探す事が出来ます。そんな時代にマスコミは政府や一部の企業のプロパガンダの媒体に成り下がっています。マスコミが「斜陽産業」と呼ばれる日も近いのかも知れません。

0

2009/12/21

キター!! 季節性インフル?  危険なワクチン
クリックすると元のサイズで表示します

■ 今度は季節性インフルエンザか? ■

午前4時頃に中学一年の娘が台所でごそごそやっているので
さてはつまみ食いかと思って見に行くと、
真っ赤な顔をして、体温計で熱を測っていました。

そういえば、水曜日の夕方、風邪をひいたみたいと言っていたような・・・。
昨日は元気一杯焼肉を食べていたので、
もうすっかり大丈夫だと思っていたのですが。

熱は38.7度・・・アレ、これってインフルエンザじゃないの??
早速、家内が病院から貰ってきた、期限切れ寸前の検査キットで試してみました。

・・・しっかり、A型。
それもクッキリ出てます。
「新型インフル」は検査キットの反応が弱いようなので、
「季節性インフル」ですね。多分。

後2日で学校も冬休みになるというのに、
よりによってこのタイミングとは・・。

・・・そう言えば、水曜日の夕方、私も背筋がゾクゾクして、
インフル、キターーーって思ったのですが、
忘年会でいっぱい飲んだら直ってしまいました。
やはり、体の中からアルコール消毒が一番ですね。

■ ところでタミフルって・・・。 ■

ところで、タミフルって発症後48時間以内に服用しないと
あまり効果が期待出来ない様ですが、
発症ってどの状態の事を言うのでしょうか?
水曜日のちょっと風邪っぽい状態が発症ならば、
もうとっくに48時間は経過してしまっています。

大体、38度を越える発熱は、自己免疫反応が始まっている訳で、
しっかりウィルスは増殖していますよね。
ちょっと風邪っぽいだけで検査キットを使用しても反応は出ないでしょうし、
結局、インフルエンザを疑うのは高熱が出てからですから、
ウィルスはしっかり増殖をした後になる訳で、
そうすると、抗ウィルス薬って、実はほとんで役立たずなのでは?
重症化は防げるのでしょうが・・・ちょっと間抜けな薬です。

海外ではタミフルは殆ど処方しない様ですね。
世界の7割のタミフルは日本で処方されているようです。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ