2007/7/13

開いた口が塞がれる?  健康

 先日から中国産の食品に、基準値を上回る農薬や劇物が混入されたものがあるということで、日本も13品目を中国から輸入禁止の措置をとったそうですね。そんな矢先に飛び込んできたニュースで「肉まんの具は段ボール?」という思わず「え゛?」と言いそうな…。よく聞いてみると、薬液につけ込んだ段ボールを6として残りの4を豚肉で作った餡をくるんだ肉まんが中国で販売されていたとのこと。しかも、4の豚肉も病死した豚から作ったとか…。
 もっとも、輸入食材のどうのこうのということでは、ドミニカ共和国やデンマークの製品の方がはるかに輸入停止になっている回数が多いそうで、何も中国に始まった話でもないそうですが。しかし、昔米国から輸入したオレンジやお米、レモンなどにとんでもなく毒性の強い農薬をまぶしてあったということもあるし、食の安全って昔から随分言われ続けていることですけど、ここまで来ると「倫理観の欠如」としか言いようのない出来事だらけですね。

 んで、外国だけかと思ったら北海道はM社の偽装問題ということもあって、莫迦にするのもいい加減にしろよと言わなきゃしょうがないほど倫理も何もない輩が国内外問わずいるものなんですね。「開いた口がふさがらない」じゃなく、「開けた口を強引に塞がれる」じゃないのかと思うこのところの食品に関するニュースです。

 ★追記 2007/07/21

 その後のニュースで、肉まんの話はいわゆる「ガセ」だったと報道されました。いろんな意見はあるでしょうけれど、「何故わざわざ評判を落とすネタを自作自演したのか?何の得があるんだ??」というのが率直な思いです。改めて言います。世界を莫迦にするのもいい加減にしろ!!!>中国
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ