2010/2/23

突然のことで  音楽

 残念なニュースがありました。(時事ドットコムから)

 【ロサンゼルス時事】米カリフォルニア州北部サンタローザ近郊で12日、邦人ギター製作者のサカシタ・タクさん(43)が他殺体で見つかり、地元警察は15日、近くに住むジョシュア・ビグリー容疑者(28)を殺人容疑で逮捕した。地元在留邦人などによると、被害者は神戸市出身の坂下拓さん。
 警察によると、坂下さんの遺体は12日早朝、自営する工房近くの草むらで家族の通報により駆け付けた警官に発見されたが、殺害方法などは不明。
 ビグリー容疑者は坂下さんと顔見知りでなく、窃盗や銃刀法違反などで過去に逮捕歴がある。警察は金品を奪う目的だった可能性があるとみて詳しく調べている。現場はサンフランシスコの北約70キロ。(2010/02/16-17:03)


 タク・サカシタさんといえば、アメリカでギター製作をしていることでも有名ですが、押尾コータローさんや岡崎倫典さんが愛用しているギター"GREVEN"の製作家のジョン・グレーベンとも親交のある方です。

 もちろん本人もギタールシアーなので、様々なプロミュージシャンからも絶賛されるギターを製作しており、ますますの活躍をされることと思っていたところの今回の悲報です。非常に不運な巻き込まれ方をされたわけですが、あまりのことに言葉が出ません。唯々犯人に対する厳罰を望むとともに、故人のご冥福を祈るばかりです。
1

2010/2/22

迷走  徒然

 時事通信ネットニュースから。

 鳩山由紀夫首相は22日午前、長崎県知事選で与党推薦候補が敗れたことについて「厳しかった。国政の影響があったことは否めない。政治とカネの問題の影響を受けたと言うべきだ。真摯(しんし)に受け止める必要がある」と述べ、自身の偽装献金事件や小沢一郎民主党幹事長をめぐる政治資金規正法違反事件が響いたとの認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 首相は、敗因として景気の低迷も挙げ、「今、予算の審議をしているから、(政権交代後)初めての新しい予算が通れば、地域の経済を必ず大きくプラスの方向に転じさせることができる」と語り、2010年度予算案の年度内成立に全力を挙げる考えを強調した。


 昨日の長崎県知事選挙で、自民・公明が推薦する無所属候補が、民主・社民・国民新が推薦する候補に大差をつけて勝利したというニュースです。結果から見れば、現与党の推薦候補のボロ負けと言ってもいいくらいの得票差数ですね。今現在の首相・与党幹事長のあの様子じゃそりゃ無理からぬ結果かも知れません。

 しかし、そもそも先の衆議院議員選挙にしても、民主を始めとする現与党が自民・公明に対してもう任せられないといういわば「敵失」で勝利したという状況ですし、今回の知事選や東京都町田市長選(こっちは小沢幹事長が乗り込んで敗北)にしてもやはり「敵失」でたまたま自民・公明が推薦する候補に風が向いたということです。どっちにしても「相手が勝手に転んだ」のに乗じて子供の喧嘩のような、およそ国民の代表と思えない稚拙な論戦を行い国会が空転状態ですし、待ったなしになっている経済対策や雇用問題などについては到底論議が尽くされていない状況です。

 いい加減オトナになれよな、センセイ方。
1

2010/2/22

VGA換装  PC+ネット

 現在使っている自作パソコンのVGAカードを交換してみました。
クリックすると元のサイズで表示します

(Sapphireのホームページから画像を引用)


 ATI Graphics(現AMD)のミドル−ハイクラスモデルのRADEON HD5770です。ビデオメモリが1GBありますので、ハイビジョン映像の再生にも全く問題がありません。一般的に今グラフィックチップといえば、NVidiaかATIのどちらかにほぼ二分されますが、一般的に前者は初心者でも扱いやすい、後者はややマニアックですが画質が優れているというように言われております。長く自作マシンを使ってきたワタシにとっては、どちらのメーカーも古くから使い慣れているので、どちらを取ってもあまり困ることはないのですが、今回は画質をチョイスしてみました。実売価格は18,800円ほどと高級なものなら40,000円以上は当たり前にするパーツですので、性能と価格のバランスが取れた製品と言えるでしょう。

 NVidiaの製品ならGTX260がほぼ同じくらいの性能に当たりますが、GTX260は製品の仕様上ビデオメモリが896MBまでしか搭載できないことになっております。価格的にはほぼ同じか少し安いくらいですので、今回のRADEONはお買い得かと思われます。(ただし、WindowsXPではビデオ表示のシステムがVista/7と違いますので、十分なパフォーマンスがでないことがあります。XPをまだまだ使うという方はNVidia製品を選択してください。)さて、当分これで買い換えはしなくて済みそうだな…。
1

2010/2/18

弦交換  音楽

 昨日久々にギターの弦を交換しました。今回はYAMAHA LJ36にいつもとは違い、以前によく使っていたマーチンのMSP-4100を張ってみました。

 音の感じは一言で言って「やっぱりいい音しますな」でございます。元々馴染んでいる弦なので違和感は全くありません。LJにはダダリオのEJ16が1番いいと思っていたんですが、マーチン弦もありだなというところです。

 ただ…、以前は古い弦を外して新しい弦に取り替え、チューニングしてどうのという一連の作業が15分もあれば終わっていたんですが、今回20分もかかってしまった……。やはり普段からの作業が必要ですね。
3

2010/2/16

そういやあ  音楽

 今年に入ってからあまりギターをじっくりと弾く時間が取れないでいます。年末に持っている4本全部の弦を張り替えようかと思い、いつも使っているダダリオのEJ16を3セットパック×2つ購入しているんですが、まだそのまんまです。

 さすがに指が柔らかくなってきつつあるので、そろそろ春へ向けて冬眠から出てこないといけません。今週中には取り敢えず弦の張り替えをしなくては。
1

2010/2/13

サボってますな  徒然

 ちょっとしばらくブログを更新してませんが、別に忘れているわけではありません。単純にネタがないだけでございます。

 そういえば、最近「つぶやき」という意味のある"twitter"なるものが流行っていて、鳩山首相等著名な方もされているとか。ぼそっと独り言を言うようなものですから、いわば「ゆる〜〜いコミュニケーション」ということなんでしょうね。ワタシは当分するつもりはありませんが。
1

2010/2/4

釈然としない  徒然

 時事通信ネット記事から。(下線は筆者の付け加え)

 日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は4日記者会見し、横綱朝青龍の引退について「多くの相撲ファンの皆さまにご心配、ご迷惑を掛けたことをおわび申し上げます。申し訳ありませんでした」と謝罪した。その上で引退届提出に至った経過などを説明したが、報道陣からの質問は受け付けず、自身の責任にも言及しなかった。師匠の高砂親方(元大関朝潮)にも処分はなかった。
 不祥事の場合は引退届よりさかのぼって処分を科すことも可能だが、自ら決断した形となったため、懲罰的な扱いはしなかった。規定通り力士養老金(退職金)などが支払われ、両国国技館で引退相撲も行われる見込み。
 横綱の引退ではほかに特別功労金も支払われるのが通例で、貴乃花は1億3000万円、武蔵丸は9000万円を受け取っている。


 やはりというか何というか…とうとう朝青龍引退発表ということになりました。何とか名誉を保とうという相撲協会ギリギリの選択肢で朝青龍が自ら引退を表明するという決着になったのですが…。しかしどうにも釈然としません。

 何故師匠が処分なし、協会も特に処分なしなんでしょうか。朝青龍を弁護するわけではないですが、言葉も通じず異国の地から預かった青年を「アスリートとしてでなく、力士として」導けなかったんでしょう。品格というものを求めるのなら、それを教えていくことも協会であり、師匠であるかと思います。品格が伴っていないと思ったのなら何故もっと以前に横綱から番付降格処分を行わなかったのか。師匠は何を教えていたのかということがわからないままというのが今日の動きです。

 特に師匠の高砂親方は重い責任があるはずです。現役の時の自分よりも番付が上であるとはいえ師匠である以上、監督指導は最低限の仕事でしょう。まるで他人事のように自分の弟子が引退することを受け止めているような感じさえします。力士は力士である以前に一社会人としての心構えくらい教えるのが当たり前でしょう。協会と親方衆は、これから相撲を発展させていくためにはどうするべきなのか、猛省の上に立って真剣に考えないとこの国技の終焉が近づくように思えてなりません。
1

2010/2/3

厳粛にかつ適切に  徒然

 毎日新聞ネット記事から。

 横綱・朝青龍(29)が初場所中の1月16日未明、東京都内で知人男性(38)に酒に酔って暴行したとされる問題で、日本相撲協会の横綱審議委員会(鶴田卓彦委員長=元日本経済新聞社社長)が4日午後、両国国技館で臨時会合を開くことが関係者への取材で分かった。
 4日午前には相撲協会の理事会があり、この問題を調べている協会の調査委員会(委員長=友綱理事)から中間報告される。横審は、この問題への対応について協会側をただすものとみられる。
 横審の内規には、横綱に体面を汚す行為があった場合、出席委員の3分の2以上の決議により、激励、注意、引退勧告などができるとあり、臨時会合で何らかの決議を行う可能性もある。


 今何かと騒がしい朝青龍の問題ですが、横綱は2年前に巡業を休んで「怪我の治療」という名目で帰国し、サッカーに興じていたことで2場所出場停止の処分を受けていますね。横綱ですから、2場所出場しなくても地位は保てますが、大関以下なら事実上番付降格に等しい処分になりますね。

 本来ならそのときでももっと厳しい処分があっても良かったかも知れないくらいなのに、2場所出場停止ですんだのは何故なのかということを横綱は自覚していたんでしょうか? 多分「今後何か問題起こしたらこれじゃすまないよ」という協会側の精一杯の愛情だったように感じますね。その上での今回の騒ぎ。できるだけ穏便に済ませたいと思う協会側の意識もあるでしょうが、横綱自身に横綱としてじゃなく、一社会人としての自覚が全くないと思われても仕方ないでしょう。それを御することのできない師匠の高砂親方も同様です。

 25回も優勝した大横綱だから、というのは言い訳にもなりません。今度は相撲協会も「厳粛にかつ適切に」対処して欲しいものです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ