2007/1/25

ギターにまつわるあれこれ(その2)  音楽

 今回は昨年の夏くらいから色々と買っていたギターアクセサリのお勧めを2つばかり紹介します。

    クリックすると元のサイズで表示します

 左はカポタスト(変調器)で、PLANET WAVESから出ているNS-CAPOという製品です。このカポの特徴はとにかく軽いこと。強化アルミでできており精度は抜群です。またギターのネックに留めるときはネジを回して留めるのですが、このネジの回りが軽く、軽い力でOKです。ハイフレットに留めてもビクともしませんので、非常に扱いやすい製品といえるでしょう。希望小売価格は2,300円+税です。

 右はチューナー(音合わせの器具)でして、SEIKOから販売されているスティックタイプのクロマティックチューナーです。まず何よりその小ささにビックリします。1.5cm×7cmくらいで、携帯ストラップなどが取り付けできて、ズボンのベルトループやギターケースの取っ手などに括り付けたりも可能です。残念なのは440khz固定なので、変わったチューニングに対応できないというのがありますが、一般的な用途にはほとんど対応可能です。こちらは大体1,900円+税くらいで販売されています。

 どちらも結構お勧めですので、ギタリストでご興味のある方は是非お手にとって見てください。
0

2007/1/21

大騒ぎの果て  健康

 違うネタにするつもりだったんですが、あまりにも反響が大きいので思いっきり時事ネタです…。

 人気情報番組「発掘!あるある大辞典II」で、納豆の健康効果をねつ造して番組を製作したことで大騒ぎになっていますね。同番組は「健康ブーム」の火付け役ともいえる情報番組で、ご覧になっている方も多いかと思います。
 臨床治験を行ってもいないのにあたかも、のような番組内容を作ったのは許し難いことですし、TV局も十分な裏付けを取らず番組製作会社の作ったデータを流していたのがモラルを疑われる話です。TVというのはエンターテインメントの道具ですから、視聴率を取っていくらの世界というのはずっと言われ続けてますね。一旦電波に乗ってしまうとその反響の大きさから世論に与える影響もすごいということくらい気づきそうなモノですけど…。

 このことで心配になるのが2つ。一つは言うまでもなく納豆の製造者へ与える影響と風評被害ですね。中には感情的に「もう納豆なんて食べない!」とまで言う人が出る始末。そのことも別の問題を孕んでいるんですがそれはこの際は触れないでおきます。
 もう一つは、番組のフロントラインにいた堺正章さんや志村けんさん等に悪い評判が立つんではないのかということです。タレントさんはそこまで深く番組製作に関わっていたと言うより、情報の伝道師としての役割なので責任はあると思えないですが、印象が悪くなってしまうんじゃないかという危惧があります。

 この問題がこれからどうなっていくのか見守りたいのと同時に、ワタシは納豆好きなのでTV内容にかかわらずこれからも美味しく頂きたいと思います。
0

2007/1/20

ギターにまつわるあれこれ(その1)  音楽

 本日は前から欲しいと思っていた、ギター用の「セミハードケース」を物色しに行ってきました。

 前から気になっていた商品を取り寄せてもらい、実際に見聞してみることができましたので紹介します。

 クリックすると元のサイズで表示します
 
 名古屋市にある有限会社細川が製作した、AC-0700 Series Ultra Light Caseというケースです。ここはベトナムで作られているAYERSギターの日本総代理店でもある結構有名な会社です。しっかりした製品を作ることでも有名ですが、新しくセミハードケースを作ったというので実物を見たいと思いつつ、いつもの高槻市の某楽器店で取り寄せてもらいました。

 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 
 上の写真はケースの留め口部分です。この手のケースではマジックテープでフラップを留めることが多いんですが、このケースの場合はフラップを簡単にロックできます。
 下はウチの2号機のLL-23Jを入れてみたところです。

 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します

 YAMAHAギターは少し特殊な形状をしているので、こういったケースを買ってみたら実は入らないなんてことがありますが、長さ的には誂えたようにぴったり収まっています。が、下の写真を見ると深さがどうなんだろう?という感じですね。YAMAHAギターの場合、スケールの長さとボディの深さがあるのでどっちもぴったりというふうにはなりません。深さはギリギリで収まりました。

 このケースの特徴は、丈夫さもそうですが、断熱性も考えてケース内部にアルミを入れていることで急激なケース内温度の上昇・下降を防ぐことができます。なかなかのブツでございますね。

 お値段はちょいと高めの15,000円+税(定価)です。次のライブにはこのケースに3号機(もしくは1号機)を入れて持って行くことにしましょうか。
0

2007/1/17

夕張  徒然

 今朝何気なく日テレ系の朝番組を見ていたら、財政破綻をした北海道の夕張市に対して、歌手の松山千春さんが市に100万円の寄付。更に同市商店街で100万円ほどの買い物をしたというニュースが流れていました。

 自治体としては初めてのケースとなる財政破綻を起こした夕張市。北海道出身の歌手として何かやりたいということだったんでしょう。更にニュースを見ると、単純にお金を使ったというだけでなく、買い物をした商品とかを、夕張市の老人ホーム、札幌市の児童福祉施設に寄贈し、夕張市での無料コンサートの開催を計画等色々なことをされるようです。

 芸能人やスポーツ選手が社会奉仕活動なことをするのは珍しいことではありません。夕張市のように困窮している地方自治体はたくさんあるはずです。千春さんの出身の足寄町は大阪府くらいの大きさのある全国で2番目に大きい「町」だそうです。(つい1年くらい前までは全国一だったとか。)その足寄町も12,000人ほどあった人口が現在では8,000人を下回っているとかで、地方の現状はかなり深刻なようです。我々のようなサラリーマンにはこういったことはとても真似できませんが、自分の住む街、生まれた場所を大事にする心は見習いたいものです。
0

2007/1/8

大変な楽器  音楽

 実は今までちょっと内緒だったんですが、3号機のLL-33Jを購入する前に、某巨大オークションにてギターを落札していたんです。

 またあ??といわれそうですが、YAMAHA CPX-15初期型です。(下の写真は現行品)

      クリックすると元のサイズで表示します

 ところが、出品されていたギターの状態が、多分出品者の主観とワタシのそれが違ったんでしょうが、フレットは浮きまくりで、おまけにネック自体がややねじれておりそのまま弾けるような代物じゃなく、更に電気系統が駄目(ここは出品者が確認し切れていなかったんでしょう)であまりにムカッとしたものの既に後の祭り。

 品物を宅配便配送センターまで受け取りに行ったその足で楽器店へ。徹底的にリペアしてもらいました。その甲斐あって完全な状態になったのですが、一旦けちが付いたみたいなので、修理代を自分持ちにしてそのまま委託販売で売ってもらうことにしました。リペアは完璧+外観は傷らしいモノもなくですので、すぐ売れるのかなあと思ったら、結構時間がかかりました。お店に委託すること約半年で年末にお嫁入りが決まり、先日その「委託代金−修理代」を受け取りに行ってきました。

 オークションが悪いんじゃなくて、楽器のような高級品はやっぱり自分の目でしっかり見ないと駄目ですね。いろんな意味でいい勉強になりました。(もうオークションは参加しない!)
0

2007/1/6

どうなるんだろうか?  徒然

 今年は郵便局の民営化・分社化元年です。

 そんな中、昨年だったか今年初めだったか、地方ローカルの民放ニュースで京都府の舞鶴市にある舞鶴高等工業専門学校の敷地内に設置されているATMの撤去が放映されていました。地域性とか関係なくある一定以下の取り扱いしかないATMは撤去していくという方針で、保守点検にかかる費用をカットするのが狙いです。

 しかし、舞鶴市は近畿でも名だたる豪雪地帯。高専生の人たちは5年間をそこですごすわけですから、寮生活している生徒も多く、親元からの仕送りに郵便貯金が大活躍していました。それがなくなると歩いて10分くらいの所にある郵便局のATMを利用することになるんですが、冬の雪の多い時期には歩いて10分という言葉は当てはまりません。このためか学校側はATMの存続を訴えていたのですが、12月に撤去が完了しました。

 今後もこのような動きが活発化すると、ますます地域間の格差が生じるかもという懸念があります。小泉前首相が積み残した地域間格差の問題は収束するまでまだ時間がかかりそうな感じを受けます。ニュースを聞いていて、ふっと思った不安。今後はどのように推移していくんでしょうか??
0

2007/1/3

やだなあ  徒然

 毎年お正月といえばおせち料理とかが食卓に並ぶのが世の常。お雑煮以外には火を使わず3が日で食べる料理、鯛とかも「睨み鯛」といって最初には箸を付けないなんていう習わしみたいなモノがあります。

 でもこの頃は元日からスーパーも開いていますし、外食店もほとんど開いていますからお正月といってもあまり通常の日々と変わらなくなってますね。

 当家では何故か今年は元日の夜にすき焼きなるモノが食卓に上がりまして…。実はワタシはすき焼きが大嫌いなんですね。何故かというと「甘いおかず」というのが駄目なんです。卵焼きは好きですが、だし巻き卵は絶対にイヤで、砂糖を入れて卵焼きを焼くなんて以ての外と思ってます。まあ好き好きですからね、こればっかりは。あと卵では生卵も大嫌いでして、卵かけご飯が食べられないんです。だから余計にすき焼きが嫌いになっているんでしょうね。

 正月早々嫌いなモノを食べるのも辛いですが、客人がいるとそんなことも言ってられず、仕方なしに「嫌い」というそぶりを一切見せずにお付き合いしますが。あとワタシはお肉もあまり好きじゃないです(焼き肉とかは1年に1回くらいあれば十分です。)。ベジタリアンって訳じゃないから食べることは食べますが…。
 ま、そんなこんなで3が日で半年分くらい肉食った感じですので、当分は遠慮したいですね。できればすき焼きは一生なくてもいいんですが…。
 (お肉好きの方々、気を悪くしないでね。私自身の感覚なので。)
0

2007/1/1

2007年到来!  

   クリックすると元のサイズで表示します

 あけましておめでとうございます。

 当ブログを昨年4月にオープンし、無事新年を迎えることができました。本年も変わらずご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます<(_ _)>
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ