2007/11/30

買い物編その1  物欲ネタ

 物欲編でございます。

 まずは今の生活になくてはならないケータイです。 
クリックすると元のサイズで表示します

 今回選んだのは、CASIOのW52CAです。ワタシは携帯電話を持つようになってからずっとau(セルラー電話時代から)で今年12年目になります。その間一切浮気せず、番号もそのままで使い続けています。今回この機種に変更したのは、それまで使っていた京セラの端末がバッテリ部分に不具合があり、直して使っていたのですが、さすがに痛みも激しくなってきたことが第一の理由です。第二の理由は、メールを打ったりするときの日本語変換にPocketATOK(パソコンのATOKと同じような機能がある)を使っており、入力時のストレスが少ないことがあります。auの端末でPocketATOKを採用しているのは、CASIOの他に日立やPanasonicがあるのですが、今まで色んなメーカーの端末を使ってきたうえで、最も使い勝手がよかったのがCASIOの端末だったんです。

 しかし、この機種は非常に人気の高い商品で既にメーカー在庫はなく、廃番になる予定だったのであちこち探し回ってもなかなか見つからず、本日の夕方たまたま立ち寄ったソ○マップでラスト1台をGETできました。使い勝手の良さもありますが、生活防水も備えており、よほど無茶な使い方をしない限りは壊れることもないだろうという判断も働き、普段は財布の紐が固いのですが即決しました。で、実際に使うとやはり使いやすいんですわ。久々にエエ買い物をしたと満足しております。

 今月から携帯の契約形態が変更になったので、この端末は2年使わなければなりません。それに十分堪えてくれるのではないかと思っております。
0

2007/11/29

二番煎じだけど  ホビー

 先にケロリンさんところでネタにされてしまったので、完全な二番煎じです。まあ、ワタシはお茶でも二番茶の方が好きなのでいいとしようか(どんな例えだよ…)。

 ご存じの通り、ワタシは今や絶滅危惧種に指定されるかもしれない喫煙者です。喫煙というと当然火を使う訳ですが、今までいわゆるターボライターとか、100円ライター果てはキッチンのガスコンロまで色んなモノを利用してます。(ガスコンロは真似しないでね)当然のごとくZippoも使ってます。Zippoは定期的に清掃しないと使いづらくなるし、オイルの量を入れ間違うと臭くてかなわんしでしばらく使ってなかったんですが、それでも買ったままほったらかしにするのも勿体ないので、久々に使ってみました。

    クリックすると元のサイズで表示します

 ケータイのカメラで、光源を全く意識していないのでちょっと見づらいですが、左側が「アンティークカッパー(銅)」で実物は少しエンボスがかかったような感じですが、模様とかはありません。右側が「1941レプリカ」で1941年当時米軍兵が使っていたモノのレプリカです。こちらはいくつかの色がありますが、ワタシはノーマルにシルバー(といっても純銀じゃないです)にしています。

 このうち、左のモノを使用し始めました。まあ10円玉と同じですから最初は光沢のある色合いなんですけど、使っていくウチにどんどん黒ずんできます。それもまた味わいがあって非常に好きな素材の一つです。あ、Zippoの便利なところは、墓参りに行って線香に火を灯すときに便利なんですよね。

 煙草は今や忌み嫌われるモノの代表みたいですが、喫煙者である以上は「他の人の迷惑にならないよう」心がけていたいものです。ちなみに、携帯灰皿も好きなアイテムですので、また後日アップしたいと思います。
0

2007/11/25

12月16日  音楽

 12月16日(日)に岡山県は興除公民館で開催される「クリスマスコンサート」への参加許可が出ました。

 当日ビョーキしたり、のっぴきならない用事や仕事が入らない限りは参加します。さて、今度は何を唄おうか…。
0

2007/11/24

またか…  徒然

 西日本新聞のネット記事からの引用です。

 福岡県大牟田市歴木の病院施設付近で24日午前、暴力団九州誠道会系幹部の男性(52)が撃たれた。今月8日には佐賀県武雄市の整形外科医院で、入院中の男性=当時(34)=が病室内で射殺される事件が起きたばかり。市民の命を守るはずの施設で相次いだ凶行。近くには小中学校もあり、関係者は表情を凍り付かせた。(西日本新聞)

 命を守るはずの病院で続けて起きた惨劇です。同一犯なのかどうかはわかりませんが、簡単に拳銃で人を殺戮するという事態に驚きます。今年では隣の長崎県でも長崎市長が銃で撃たれて亡くなるという痛ましい事件もありました。

 今日本にどのくらいの拳銃があるのかわかりませんが、所持しているとしたらまず、その筋の方々だろうかと思います。何のために拳銃を用意していて使うのか、この国は拳銃を護身用に持たなければならないほど荒んでいるのかと思ってしまいますね。

 佐賀の事件も、福岡の事件もまだ未解決です。一刻も早い解決を願います。
0

2007/11/22

82年  徒然

 写真、記事共に時事通信社ネット記事から引用です。

     クリックすると元のサイズで表示します

 大阪の繁華街、ミナミの道頓堀川に架かる戎(えびす)橋が82年ぶりに架け替えられ、地元の商店主らが渡り初め。グリコのネオン看板や阪神優勝時のファン飛び込みで有名だったが、老朽化していた(22日)(時事通信社)

 大阪(特にミナミ)の人なら「あー、引っかけ橋ね」と言うかと思います。すぐ近くに宗右衛門町、道頓堀などの歓楽街があり、いわゆる「キャッチ」が多くいることから俗称としてそう呼ばれてます。阪神タイガースが優勝したら、ダイブするアホなやつらが利用する場所でもありますね。

 老朽化していたことや、道頓堀川の再生プロジェクトにあわせて改修工事が進められていたのですが、今日完成して「渡り初め」が行われました。ダイビングできないような工夫も行われ(要するに水面は見えるけど、真下は水面ではないんですね)、これまで以上に色々な工夫がされているようです。

 関西は景気の冷えこみも長引いており、商業地域もいわゆる「キタ(梅田方面)」を中心に再開発されてきていますが、これをきっかけに「ミナミ」も元気を取り戻して欲しいと願う、ミナミ大阪在住のぴーくんでございます。
0

2007/11/18

無事終了  音楽

 11月17日(土)神戸ライブが無事に終了しました。

 昨年は10月1日に行われて、あいにくの雨模様だったんですが、今年は晴れて気温もやや高く、絶好のライブ日和でございました。

 来年のM-1グランプリ出場を目指すピン芸人ことケロリンさん&私ぴーくんのユニット「ケロぴーず」も早1周年を通り過ぎ、今回も二人での参加です。まあいつものことですが、ライブってのは独特の緊張があるので今回も結構ギターミスったりとかありましたがそれもまた味と言うことで…ご容赦くださいませ。

 演目は次のとおり、すべて村下孝蔵さんの楽曲でございます。
 1 かすみ草(ぴーくん 以下ぴ)
 2 19の秋(ケロリンさん 以下ケ)
 3 遠ざかる日(ぴ)
 4 引き算(ケ)
 5 いいなずけ(ぴ)
 6 愛着(ケ)
 7 歌人(ぴ)

 持ち時間が割と余裕あったので、今回もトーク炸裂!だけど去年のようなキレがなくって、M-1の初線突破は難しい状況です(もうええって…)。段々とケロリンさんの歌が上手くなっていくのがそばにいてよくわかります。ワタシのギターはあまり上達しないけどね。ラストの「歌人」は今回どうしてもやりたかったので、所々ギターミスしましたがボーカルでカバーしました。久々にパワーのある声が出せたのではないかと思っております。

 ライブの企画をしていただいたたかちゃんさん。いつも本当にありがとうございます。それからPAを担当してくれたかずブーさん、お疲れさまでした。相変わらずトーク上手いですわ。遠く福岡から参戦のtakeshiさんとゆきこさん、ちゃんと迷わず帰れたようでよかったです(笑)。すきま風のお二人(ハヤシ君と土井君)、どんどん上手になっていく二人の姿とても頼もしいですよ。
 参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。またの機会に是非お会いしましょう。
0

2007/11/15

弦張り  音楽

   クリックすると元のサイズで表示します

 ライブで使うLL-31Bの弦交換をしました。昔から弦の交換が苦手でいつも間際にならないとやらないんですけど、最近はだいぶ慣れてきたのか古い弦を外して、新しいモノを張り、チューニングして余分な部分をカットという作業が、10分強くらいでできるようになりました。

 明後日だなあ(ドキンドキン)…。
0

2007/11/14

苦手なのに  徒然

 え〜本日2発目のネタでございます。

 今まで「カメラ嫌い」と散々言い続けてきたワタシですが、気になるカメラがございます。Canonのヤツです。

 クリックすると元のサイズで表示します

 IXY Digital 910ISです。実物を触ってみたんですが、カメラ嫌いのワタシでも使いやすい感じですし、何より実勢価格が安いのにパフォーマンスはワタシには十分すぎるくらいです。欲しいなあ……。でもお金ないぞ。
0

2007/11/14

ライブをやっていて  音楽

 11月17日(土)に神戸でライブを行うことになっています。既に音友達のブログ等々で告知されているのでご存じの方も多いかと思います。んで、そんなふうにライブを含め音楽をやっていると色んな人から言われることが主に3つあります。

 1「いい趣味もっているねえ」(→いやいや、「下手の横好き」ってやつですよ。)
 2「いい年して暢気なことしてるなあ」(→ほっとけや!好きなことやって何が悪いねん!!)
 3「ナンボ貰っているの?」(→アホか!金貰える訳ないやろ!!)

 今回このうち一番最後の反応について少しばかり…。

 皆さんもご存じの通り、音楽には著作権というモノがあります。日本の場合、JASRACという「日本音楽著作権協会」というところが、様々な楽曲に対して権利の管理を行っております。一般的に世間に流通した楽曲はすべてここに登録されると思ってください。(細かい話は別にして)ワタシの場合、村下孝蔵さんの楽曲をライブでご披露させていただく訳ですが、当たり前のごとくその楽曲はJASRACに登録されています。ということは、その曲をオープンに演奏したり歌ったりするにはJASRACの許可が必要です。楽曲によっては披露できないモノ(このあたりは詳しく言うときりがないのでJASRACのHPをご覧ください)もあります。

 以上のような理由から、ライブで曲を演奏・歌等行うということはすべてJASRACに「使用料」という形でお金を払う必要があります。ライブハウスとかだと、お店を経営している方がそのお金を負担することがほとんどですから、我々アマチュアは
「お店でスペースを提供して貰い、かつ楽曲の使用料をかわりに払っていただく」ということで、参加費用として幾ばくかのお金をお店に払うことになります。これはカラオケでも同じことですし、もっと言うとプロの歌手の方々は「自分の持ち歌を歌うことでJASRACへお金を払う」ということになります。ご自身のコンサートでご自身の歌を歌うごとにJASRACへお金をその分払って披露するということになります。

 だから先に述べた「3」を言われると一番立腹するんですね。一般的なサラリーマンは就業規則で副業は禁じられているはずですし、ましてや自分の演奏でお金を頂くなんてあり得ません。ところが会社の同僚等はそのあたりの事情がわかっていないから、変に誤解を招いてしまうこともあり、その度に説明するのに難儀します。

 この場を借りまして…。「ワシはライブで金儲けしている訳やない!」ということを声高に伝えておきたいと思います。
0

2007/11/13

家庭の医学  医療

 毎週火曜日にテレビ朝日系列で放送されている「たけしの本当は怖い家庭の医学」という番組をご存じでしょうか? ウチの会社の同僚等には「気持ち悪い」「画面がグロテスク」「こっちまで病気になりそう」とか、概ね評判のよくない(といっては失礼ですが)番組ですが、ワタシは好んで観ております。

 持病持ちのワタシとしては、最近の医療にまつわる技術とか行政のこととかがもの凄く気になりますし、今は医師不足とか何だとかでニュース映像を見られる方が多いかと思います。考えてみれば子供の頃に「ブラックジャック」を気持ち悪いなあ、とか思いながら読んでいたのでごく自然の流れでそういう風に興味を抱くようになったのかなあ、とも。

 よく同僚とかに「これこれこー言った症状なんやけど、どない思う?」「病院行った方がええんかな?」とか色々ワタシに聞いてくることが多いんですけど、ワタシは医師ではございません。病院に行くのは抵抗ある方もおられるかと思いますが、ワタシに相談するよりも、まずは産業医とか身近にいる専門家に指示を仰いでご判断くださいませ。>特に同僚
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ