2014/6/26

トマトの肥料の状態・・:過多なのか、不足なのか?  エコロジー
 

クリックすると元のサイズで表示します

娘が学校から沢山のトマトを持って帰って来ました。
農業の課題研究の為に配合比を変化させた用土でトマトの生育と糖度の違いを実験していますが、ピートモス、パーライト、バーミキュライトの量を極端に変えた用土を9種類用意し、さらに比較としてただの畑の土のサンプルを2鉢ずつ比較します。計20株の桃太郎トマトを栽培しているので、1回の収穫で20個のトマトが取れます。

高校生の研究なので、配合比は極端に変化させていますが、トマトはどれもスクスクと育ち、配合比の違いはトマトの実にあまり影響を与えない様で、糖度も大きさもあまり変化が無かったそうです。

他の子供達は様々なテーマを選んで研究を進めていますが、「トマトは牛乳で美味しくなるか」とか、「トマトの周囲にバジルを植えると美味しくなるのか」といった実験から、「キュウリを横に伸ばすとどうなるか」などという単純だけど実は興味深い実験まで行っています。

「野菜に音楽を聞かせて成長の差を調べる」というテーマを選択しようとした生徒も居たそうですが、これは先生が「野菜が音楽を聞き分ける訳ない」と却下したそうです。しかし、実際には音が植物の生育に影響を与える原理が科学的に明らかにされています。。

1992年にフランスのジョエル・ステルンナイメールは音の持つ固有の振動が植物のタンパク質合成に影響を与える事を解明し、植物の種類別に効果のある音で特許を取っています。「スケール共鳴によりタンパク質の生合成を後成的に制御する方法」という特許です。

「人が話しかけると花が綺麗に咲く」なとという話は、園芸愛好家のファンタジーでは無く、科学的根拠がある事なのです。googleで検索したらこんな実験の結果が出て来ました。

http://school.gifu-net.ed.jp/ena-hs/ssh/H23ssh/sc2/21149.pdf

「カイワレ大根にモーツアルトを聴かせると成長が良くなるが、ヘビメタを聴かせると成長が抑制される」という結果が出た様です。(ちょっと条件が揃っていない気もしますが)。多くの人がモーツアルトを聴いて心地よいと感じるのは、実は細胞の中のタンパク質が喜んでいるからなのかも知れません。(私はノイズミュージックのストレスの方が好きですが)

ところで、我が家のトマトもようやく色づきました。娘の苗を分けてもらったのですが、学校のハウスの中で栽培する方がベランダよりも生育が速い様です。

一方、我が家のトマトは、縮れてしまいました。昨年も同様の症状になったので、原因をネットで調べた所、窒素肥料が多すぎると葉がカールしてしまうと分かりました。我が家のベランダ園芸の灌水には熱帯魚の水槽の水を与えています。この水には魚の糞や残り餌が分解された硝酸塩が含まれています。硝酸塩は窒素肥料なので、この水が原因で窒素過多の状態になったいるのでは無いかと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します
健康なミニトマトの葉

クリックすると元のサイズで表示します
葉がカールしてしまった桃太郎

昨年の反省から、元肥を減らし気味で今年は栽培を始めました。灌水も水道水にしました。それでも葉がカールしてしまうのは・・どうも窒素過多では無い気もします。大きな実に栄養を吸い取られる桃太郎の茎は細く、茎も間延びしています。(日照不足の影響もあるかと)

窒素分が多すぎる場合は大量に灌水して窒素分を洗い流す方法が有効ですが、追肥不足の場合は水で肥料分が洗い流されてしまうので逆効果になります。そこで、少し大目にリン酸肥を土の上に追肥して、バケツ2杯の水を一気に灌水してみました。

窒素分を洗い流すと同時に、リン酸肥料を水に溶かしすという荒業です。これで窒素過多でも肥料不足でも、どちらでも対応出来るのではないかと思ったからです。ドバーっと灌水する事で、土の表面に蒔いた肥料が適当に土に混じり合う効果も狙えます。

結果は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

頂部の葉のカールが取れてきました。一応、成功した様ですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今度は花房の先に葉が出て来ました。これ、肥料過多で起きる現象です。今度は肥料が効きすぎたのかも知れません。・・・・ウーン、大玉トマトは難しい。


6

2014/6/13

すっかりベランダが菜園になってしまいました。  エコロジー
 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ウサギの餌ではありません・・・サラダです。
レタスミックスという種を蒔いて1か月半。ようやく収穫時期を迎えました。小松菜の様な葉っぱはロメインレタス。

上にトッピングさてている涼やかな花は何でしょう???

答えはこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

チコリーです。

チコリーはレタスの仲間と同じキク科の植物です。私達がお店で目にするのは、上の写真の様なる白菜を小さくした様な姿です。実は普通にチコリを栽培しても、このような形になる事はありません。野菊の様な姿で、背丈も1m以上に成長します。そして花は、一重のキクの花に似ています。

チコリーを白菜状にする為には、しっかり根が成長した株を、暗くて涼しい場所に移して栽培します。これを「軟白栽培」と呼びます。誰がこんな事を考え着いたのかは知りませんが、私達が目にする白菜の様なチコリは、随分と手間ひまを掛けて作られているのです。

さらに、チコリの根はタンポポ同様に代用コーヒーとしても利用されます。普通にコーヒーが手に入る時には有難味はありませんが、戦時下などで物資が不足して来ると途端に注目を集めるそうです。カフェインが入っていないので、これを愛飲している方もいらっしゃるとか。

ところで、チコリの花ですが、キクの花同様にサラダとして食べる事が出来ます。味は葉と同様にほろ苦く、決して美味しいものではありませんが、苦みのある野菜は食べ慣れるとクセになります。

クリックすると元のサイズで表示します

レタスは大き目のプランターに種をばら蒔きにして育てています。発芽から1月くらいから間引いたものを食べ始め、1月半頃から、大きくなった葉を外側から千切って食べています。

レタスの仲間は夏場は花芽が直ぐに伸びてしまうので、収穫時期をズラしたプランターを別に用意しています。

クリックすると元のサイズで表示します

今年はトマトも2つのプランターで育てています。1つはプチトマトですが、上の写真は娘が学校の実習で種から苗を育てた「桃太郎」です。まだまだ色づくまで時間が掛かりそうですが、ベランダで大型のトマトが育つのは驚きです。

娘は学校で土のPHの違いによるトマトの生育の差を研究するらしいので、いくつものプランターに桃太郎を栽培しています。今年の夏はトマトは買わなくて済みそうです。
11

2014/4/10

今年は種から育ててみました。  エコロジー
 

毎年お馴染みの春爛漫シリーズ。

今年はベランダで種から育ててみました。
ストック、キンギョソウ、カスミソウ、ワスレナグサ、ルピナス、クリサンセマムと蒔いてみました。

大きな鉢に「混植・直播」と苗用ポットに播いて生育を比べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

大鉢の「混植・直播」はご覧の通り、キンギョソウとストックが光を求めて熾烈な争いを繰り広げていましたが、切花用のストックが3月に入ってからラストスパート。3月中旬から咲き始め、かれこれ一ヶ月楽しめています。

ストックが終わる頃にキンギョソウが咲き始め、さらに何処からとも無くルピナスがニョキニョキというのが私の計画ですが、どうなる事やら・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ストックに関しては市販の切花と同等ですね。もう買う必要はありません。
鉢植えだと花も長持ちします。

クリックすると元のサイズで表示します

実はワスレナグサが健気にも下の方で葉を広げており、ひっそりと青い花を付けています。


クリックすると元のサイズで表示します

球根は初めてスイセンを植えてみたのですが、これ正解でした。4月に入っても花芽が見えず、あれ、スイセンって翌年から咲くのかな?と思っていたら、ここの所の暖かさで一気に花芽が伸びて開花。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

チューリップも今年は蕾がなかなか出てこなくて、「あれ、水切れで分球しちゃたかな?」なんんて思っていたら、サクラの開花と同時に一気に蕾が出てきて、あれよあれよと言う間に満開です。


と言う訳で、今年は売るほど花に囲まれた春を迎えています。
7

2013/8/22

自動潅水装置・・・そこそこ機能した様です  エコロジー
 

夏休みの2泊3日の旅行前にセットした、ベランダの植物の「自動潅水装置(自作)」。

プランター用自動灌水装置を自作する・・・夏場のお出かけに  

その結果を知りたい方もいらっしゃるかも知れないので簡単にレポートを。


■ 観測史上最高の暑さを克服した ■

クリックすると元のサイズで表示します

8月11日(日) am5:00 たっぷりと潅水して出発
8月13日(火) pm8:00 帰宅

この間、20ℓバケツ2個、7ℓバケツ4個、2ℓペットボトル1個により自動潅水。
アサガオとミニトマトは「自作サイフォン式」自動潅水装置。
バジルやその他は、市販の「水やり当番」をセット。

確か8月12日は、四万十で観測史上最高の暑さを記録した日でした。
東京も暑かった様ですが、13日夜に帰宅したら、アサガオが多少萎れていた程度でした。
20ℓ入りのバケツの水は半分程減っており、チューブの中は気泡が出来ていて、サイホンとしての機能は既に果たしていませんでした。

多分、2日間くらいは自動潅水装置(自作I)は作動していた様ですが、バケツの水位低下によって、チューブ内で発生する水蒸気(気泡)の圧力に負けた様です。
後1日帰宅が遅ければ、アサガオは干からびていたでしょう。

それでも、水をやったら直ぐに葉が生き生きとしたので、かろうじて、炎暑の元でも3日間、アサガオを持たせる事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ネットで購入した「水やり当番」君は、素焼きの円錐の筒の中の水が無くなっていました。
バケツの水は残っていたので、こちらもバケツの水位低下で、ある時点から機能していなかったみたいです。

「水遣り当番」君は、現在はアサガオのプランターに使用しています。朝、ジョーロで水をあげておけば、通常は夕方の潅水は不要になりました。従来は午後3時頃には葉が萎れ始めるので、この効果は絶大。水切れが無くなったので、既に3m以上は延びているであろうツルの先端が、未だに勢い良く成長しています。普段は一回の水切れで、先端部分が枯れる事が多いので、これは素晴しい効果です。葉の黄変、落葉も最小限です。

■ ミニトマトは根腐れ? ■

クリックすると元のサイズで表示します

問題はミニトマトで、下葉が完全に枯れ上がりました。
根腐れの症状だと思います。

8月2日から自動潅水を試しているのですが、常に土は少し湿った常態。キノコも生えて来ました。

8月7日頃から下葉が枯れ始めましたが、酷暑と重なった為、ベランダの隅という40度を超える風通しの悪い条件から、厚さ負けかとも思いましたが、ここまで下葉が枯れるとなれば、やはり根腐れの可能性が高いのでは。

やはり乾燥を好むトマトとしては、絶えず土が湿っている常態は良くない様です。


以上、自動潅水装置の実験の結果レポートでした。
5

2013/7/10

自然の風・・・Green Fan  エコロジー


クリックすると元のサイズで表示します


我が家にはエアコンが無い。

エアコンは夏場に体調を崩すので、使わなくなってしまいました。



炎天下でジョギングをする様な生活をしていると、

身体の耐暑性は自然に高まります。

これ、逆に言えばクーラーの環境下では、寒くて耐えられない身体になるという事。

当然、エアコンを付けっぱなしで寝たりするとカゼをひく。

あるいは、体がだるくて、体調がいまひとつすぐれない・・・。



そんなこんなで、10年程前から夏場のエアコンを止めてみたら、

なんと体調がスコブル良い。


「夏は暑いもんだ」と開き直ると、暑さは暑さで結構楽しい。

ベランダに水を撒いたり、緑のカーテンを植えてみたり、

気休め程度でも、ちょっと涼しくなると、それはそれでウレシイ。


長い間使わなかったエアコンは、室外機のファンの軸が垂れてしまったのか、

ガラガラと騒音が発生したので、転居の時に捨ててしまいました。


それ以来、「エアコン持っていないんだよね」というの

がちょっと貧乏くさくて気が引ける。


そんな私が昨年インテリアショップで見つけた扇風機がこれ。

「Green Fan 2+」という商品。


店先で、「自然な風を体感してみて下さい」というポップに興味を引かれ、

扇風機の前に手をかざした所、さわやかな自然の風が吹いていました・・・。

本当に、そよ風みたいで驚きました。


この風、普通の扇風機と何が違うのかと言えば、風が脈動していないのだそうです。

そう言われても何だか分かりませんが、普通のファンの生み出す風は気流が乱れています。

ところがGreen Fanの羽は2重構造になっていて、

内側の風と外側の風をぶつける事で、風を均一にしているそうな・・・。


クリックすると元のサイズで表示します


まあ、これだけは体験してみないと分からないのですが、

この扇風機の前だけに、室外と同じ風を感じる事が出来ます。



デザインもシンプルでカッコイイのですが、

お値段が3万4千円もする・・・・。

おいおい、これ扇風機だよね・・・。



しかし物欲の塊の私は我慢出来ずに買ってしまった。



しかし、実際に使ってみるとこれが実に心地よい。


1) 音が静か

2) 風が遠くまで到達する

3) 就寝時には超微風で付けっ放しにしても、夜中に寒くなる事が無い

4) とにかく風が心地よい



結局、実家にも一台買ってしまいました。

この風は老人にも優しい・・・。



ところが我が家では困った事態が発生しました。

それはGreen Fan の奪い合い。

私は仕事部屋で使いたいし、家内はリビングで使いたい。



とうとう、家内がこの度、マイ扇風機としてもう一台購入しました。

私のモデルよりも進化していて、底部にバッテリーの収納スペースもあります。




この扇風機、ミュージシャンをされていた方が始めたビジネスだそうですが、

とにかくデザインがカッコイイ。

インダストリアルデザインは、シンプルに越した事は無いのだけれど、

シンプルなデザインはバランスとディテールの処理が難しい。

そのバランスが実にエレガントで、デザインショップに置かれていても見栄えがイイ。



クリックすると元のサイズで表示します



インジケーターにしたって、ジンワリと点灯してジンワリと消灯する。

2台買うと、安いエアコンと同額くらいだから、

「エアコンが無い = 貧乏」というイメージ払拭にも一役買います。



扇風機という昔からある商品でも、

一から見直せば、またく新しいカテゴリーの商品が生まれる好例です。

1台3万円を超える商品ながら、ロングランのヒット商品。

これからの時代の製品開発と消費の関係の一つの解答かも知れません。





ちなみにこの扇風機、インバータ制御モータで相当消費電力が少ない。

実は一般の扇風機は「強」で運転すると40Wくらい電気を消費します。

こんなのを、3台も4台も使ったら、

エアコンのセーブモードと大して電力は変わりません。

暑い思いをしてエコライフをしているつもりで、全然エコじゃない・・・・。

これは相当情けない。



尤も、この扇風機、お財布にはエコじゃない・・・・。

それを自己満足で納得するのが、趣味としてのエコロジー。
9


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ